猿柿ひよ里単語

サルガキヒヨリ

猿柿ひよ里、とは漫画BLEACHの登場人物である。

概要

死神から虚[ホロウ]の側に足を踏み入れたの集団"仮面の軍勢[ヴァイザード]"の一員で小柄な少女
その正体はかつての護廷十三隊十二番隊副隊長
100年前に藍染惣右介実験により虚化させられソウル・ソサエティを追われる身となった為同じ遇の仲間達と共に現世に身を潜めていた。

誕生日:8月1日
身長:133cm
体重:26kg
...キャラクターブックより

つりあがったをしており、そばかすがあり、八重歯が人一倍伸びている。いつもジャージサンダルを履いていてそれほど長くないを頭の左右で結わえている。
他者に対し攻撃的で短気で文句が多く口が悪いという隣人に欲しくない面倒くささを複数兼ね備えている。関西弁で話し口癖は"ハゲ"。100年前は新しく上に就任した浦原喜助にさえ食って掛かり一方的に拒絶し続けた。

斬魄刀は馘大蛇[くびきりおろち]、解号はぶっ手切れ[ぶったぎれ]。身が太くなり大きなぎざぎざのが出来る。は不明。

虚化すると出る仮面には一本がある。

かつて浦原喜助により創設された技術開発局にも所属していたためか簡単な発明の類を手がけることもできる。

最初は黒崎一護仲間に引き入れる為に現れ、彼が内なる虚を制御する方法をめると衝突した後に仲間と共に彼を導いた。
染らが現世に進行してきてしばらく経過した後、護廷十三隊が窮地に陥ると彼らと手を組む。、日番谷冬獅郎と矢胴丸リサと三人がかりでティア・ハリベルと交戦した。その後は破面に見切りをつけてを上げた染と向かい合うが、挑発に乗って踏み込んだところを市丸ギンにより胴薙ぎにっ二つにされてしまう。死神だけあって即死はせず、有昭田鉢玄の手により延命し、決戦後に卯の花の治療で命を救われた。
この決戦後は現世に残っている。
小説"The Death Save The Strawberry"ではソウル・ソサエティ側に対する恨みつらみから護廷隊に戻ることを拒み、以降はちょくちょく原のところに顔を出していたことになっている。
最終章では終盤から護廷隊に加わって敵の本拠地に乗り込みジェラルド・ヴァルキリーと交戦する。

関連動画

猿柿ひよ里に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

猿柿ひよ里に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

猿柿ひよ里に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%8C%BF%E6%9F%BF%E3%81%B2%E3%82%88%E9%87%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

猿柿ひよ里

1 ななしのよっしん
2019/01/15(火) 07:25:18 ID: A0GvhufL6S
初※ゲット
2 ななしのよっしん
2019/04/12(金) 18:48:04 ID: yuL6+41fVH
ちょいブサイクなのがタイプだわ