猟師単語

リョウシ

猟師は、狩猟職業とする人。

概要

害獣の駆除などを的としてイノシシ鹿などの動物を用いて捕らえ、捕らえた動物を業者に売って収入を得る人たちのこと。

猟師といっても、猟師みんなが年中狩猟を行っているわけではない。
猟期が各地域によって定められており、生態系を維持するためなどの理由から保護期間が設けられており、猟師専業で生計を立てるのが困難になってきている。

これにより、最近では農家やトリッキングガイド、中にはサラリーマンなど、仕事のない休みの日に狩猟を行い、副収入の的で猟師を兼業する人も多くなっているようだ。

猟師になるためには狩猟免許や、を使う場合は猟銃の所持許可も必要になる。
日本で猟師になるには、手間や銭面を考えても非常に大変であるが、その対価に素晴らしい経験と刺を与えてくれる職業である。

関連動画

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%8C%9F%E5%B8%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

猟師

1 ななしのよっしん
2019/04/10(水) 22:40:46 ID: 6mAMkTeSBC
>>副収入の的で猟師を兼業する人も多くなっているようだ。
収益では駆除やってもマイナスです、飼ったら猶更(;´・ω・)
東京都とか群馬とか行政出してくれる所は良いけど

急上昇ワード