独占禁止法単語

ドクセンキンシホウ
2.2千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

独占禁止法とは、独占を禁止し正かつ自由な競争を守るための法律である。

概要

正式名称は「私的独占の禁止及び正取引の確保に関する法律」。法律番号昭和22年法律第54号(要するに昭和22年布された54番法律という意味)である。「独禁法」とも。

私的独占、不当な取引制限(カルテル、入札談合等)、不正な取引方法などの行為を禁止し、事業活動の基本的なルールを定めている。

ニュースで談合が発覚したなどを聞くことがあるが、そのときは本法律に違反していたことになる。

転じてゲーム内で何かを独占したりした場合等に「独占禁止法に違反している」等書かれたりする。

独占の何がいけないのか

事業者視点

自由競争をしている場合、ライバル事業者と競い合って消費者にとって魅的な商品を開発していく。その中で技術革新による性向上や機追加などが発生し、勝ち抜いた事業者は売り上げが伸び経済の活性化にも貢献できる。

しかし、独占しているとライバルが存在しないため商品開発の必要性が低くなり技術革新が行われなくなる。それにより市場は成長せず企業の売り上げも上がらなくなる。

消費者視点

自由競争をしている場合、多くの事業者が消費者に選ばれるために多岐に渡る商品を提供する。消費者はその中からより自身の要にあっている商品を選択することができる。

しかし、独占していると少ない事業者の幅の狭い商品しか提供しなくなる。消費者は自身の要にあまり合っていなくても選択せざるを得なくなる。

禁止されている行為

私的独占の禁止

私的独占には排除私的独占と支配私的独占の2種類がある。

排除型私的独占

排除私的独占は競争相手の排除や新規参入者を妨する行為で以下の4つになる。

  • 低価格販売・・・・・・・・・採算を度外視した低価格を設定する
  • 排他取引・・・・・・・・・・取引拒否で取引先を見つけにくくする
  • 抱き合わせ・・・・・・・・・セット販売する
  • 取引拒絶・差別的取り扱い・・商品の材料となる商品の市場で取引拒絶や差別する

誤解を生みかねないので補足するとセット販売したら即違反ではなく、それにより他の事業者が事業を継続できなるような事態となることが含まれている。

支配型私的独占

支配私的独占は他の事業者の自己決定等を縛ることでその事業活動を支配させる行為である。

不当な取引制限

よくニュースで聞く「カルテル」と「入札談合」のこと。

カルテルは事業者同士が連絡を取って本来自的に決めるべき商品の価格・数量等を共同で決めることである。商品価格がどれも変わらなくなるなど一般消費者に直接関係してくる可性がある。

入札談合は公共工事等の入札で入札参加者同士があらかじめ受注事業者・入札価格等を決めてしまうことである。土木建築等で聞かれることが多い。

事業者団体の規制

○○組合などの事業者団体についての以下の規制である。

  • 競争の実質的な制限
  • 事業者数の制限
  • 団体員の機または活動の不当な制限
  • 正な取引をさせる行為等

事業者団体は結束が強い場合があり、その場合はカルテルや入札談合になってしまうこともある。

企業結合規制

株式の保有や合併等で今まで独立していた事業者が結合した場合の規制である。この規制によりその事業者または他の事業者と協調することで市場を操作できるようになる場合は企業結合を禁止している。

その条件に合致する場合は公正取引委員会に届出・報告を行う必要がある。

独占的状態の規制

50%シェアを持つ事業者のいる市場等で発生する規制である。需要の低下等で価格が下がるはずの状態で下がらないという事態が発生した場合、その事業者に営業の一部譲渡を命じる等して市場の競争を回復させる。

不公正な取引方法の禁止

正な取引方法というのは以下の観点から判断される。

  • 自由な競争が制限される可性がある
  • 競争手段が不
  • 自由な競争の基盤を侵する恐れがある

その方法について全業種が対の「一般定」と特定の業種が対の「特殊定」がある。一般定には以下のようなものがある。

  • 不当廉売
  • 取引妨
  • 取引拒絶
  • 不当高価購入
  • 排他条件付取引
  • 拘束条件付取引
  • 欺瞞的顧客誘引
  • 再販売価格の拘束(著作物を除く)
  • 差別対価・差別取り扱い
  • 優越的地位の濫用
  • 競争事業者の内部干渉
  • 抱き合わせ販売・・・人気商品と不人気商品をセットにして販売するなど

罰則

公正取引委員会が監視しており、違反した場合は違反内容によって以下の罰則がある。

罰則の類 個人 法人
私的独占、不当な取引制限、
事業者団体の禁止行為違反
5年以下の懲役・500万円以下の罰 5億円以下の罰
際的協定等、事業者団体の禁止行為違反 2年以下の懲役・300万円以下の罰 300万円以下の罰
確定排除措置命違反 2年以下の懲役・300万円以下の罰 3億円以下の罰
銀行又は保険会社の議決権保有の制限違反等の罪 1年以下の懲役・200万円以下の罰 200万円以下の罰
届出等に関する規定違反 200万円以下の罰 200万円以下の罰
立入検 1年以下の懲役・300万円以下の罰 2億円以下の罰

これに追加で課徴を払う必要がある。

なお、課徴と罰両方を払う場合は罰半額が課徴から控除される。

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

独占禁止法

1 ななしのよっしん
2022/04/12(火) 07:18:53 ID: uIZzLihtGB
売売売止法