玄倉川水難事故単語

クロクラガワスイナンジコ
3.0千文字の記事
  • 14
  • 0pt
掲示板へ

玄倉川水難事故(くろくらがわ-)とは、1999年8月13日から翌14日にかけて、神奈川県山北町玄倉で起こった事故である。

概要

による増の恐ろしさを日本中に知らしめた事故
気象庁の用正や避難指示の体制整備など、様々な行政革のきっかけともなった。

この後ほどなくしてインターネットは常時接続の時代に入り、大掲示板2ちゃんねるなどにおいて、彼らを揶揄するDQNの川流れという言葉が定着してしまった側面も持つ。

あまりにもをなめすぎたキャンプ計画(にすらなっていない行き当たりばったり)、警告の度重なる無視、関係者に対する暴言など、被害者たちのに余る行動立った。少なくともはじめの退避勧告に従っていれば一人の死者も出さずにすんだものを、子ども4人を含む13名の死者を出す大惨事にしてしまったこともあり、彼らへの同情は現在に至るまで皆無に近い。

しかし、この事故自業自得だからといって、「自分はここまでバカなことはやらないか大丈夫なはずだ」という別の油断をしてしまっては意味がない。彼らより小さな油断でも流される危険は常にある。

事故にかかわらず、さまざまな事故や避難情報に関する最新の情報を集め、必要とあらば直ちに避難する、もしくは安全な場所にとどまる判断ができるようにすることが大事である。

経緯

玄倉は、神奈川県山北町の丹沢(三保ダム)の更に地にある渓流。首都圏からも近い自然の宝庫・丹沢山地の中を流れている。しかし他の渓流の例に漏れず、多くの沢からのが集まる場所であり、ひとたび大が降ればその流れは暴化する。(三保ダムはそうした洪水調整の役割も兼ねる多ダムである)

ここに1999年8月13日神奈川スクラップ処理会社「富士繁」のトラックドライバーとその家族人ら25人が、キャンプをするため玄倉の中州(もちろん現場はキャンプ場ではない)にテントったことから惨事は始まる。

度重なる警告の無視

当時、熱帯低気圧関東へと接近中であり、翌日までには洪水が発生する恐れがあった。が、当人たちがそれを知っていたのかは定かではない。

13日午後には大洪水警報が発され、地元のダム職員や警察官は川辺から退避するように何度も警告したが、一行はそれを全く相手にしなかった。他にも同地でキャンプをしていた人々は全員退避に従い、一行のうち4人は元々日帰りだったため帰宅、3人は退避に従ったが、最終的に18人だけが大の降る中洲テントに残り続けた。

孤立

8月14日になってもは勢いを止めず、位は増し、退避していた3人は消防の助けを呼ぶ事に。

午前8時半ごろまでにはようやくテントの一行も起床し、周辺の様子が一変している事に気付いた。時既に遅し、中州は全に没、大人の膝以上の高さにまで位は上がっていた。テントもあっさりと流されてしまう。

消防警察報道などが駆けつけた現場にいたのは、濁流のどん中に固まって身動きの取れない18人(うち子供6人)の姿だった。救助を試みるも悪と増に阻まれ苦戦を強いられる(悪谷間という状況の為ヘリも出せない)。そうした隊員たちに対して一行は「く助けろ!」と罵を浴びせたとされる。

終幕

午前11時半ごろ(増は続いてこの頃にはもう胸までに浸かっている状態だった)、遂に流に耐えきれず、18人は全員一斉に濁流へと投げ出されていった。その衝撃的なテレビカメラにしっかりと記録され、全へと中継された。

5人(うち子供2人)は運よくへと辿り着いて生還した。

残る13人はそのまま下流に流された。流が強すぎる上、すぐ先に小があったため生存絶望的とみられた。実際、翌15日までに12人の遺体を発見。残る1人も8月29日に発見され、全員死亡が確認された。

事故の要因

テントを張った場所が川の中州

中州にテントってはいけない、というのはキャンプ初心者導書にも必ず書いてある、基本中の基本である。はどこでも増の危険があるが、その中でも最悪の立地である。

再三の警告無視

事故要因。

退避した人々は全員助かっている。チャンスは一度や二度ではなかったにも拘わらず、それら全てをの泡にした結果、自分たちがの泡となってしまった。

本事故が注目される要因

再三の警告無視

繰り返しになるが、事故の最大要因であるとともに、これこそが本事故に同情の余地が見られないとされる最大の要因でもある。多くの被害者を出したとはいえ、本事故自業自得という見方が大勢であった。救出費用が費ということもあり、当時流行していた自己責任論もあって冷ややかなで見られることになった。

警告の有にかかわらず、大が降っていて流の勢いが増しているにもかかわらず頑なに待避していない、という時点で、まともな判断を喪失していたと言わざるをえない。

救助者・関係者への暴言(真偽不明のものも含む)

偽が全に確認されたわけではない話も混ざっているので注意は必要だが、特に話題になる。

退避を促す地元職員に対する冷淡な態度から、救助活動中にはくしろと騒ぐ自己中心的な行動は、この事件をる上でも非難の的に挙がりやすい。

他にも挙げるとキリがないのだが(荒れる原因にもなるので)ここでは略す。

映像が残っている

濁流の中に取り残された姿、そして尽きて流される姿がカメラ記録されて報道されており、ニコニコ動画などの動画サイト現在でもにしやすい。

最終的に多数の死者を出すことになったため、ニュースではのちに自粛されることになったが、録画していた視聴者がいたために映像に残っているものである。

大惨事と分かるである。教訓として心に刻もう。自業自得とはいえ嘲笑していいものではない。

本事故の影響

予報の表現改訂

それまでは「弱い台風」「弱い熱帯低気圧」とか「台風」といった表現が用いられていたのだが、それでも台風台風であって普通の低気圧よりも強なのに誤解を招きかねないという摘もあり、この事故が契機になって表現がめられた。

強さは「台風」「強い台風」「非常に強い~」「猛な~」の4種類に、大きさは「台風」「大台風」「の~」の3種類に。この表現は2016年現在でも適用され続けている。

また、熱帯低気圧に「弱い」という表現は使われなくなった。
「弱くない」熱帯低気圧(tropical depression)とは(日本では)台風のことである。つまり「弱い」とはいえミニ台風ぐらいの威はあり、引き続き注意を要する。現在は単に「熱帯低気圧」と表現される。

避難指示の体制・文言の整備

事故に限ったことではなく、度重なる自然災害のたびに避難「勧告」を無視して被災する市民が続出したため、21世紀になってから、避難指示のやり方や文言がたびたび訂されている。

これは2021年現在継続中で、最新のガイドラインでは、避難勧告」という用された。

2021年5月20日災害対策基本法では、「高齢者等避難」→「避難指示と、いずれも「任意ではなく必ず避難」という意図が伝わりやすいようになっている。詳しくは避難指示の記事参照。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 14
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%8E%84%E5%80%89%E5%B7%9D%E6%B0%B4%E9%9B%A3%E4%BA%8B%E6%95%85
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

玄倉川水難事故

44 ななしのよっしん
2022/08/12(金) 08:26:56 ID: QocDjxkXGc
メンツ々とあるが、DQN特有の仲間意識も避難の受け入れ拒否に拍を掛けてそう
日帰りDQNはともかく、退避に従った3人のDQNはもし他の18人(子供除くと12人?)がピンシャンしてたら次から村八かパシリかだろ?こいつは俺らじゃなくて赤の他人に従って逃げた臆病者だーってなりそうだし(学校のいじめ問題的思考)
もが負ける側になりたくなくてチキンレース開始した結果事死傷者13人の歴史的大事故になってしまった
45 ななしのよっしん
2022/08/12(金) 10:10:55 ID: fUOuM2D0LW
ヒトに限らず生物って元々持っている遺伝子、ひいてはDNAを発現する事(⇒遺伝子通りに体を作る事)しかできないので「でかいで強い言葉を使って非を認めない」というお前らも持っているということ、その中でもヤンキーやチンピラは特にそれを強く発現しているということ、そしてそのような遺伝子は何やかんや生殖可年齢まで生存する上で不利ではない(有利ないし中立)ということでもある
46 ななしのよっしん
2022/08/12(金) 10:14:16 ID: xvvcUpb2+5
ちょうど台風明日来るが
まさか川辺辺に遊びに行くやつはいないよな?
47 ななしのよっしん
2022/08/12(金) 10:14:58 ID: mdbUXaIaK1
DQN身近にいる方、らがこっちに絡んでくるのは「こいつはチョロい」「こいつといると楽できる」と思われているので、
怖いし面倒くさいしだろうけど「失礼な言動には怒る」とか「本社や労基に相談する」とか「即刻警察通報する」とか「こいつと関わると面倒くさいんだ」という思わせるのが良かったです。冷静にね。奮して対応すると付け込まれるので冷静にですね。
48 ななしのよっしん
2022/08/12(金) 10:14:59 ID: RAYpjrQlX+
小難しいことはいいよ
こういう輩共はほんと氏ねばいい
49 ななしのよっしん
2022/08/12(金) 11:08:40 ID: 4caJK849TH
上で言われてる、でかいアホの原始的だが有効なことは否定できない動物生存戦略に対抗するにはこういう愚行をり継いで未来永劫小馬鹿にするしかないんだな…
50 ななしのよっしん
2022/08/12(金) 12:45:55 ID: r+9jl4TGRB
>>46
この事故時に山梨県キャンプ場横通ったが土砂降りの中テントだらけで呆れたよ今も変わらんと思う
51 ななしのよっしん
2022/08/12(金) 15:33:09 ID: xvb2dJuTQ+
のそばじゃないキャンプ場なら別にええんでないかな…
52 ななしのよっしん
2022/08/26(金) 15:04:22 ID: KaX6o20EC4
膝下までが迫ってたのにその場を離れなかった、って本当なんですかね…
例え警報に関する知識がなかったとしても、そこまでが来てるなら本的にヤバいと感じそうなものだけど

そもそも、勢いがある流れが膝下まで来てると立つのも歩くのも困難になるし、映像で写ってたパラソルや荷物を置いておくこともできないはず
あそこまで待避しなかったのは何かしらの事情があったんじゃないか(催者の男に圧をかけられていたとか)
全な憶測で根拠全くないですが
53 ななしのよっしん
2022/09/03(土) 04:28:08 ID: 5fryV9VZhS
多分、度胸試しとかチキンレースとかそんな感覚だぞ。あの手の連中は内輪の評価が全てだし。
頭が悪いってのはな、知識が々、想像々とかそんな話じゃないんだ。いや、関係あると言えばあるのだが、(な原因はそれらの不足によって)「全てを自分に都合の良いように考える」「それに合わせて現実の認識そのものをねじ曲げる」って話なんだ。
都市生活ならその認識でも精々ブタにぶち込まれる程度で済むが、自然相手には当然通用しなかったってだけの話よ。