献帝単語

ケンテイ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

献帝(劉協)とは、三国志に登場する人物である。

漢王朝最後の皇帝として知られている。

概要

姓は、名は協、字は伯和。生年181、没年234

霊帝次子で、少弁の異母親は王美人。妻は伏皇后、曹節(曹皇后)、 董人など。

董卓曹操から傀儡(かいらい。操り人形)の如く扱われ、曹丕譲し、後漢は滅亡した。

母親同士の争い

霊帝に寵された王美人だったが、181年に同じく霊帝の子・弁を持つ何皇后(何太后何進の異)と対立。跡争いとなり、殺されてしまう。結果的に弁が皇帝の位(少)につき、劉協は陳留王となった。

陳留王

189年、何進宦官に謀殺され、宮殿混乱弁と劉協は宦官に連れ去られてしまうが、途中で董卓に保護された。

怯えるばかりの弁とは対照的に、劉協は今回の出来事を含め正確に説明、なおかつ董卓に対して動じないばかりか、弁にひれ伏させたため董卓は彼を気に入り、皇帝に擁立させることを決心させる。聡明の片鱗を魅せたこの時が献帝の全盛期であったとさ。

同年、後漢・第14代皇帝として即位した。

傀儡として

董卓は何皇后弁を殺し、自分に反する者たちをも悉く殺。元いた陽は焼き払われ、長安に遷都させてしまう。皇帝の位こそついているものの、この時まだ10代となったばかりのには何もできなかった。

董卓呂布に殺された後は、彼の配下である李傕郭汜らに擁立された。後に董承らに引き連れられて陽へ戻るが、今度は曹操に保護されて)へ移された。

勢いに乗った曹操が勢を広げる一方、に近しかった者達は追い出されてに実権はなかった。それを憂いた董承や王子服、伏皇后などが曹操排除を画策するが失敗して殺され、は孤立を深めていった。その後、殺された董人や皇后に替わり、曹操である曹節が皇后になった。

216年、曹操王に封じた。

禅譲

2201月曹操が死去し曹丕王を継ぐ。同年10月皇帝の位を曹丕に譲り、漢王朝は滅亡した。

山陽称号を与えられ住処を山陽県に移された。格が落ちたとはいえ、皇帝のみ使える一人称「朕」の使用を認めてもらえたり、漢王朝を使う事を許されるなど王の存在そのものを消すようなことはされなかった。

234年に死去。は『孝献皇帝(献帝)』と諡した。曹叡は群臣を率いて礼を行った。偶然にも生没年が諸葛亮と一緒であった。

蜀呉のその後

曹丕による譲の後、経緯は不明だが、益州にいた劉備の元には曹丕に殺された」という一報が届いた。

情弱益州と許は遠く離れているし仕方がないのかもしれない。
蛇足だが、益州(成都)と許(許)は直線距離でおよそ920km程離れており、日本で言うならば東京-旭川ぐらい離れている。

劉備はこの報に乗っかる形で、喪を発して劉協に愍(びんてい)という諡号を贈った。また、「の命脈を継ぐ」という名から、翌221年に自ら皇帝に即位した。この王などと呼ばれている。
本当は生きてたこと知ってたんじゃね?というのは禁句。 

一方のではこの譲を一応承認し、孫権曹丕から王に封じられた。

こうして中国は本格的に三時代に突入した。

諡号

前述の通り、によって贈られた孝献皇帝(献帝)と、によって贈られた孝愍皇帝(愍)の二つがある。

『献』とは、「博聞にして多だがを究めるに至らない」
『愍』とは、「に政がなく、動乱が長く続く事」

という意味を持つ。この二つの諡に込められた意味をべてみるのも面白いかもしれない。

演義では

劉備の事は皇叔として気にかけており、曹操の暗殺に失敗した後も、彼が下を取る事を願っていた。
また一時曹操に降った関羽を偏将軍に封じ、彼を「美」と呼んだ。

その他の献帝

皇帝への諡号は異なる王で同じものが使用されることがあり、「献帝」も後漢以外でも使用されている。ただし、いずれも皇帝の祖先に対し追号されたもので、実際に皇帝の座についたのは後漢皇帝の劉協のみである。

  • - 当初は特、後にその子(から見れば甥)の雄に従い、成の建に大いに貢献。後に第4代皇帝となった息子寿によって追号。
  • 広 - 前の第5代皇帝曜の曾祖曜によって追号。
  • 拓跋 - 鮮卑族拓跋部の大人(部族長)。後に子孫が代および北を建し追号される。
  • 杬 - 明の第12代皇帝、朱厚熜(嘉靖)の。嘉靖によって追号されたが、このことは大礼の議と呼ばれる大論争に発展した。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%8C%AE%E5%B8%9D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

献帝

65 ななしのよっしん
2019/01/18(金) 12:24:03 ID: ef/FWKj8ED
献帝曹操って、互いが持ち合わせようもないもの(献帝の権威と大義名分、曹操の武と人材)を持ってるもの同士なわけで、もっとガッツリ結びつきそうな気もするんだけど、なんでこんなに面従背というか笑裏蔵みたいな関係になってるんだろう。
いや、まあ、外戚や近臣グループ曹操と抗争してただけって解釈すればスッキリするけど、献帝自身も曹操嫌ってたっていうし。
66 ななしのよっしん
2019/01/18(金) 20:59:50 ID: oGmFbU9/iB
面従背とか笑裏蔵とかそんな「表面上は仲良くうまくやっている」イメージを持つのは後世の補正
曹操の権勢の都合で皇后をぶち殺されているんだぞ?
三国志武帝紀と後漢献帝紀どっちを見ても、表立って隠すことなく全に対立してる
ただ、ボンクラで堪え性のい曹髦と違って幼いころから董卓にいいようにされてきた献帝いと皇帝でも何もできないということを知っていただけ賢かった、それだけ
67 ななしのよっしん
2019/05/20(月) 07:14:10 ID: MS2ocjtRTI
曹操の再評価が高まってる昨今だと、
献帝日本における足利義昭イメージになってきてるな
「てめ~~~危ない所助けてもらったんだから、
みてぇなプライド捨てて大人しくしてろや、甘ったれ方が!!」みたいな

生い立ちといい、親しい人々が次々非業の死を遂げていった事といい、色々と哀れな人ではあるけれど
68 ななしのよっしん
2019/05/20(月) 21:45:52 ID: Hpas+AXFGw
>>66
献帝だって何度も(直接的にではないが)曹操に反抗はしてるし、暗殺も試みてる。
それをはねのけ、かつ陰謀を芽のうちに摘み、反抗の余地と意欲をそいできた曹操の権維持手腕が凄腕なのであって、別に献帝というわけではない。
69 オックセンマン
2019/06/05(水) 23:41:05 ID: pqMYPN3ndZ
董承に曹操暗殺の示書を送ったくだりは、疑っている
その書は偽物で、董承を疑っている献帝が、曹操に董承を処刑させようと仕掛け、自ら曹操バラした、とかって
間男や妻が原因でバレたらしいが、そういったものこそ創作が効くので
他にも、劉備も実際には献帝を討つ気で曹操軍を脱した、袁紹も反董卓は反献帝のつもりで発起した、と思っている
これらの事は、もうどの位長い間思ってきたんだろうか
70 ななしのよっしん
2019/06/05(水) 23:56:04 ID: 03tW+Bondr
董承が邪魔ならクビにすればええんや 創作なんぞいらん
劉備は左将軍だの中王だの位もらって喜んでるんだからを討つ意思などない

袁紹何進-少ラインだから反董卓-献帝なのはみんな言ってるよ
71 ななしのよっしん
2020/03/20(金) 07:36:49 ID: VdEGfS7GZN
結局董卓はどうして少劉協を立てたんだ?
が暗愚で劉協が聡明だからってのを額面通り受け取るなら暗愚のほうが御しやすいだろうし
劉協を本当に気に入ったのか、それとも弁は何進の子だからという理由あたりか、はたまた深い理由はなかったのか?
72 ななしのよっしん
2020/04/04(土) 08:24:59 ID: oGmFbU9/iB
劉協を養育したのがたまたま「董太后」だったから同族とみなしたと後漢書にはあるけど、まあ物欲だろうな
死んだ少の墓暴きを皮切りに、ヒャッハー!品は略奪だー!女はレイプだー!さすが董卓様話がわかるッ!してるし
73 ななしのよっしん
2020/05/19(火) 18:20:30 ID: Hpas+AXFGw
必ずしも暗愚=操縦しやすいという訳ではないのは、例えば劉禅とか恵帝(西)を見ればわかる。

傀儡あるいは輿として都合がいいのは「自分の言うことだけは聞く」君で、「の言うことでも聞く」君なんかいつ政敵に足元をすくわれるか知れたものじゃなくて逆に危ない。

なので古今東西、君選定に介入しようとする権者は「でこいつを君にして恩を売り、またがいればこその自分ってことを理解させ、思い通りに操ろう」という方法をしばしばとる。

董卓にとっては劉協がそれにあたったのだろう。
74 ななしのよっしん
2020/09/08(火) 09:50:24 ID: MS2ocjtRTI
祖母も亡く孤独な分、後見人として恩を着せ易いってのと
何一族のの一掃という理由が大きいよね

知識が増えて振り返ると、弁ちゃん(少)が物語だとやたらガイジクソガキっぽくされてるのは気の毒だなあ
「陳留王(恊)の方が格に溢れ…」とかいう上奏文はどう見てもリップサービスだろうに

急上昇ワード改

おすすめトレンド