狂犬病単語

キョウケンビョウ
3.0千文字の記事
  • 9
  • 0pt
掲示板へ
医学記事

ニコニコ大百科:医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。
動物健康に関しては、専門の医師に相談してください。

狂犬病(Rabies)とは、狂犬病ウイルス(Rabies virus)によるウイルス性の人共通感染症である。

名前から病気と思う人も居るかもしれないが、ヒトを含む全ての哺乳類(キツネネズミコウモリetc…)に感染し、一度発症すると致死率ほぼ100%と言う悪極まりない感染症である。

概要

一般的には「狂犬病に感染した動物から噛まれる」ことによってウィルスに感染し、2週間~2年ほどの潜伏期間を経て発症する。ちなみに噛まれるだけでなく、傷口や・口など、膜部分をめられることでも感染しうるので注意。

繰り返しになるが、発症したら致死率ほぼ100%さらに厚生労働省定する「狂犬病清浄地域(狂犬病が発生していない地域)(リンク)exit」は、日本を除くと全世界でわずか6ヶしかない。毎年5万人ほどが死亡しているポピュラー病気である。日本においてもかつては年間100名以上死亡していた時期もあったが、1950年に制定された狂犬病予防法による底した野駆除、特性を活かし検疫を強化するなどの努の結果1956年、及び人の感染、1957年の感染を最後に内での発生は確認されていない(海外に噛まれ内で発症した事例は1970年の1件、2006年に2件ある)。

ちなみに、ヒトからヒトへの感染はないとされているが、臓器移植などで感染した例はある。

症状

症状の初期段階では「噛まれた傷は治ったのに、違和感や痒みが残る」「風邪っぽい」など。

そこから急性期に入ると、恐(を飲もうとするだけでな痛みが走るため、を怖がる)、恐(の流れも痛みに繋がるので怖がる)、奮、麻痺錯乱などが発現。

そこから2日~7日後には、神経や全身に麻痺が起こり、睡状態となり死亡する。

治療法

2016年現在、発症すると治療法は、ない。ほぼ100%死亡する。
睡状態にさせた上で抗ウイルス薬を投与する「ミルウォーキープロトコル」と呼ばれる発症してからの治療法はあるが、それでも生存者は本当に僅か。「運が最高に良ければ助かる…かも?」レベルである。

流行地域に渡航するなど、感染の可性がある場合は事前ワクチン接種をしておくのが望ましい。なお感染後、発症までにワクチンを接種すれば死亡する可性は下がるが、あくまで発症確率を下げる程度の効果しかない(やらないよりマシだけど)。

ワクチンは確実に渡航前に接種し、もし海外動物に噛まれるなどしてしまったら、速やかに治療する事をお勧めする。発症してからでは手遅れ。狂犬病ワクチンを打たずに汚染渡航することは、死亡フラグ立てるようなものかもしれない。

発生地域

前述の通り、全世界で発生している感染症である。

WHOの資料によれば、毎年5万~5万5千人程が狂犬病により命を落としている。また、その6割近くがアジアで発生していると報告されている。さらに、その感染95%による咬傷事故である。

2013年時点で、日本において「狂犬病清浄地域」とされているのはハワイ、グァム、アイスランドフィジーニュージーランドオーストラリア。以上です。日本染みが薄いのは、底した野良の駆除などが功を奏したに過ぎず、世界では如何に根絶が難しいか…という事が分かるデータである。

特に外船の入港する際港や地方港では、外船が船の守りとして乗船させていた逃げ出し、地元の保健所や地方自治体警察までもがそのを捕まえるために大捕物を繰り広げる、などといった事例が散見される。パッと見ると面かもしれないが、笑い事じゃないのです。

日本における狂犬病

いつごろから発生しはじめたのか、その歴史

日本において狂犬病がいつ頃から発生しはじめたのか、明確な記録は残っていない。

しかし、7~8世紀の海外との交流(遣隋使・遣唐使)により、この頃には狂犬病が既に伝播していた…とされており、718年に制定された養老や、984年に中国からの知識を元に編纂された日本最古の医学書「医心方」には狂犬病の症状の特徴や治療法が記載されている。この頃には、既に「狂犬病とは何ぞや?」と言う実体験を伴った知識が広まり始めたと考えられている。

また、非公式な記録では、江戸時代に記された「両古談」には1732年に長崎にて発生したと記されており、1736年には江戸で、1750年には山形で発生し、1761年には下北半島にて発生した事が確認されている。

予防と対策の時代へ

その後も散発的に流行と終息を繰り返していた狂犬病だが、1886年頃から狂犬病被害が再発生。1896年(明治29年)に発布された「疫予防法」以降、狂犬病発生に関する的な記録が残されるようになり、また狂犬の処分費用を庫負担とすること、飼いに手当を交付するなどの措置が執られる。

が、狂犬病は徐々に全規模で広がり、1923年から25年にかけて大流行する。それに先立つ1922年、ウィルス感染しやすい野良の駆除をしやすくするため「畜伝染病予防法」が制定され、また全的に「狂犬病予防週間」キャンペーンが行われて狂犬病に関する知識が民で共有された結果、1928年から発生は減した。

しかし太平洋戦争末期戦後混乱期にかけて再び大流行し、だけでなくなど、畜にまで被害が拡大した。そこで1950年、「狂犬病予防法」が制定され、飼い犬の登録とワクチン接種が義務付けられる。

その底が功を奏し、1957年を最後に、日本国内に生息する動物を起因とする狂犬病は発生していない。直近では2006年海外渡航して狂犬病ウィルス持ちのに噛まれ、帰して発症・死亡した2人の例があるものの、日本において狂犬病は「なじみの薄い病」となって久しい。

これからの日本では、狂犬病は発生しないのか?

では、もう日本では狂犬病は「過去の病なのか」と言われると、そんなことはない。

繰り返しになるが、日本において「狂犬病」と名付けられていても、この感染症「すべての哺乳類に感染するもの」である。

  • 以外のペットが飼われる機会も増え、それらへの予防ワクチン接種が進んでいない
  • 海外から輸入されるペットも増えており、輸出元の対策が充分でないケースもある
  • 長らく日本では発生していないため、一度もし発生すると医師が診断できず(2006年の輸入感染患者も最初はアルコール依存症などが疑われていた)対応が遅れ短期間に感染拡大する可性あり

などなど。狂犬病のリスクを撲滅できたわけではなく、むしろグロバル社会においては感染のチャンネルは増えている。日本において半世紀以上確認されていないとは言え、それは先人たちの底した対策と、ウィルス患してしまい処分された数多の動物たちの犠牲の上にあるものなのだ。

ペットを…特にを飼う時は、予防ウィルスの接種は必ず行いましょう。

関連動画

*ショッキング映像ですので、視聴には注意してください

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%8B%82%E7%8A%AC%E7%97%85

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

狂犬病

153 ななしのよっしん
2020/09/17(木) 21:48:54 ID: bMcf0Rb6Li
「恐症」という別名はあることにはある
154 ななしのよっしん
2020/09/17(木) 22:22:19 ID: s8tiEwzPPE
少し調べてみたら”rabies”はラテン語激怒狂気という意味で、”狂犬病”はこの直訳みたい。
学術用でもあるから変えにくいし、地に啓活動していくしかないんじゃないかな…
155 ななしのよっしん
2020/10/04(日) 21:37:35 ID: mtBOTlXkqN
>>151
エボラ出血熱も実際には嘔吐や下痢などの腸炎症状が中心で、出血する人はほとんどいないから、最近はエボウイルス病とか単にエボラ熱と病名が変わったらしい
156 ななしのよっしん
2020/12/03(木) 02:16:30 ID: T2yDso9yNN
>>151
からも媒介すると言う意味と発症者が狂犬のように暴れたり唸ったり垂らす様子からも命名が来てる気がするんよね。
狼男伝説とか意外と狂犬病感染者を見た人が考え出したのかもしれない。
157 ななしのよっしん
2020/12/03(木) 02:22:20 ID: EtsP58BE94
というか狂犬病にかかった狂犬だから(自己言及的)じゃないのかな
158 ななしのよっしん
2021/06/17(木) 17:04:29 ID: 4P2oCRyo6K
狂犬病ってテロに使われたりしないのかな?
159 ななしのよっしん
2021/06/17(木) 17:06:55 ID: OHQL9V2EDd
テロに使うには効率悪すぎるでしょ
160 ななしのよっしん
2021/06/17(木) 17:07:17 ID: nsfaPtMie3
制御が極めて難しいから使われないんじゃないかな
161 ななしのよっしん
2021/06/17(木) 17:08:36 ID: bIsrtBl0d3
炭疽菌か人工天然痘(矛盾)のが広めやすいし殺傷も高いぞ
162 ななしのよっしん
2021/09/12(日) 05:06:53 ID: J1IkelXUHV
>>158
殺傷力一りで生物兵器に必要な他の特性が備わってない。使うには下記のような欠点だらけ
①感染が弱い:コウモリか何かを吸い込んだから感染した?と疑われてる事例はあったはずだけど、基本傷口とかからヴィールスが直接体内に入らないとダメ。おまけにヴィールスが弱くて傷口を消毒したくらいで感染率が下がる。ヒトヒト感染がほとんど起こってないことからわかるように広めるのは至難の業以上。
②治療が容易:発症前にワクチンさえ打ってしまえば何とかなる。取扱いに必要な施設の設備?レベルが各種出血熱なんかよりもランク下なのはこれが一因
③潜伏期間が長すぎる:足先などから離れた場所から感染した場合、発症まで年単位の時間がかかることもある。それでいて症状の時に感染があるわけでもない。加えて潜伏期間にばらつきが大きいから暗殺にすら不向き。

ただ創作でならそういうのはある。ネタバレになるけど死霊列車ってゾンビもの小説がそれ