玄酔楼単語

ゲンスイロウ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

玄酔楼とは、第六回64スマブラCPUトナメにて突如現れたルイージ()である。

概要

巨大天使マックスとの入れ替えで64スマブラCPUトナメに参加することになった玄酔楼、名前はめちゃくちゃ強そうだとか、酔拳の使い手だという第一印を貰った彼だが、今までCPUトナメに参加したことがなく、の多いルイージだった…

一戦目

初めての戦いでいきなり皆の人気者、ヨシオ族最強プリンである殺意のヨシオと当たってしまう。

者でもある殺意のヨシオは、初参戦である玄酔楼の実を計るためか、歌うといったスキを見せつつも良いところでしっかりと決める堅実な闘いをした。

対して玄酔楼は例え相手がであろうと本気で挑まんとし、様々なコンボを交えて自分からガンガン攻めていくスタイルで闘った。

最終的に殺意のヨシオの攻撃で中に浮かび、チャンスを逃さんと近づいてきた殺意のヨシオに対して密着した間を一発灼熱のレイア思い出しそうなファイアラストに決め、勝利予想アンケート85%もあった殺意のヨシオに対し、皆の予想を大きく裏切る形で勝利した。

また、この時実況担当のP(ピー)の発言「上B決めた玄酔楼」からUBKGという単が生まれた。

二戦目

今度は第一回から参加している最古参の1人、第一回CPUトナメ準優勝経験の∫アルティライトねこと当たる。

豪運ねこと言われたアルティライトねこに対して玄酔楼は、ねこの素い動きに翻弄されつつも、出てきたボム兵を積極的に当てたり、反撃で地%を稼いだりといった戦いをする。

そこに、コウラの横にあったハンマーを持って甲羅に当たって落下して自滅したり、ヒップドロップをしようとしたらバンパーに当たったりといったねこ不運が重なり、最後はねこをすり抜け床の下に落とした後、復帰しようとしてきた彼に対して、今度は振り向きながら床をすり抜け、中でファイアを当てて∫アルティライトねこを下した。

この時もやはりアンケートでは∫アルティライトねこ73%と大きく上回っており、2連続当たった実者に対して、2連続で予想を大きく上回る活躍をし、2連続でラストファイアで決めるといった大きな功績を残し、一部のファンの間では「実は玄酔楼はレイア師匠だったのではないか」といった噂が出始めた。

三戦目

ファンも多い実者2人を倒した玄酔楼だが、不運なことにまたも強な実者と闘うことになる。

相手はアルティライトねこと同じく第一回から参加者である、ξBlack Joker

ξBlack Jokerは名前の良さもさることながら、見たの可さに反して強なラッシュをかけ、相手を倒していく実者だが、い動きで翻弄してくるBlack Jokerに対し、ファイアボールを置いて邪魔したり、ねことの対戦時同様アイテムを駆使し、ハンマーにも助けられた有利な闘いをしていた。

そして持っていたハンマーが消えた間、発生した竜巻が玄酔楼の奇跡を呼び起こした。

ネタバレが気になる方は先に以下の動画を見ることをお勧めします






















(ここからネタバレ)

ハンマー%のたまったBlack Jokerは、直後発生した竜巻に吸い込まれていくのだが、それを見た玄酔楼は何を思ったか、立っていた土台から竜巻の上までジャンプし、巻き上げられたBlack Jokerにそのままファイアをぶち当てるという神業を披露した。

あまりにも神業過ぎたためか、実況担当のP(ピー)も約7間、ウェエエエエエエエエエエエエアアアアアと奇を発していた。

その後のBlack Jokerも1ストックになってから回復を含め物凄いラッシュで対抗し、3ストックもあった玄酔楼を1ストックまで追い詰めるのだが、最後は玄酔楼が上強でBlack Jokerバーストし、勝利した。

この時のアンケートは前2戦の大健闘が功を奏したのか、玄酔楼が42%ξBlack Joker58%と、較的僅差に持ち込んだ皆の期待に応える形で最高の魅せプレイをしてくれたと言えるだろう。

四戦目

遂に来た玄酔楼の四戦の相手は、またしてもCPUトナメ第一回から参加しているアルザーク。

今大会のアルザークはホームランを決めたりチャージショットを決めたり、較的調子のよい状態で勝ち上がってきた。

序盤はアルザークの猛攻に押されたり投げたバンパーに上から当たってソンソンしたりと苦しい展開が続いたが、後に落ちてきたハンマーアルザークのソンソンにより逆転に成功する。

お互い今回の試合が始まるまでLOSERS側の戦いが続き、多少の鈍りがあったのかミスを重ねあう展開になったが、玄酔楼の当て勘は全く鈍っておらず、最後は弱い攻撃を当てられた反撃で繰り出した、お染みのファイアで試合を決めた。

アンケート結果は玄酔楼が69%アルザークが31人気うなぎ上りになっており、彼の強さがいかなるものか、皆の期待にも応えるよう自らの手で明して見せた。

五戦目

快進撃が続く玄酔楼の流れを止めんと現れた五戦の対戦相手はこれまた第一回からの参加者爆走戦士エルバ

個人戦では冠ながらも、もが見てきたその強さは折り紙付きで、実況P(ピー)冠の帝王と称されるエルバン。過去の戦績は17勝4敗で勝率81%と、玄酔楼を除いて勝率第3位という恐ろしい強さで今大会も勝ち上がってきた。

ところでネスと言えば、第三回CPUトナメで爆走戦士エルバンと綺麗なゲイが圧倒的な強さでブロック戦を1位で通過する事が印に残っている人もいるのではないだろうか。しかし、エルバンはただの強いネスではない。下スマッシュリーチの有効活用、上強やPKファイアーを利用して中に浮いたところを狙う中上A(通称: 頭)、そしてCPUが避けるのを苦手としているPKサンダー体当たりを当てていくコントロールを持ち合わせている。対戦相手に勝つときは大体無双している印を持つ、まさにCPU最強ネスだ。

そして決戦の地に選ばれたのは染みプププランド…これはもう事実上の決勝戦といっても過言ではないのではないだろうか。

そんな彼らの対決はというと、序盤は玄酔楼の猛攻から始まりエルバンはパーセンテージを離されまいと追うように始まった。玄酔楼がエルバンを場外へ出すとエルバンがPKサンダー体当たりを仕掛けてそれを避けるといった動きを見せながらもエルバンも負けじと猛攻していく。そして両者のパーセンテージが近づいたときに落ちていたホームランバットを投げて玄酔楼がバースト、次に玄酔楼を追い込もうとエルバンが果敢に攻めていく時に使った緊急回避のスキを狙って下スマでエルバンがバーストと、両者一歩も譲らない闘いを見せた。

ストックが並ぶとエルバンが再び攻撃を始め、追い打ちにジャンプした間を玄酔楼が灼熱昇、そして崖際に落ちていたを持つと、そこに中から攻撃を仕掛けようとしたエルバンはそのまま場外へ行く事故を起こしてしまう。するとそこから玄酔楼の猛攻が始まった。

スターロッドエルバンのスマッシュに打ち勝ったり、エルバンのビームソードを裏で相殺したり、台の上にいる玄酔楼を狙ってジャンプしたところを下スマッシュで場外へ飛ばしたり、エルバンの動きを先読みしてファイアボールを当てたり、ルイージ染みのドリルからの下Bを活用したりと、エルバン並みのいやエルバン以上のラッシュを見せた。

最後は一気にパーセンテージを貯めてエルバンを場外へ飛ばした後、ピッピドガースエルバン側へ飛んだ事を利用し、復帰しようとしたエルバンのPKサンダーを自らの手で消すという形で玄酔楼が勝利した。

圧巻の動きを見せ、P(ピー)にもがかった強さと言わせるその強さ、是非とも動画で確認してもらいたい。

因みにアンケートの結果は玄酔楼が60%爆走戦士エルバンが40%と、動画内におけるネス勢の強過ぎるという点から、若干ネス不人気を含んでいても尚人気だったエルバンを上回る結果を残しており、視聴者の期待の高さがうかがえる。 

参考資料: 「勝率一覧P(ピー)64スマブラCPUトナメ実況@wiki』より<https://wiki3.jp/cpu_64/page/147>(2018年4月4日閲覧)

六戦目

闘いはいよいよWINNERS側決勝戦、相手は決勝の相手に文句なしの15人天才

アンケート結果は15人天才45%で玄酔楼は55%

初参戦ながらここまで勝ち上がってきた玄酔楼に大きく期待が集まる中、試合は始まった。

序盤は玄酔楼の猛攻でリフレクターガードからのファイアや、生当てファイア、そしてお手玉に割り込むファイアと魅せながら絶好調な様子で試合をリードしていたが…

相手は流石の15人天才、お互いが2ストックになってからの猛反撃で逆転されてしまう。

台の上に乗っていた時に中上Aを狙ってきたエルバンと違い、天才にとって台に着地させない戦いはお手の物、中戦となると流石に分が悪かったかあれよあれよとパーセンテージを稼がれ、ハンマーを落とすといった天才不運がありながらも遂に撃沈してしまった。

しかし、その戦いはまさにニコニコ名勝負。玄酔楼と15人天才によるアツな攻防は是非とも1度はにして頂きたい。

七戦目

再びやってきた爆走戦士エルバンとの対決。

アンケート結果は爆走戦士エルバンが35%で玄酔楼が65%で、前回の戦いの結果や玄酔楼がいかに活躍してきたかという視聴者の思いをそのまま反映したかのような結果だった。

ステージピーチ城ネスからしてみれば非常に相性の悪いステージで、前回の戦いと相性が裏返っていると言えるだろう。

試合は玄酔楼がログインボーナスとも言われ始めたファイアを決めたりと相変わらずの猛攻でエルバンを追い詰めると、すかさず繰り出した下Bで三角コーナーの底にぶつけて1ストックを奪っていく玄酔楼リードの展開で始まった。

するとエルバンが反撃を始め、中にいる玄酔楼に対しボム兵を上に投げてくるなど対抗してきたが、ファイアボールで足を止め逆に当てるといった頭プレイを見せていく。そこから着地狩り上スマ、着地狩り下スマと決めて場外に出すと、エルバンは復帰しようと試みるがの前にあるのは三角コーナーの背部、PKサンダー体当たりを三角コーナーに当てて事故って行った。

エルバンがようやく玄酔楼から1ストックを奪うと、左下動く床にあったカプセルを取りに行くが、台は丁度収納し終わりそうなタイミングだったため落下し、復帰を試みるもまた事故ってしまう。

これに対し玄酔楼は攻撃の手を止めることなく、コンボも決めてパーセンテージを稼いでいくが、エルバンが投げたコウラで彼自身場外に出され、またもやの前に現れた三角コーナーの背にPKサンダーを消されて事故していくと、LOSERS側決勝戦、またエルバンのリベンジ戦ということで名勝負を期待した視聴者からしてみれば少し不完全燃焼な部分の残る試合だった。

八戦目(第六回64スマブラCPUトナメ グランドファイナル)

がここまで来ると予想したか?唐突にやってきた謎の男玄酔楼は遂にグランドファイナルへと進出!

相手は宿敵15人天才、玄酔楼がWINNERS側決勝戦にて一敗退を喫したCPU最強の男!!

玄酔楼にとってはリベンジマッチにもなる今回のグランドファイナルだが、アンケートの結果はやはり15人天才59%で玄酔楼が41%と、15人天才が如何に強いかを教えてくれる。

ステージコンゴジャングルハイラル城プププランドピーチ城の順でループ

ルールは2本先取した時点で1勝とし、WINNERS側は1勝で、LOSERS側は2勝で優勝という玄酔楼にとっては最少でも4回勝たないといけないという厳しい状況でのルールだった…

↓まずは動画時間25分の戦を自分ので確かめてほしい。

初戦から調子の良い玄酔楼はお得意のファイアを封じられながらも、猛攻に続く猛攻で1戦を取っていく。

2戦も変わらない動きで動きに衰えを見せることなく攻撃していったのだが、ついに出たグランドファイナル最初のファイアファイアフォックス中のスキを突いた反撃ファイア、1戦とは違ってストック1-1まで追い詰められながらも爆発でお互い吹っ飛び、ギリギリのギリで辛勝。

これでお互いに2本先取すれば優勝という状況にまで持ち込んだ。

3戦コウラを跳ね返されたりといった不運もありながらも15人天才の自滅もあり、それに加え反撃確定のファイアをしっかりと見逃さないテクニックも披露し、最後は場外に出た天才佐川してぶち当て、2ストック差で勝利。この試合でのファイアは2回。

4戦は3戦は遊ぶとつぶやいていたP(ピー)の通り、動きが非常に良くなった15人天才2ストクリードを取られながら、フォックスお得意の中上Aをなんとか相殺したり、中NAでゴリ押したりと、反撃をしていったが、コウラをリフレクターで跳ね返されたりして負けてしまう。

5戦、何があっても最後の試合ステージの床下から復帰できるという特性を活かした動きのしい戦いになった。15人天才は先程から続く良い動きを相変わらず見せ、玄酔楼も負けじと…いは4戦休憩だったのか、疲れを見せない動きを見せる。1ストック先取されると、玄酔楼も2回の生当てファイアで応戦し、序盤のリードをひっくり返した。しかしコンゴジャングルは床下に何もないため崖捕まりによる復帰が難しいステージ、玄酔楼はソンソンしてしまう。途中15人天才から降ってきているカプセルブラスターを当てるといったAimを見せつつ、戦いはストック1-1という接戦まで持ち込まれる。少しパーセンテージの溜まっていた天才に対し、最後は2回のドリルでしっかり稼いで上スマッシュ天才バースト、玄酔楼が初出場で7勝1敗(試合数的には10勝2敗)で優勝という結果になった。

八戦の5試合で出たファイアの回数は5回、全試合ファイアこそなくなってしまったが、相変わらずの発動率の高さを誇る彼のファイアは、紛れもない必殺技と言えるだろう。

おめでとう玄酔楼!!伝説お前のものだ!!これからはお前伝説だ!

そしてこれからも面い戦いを見せてくれよな!!その拳で実者をなぎ倒していく強さを…これからも見せてくれ!!

ありがとう玄酔楼!おめでとう玄酔楼!!

※この記事は編集者による玄酔楼贔屓100%でお送りいたします。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%8E%84%E9%85%94%E6%A5%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

玄酔楼

31 ななしのよっしん
2018/04/11(水) 17:04:06 ID: /PlVrT3geO
強すぎる・・・
32 ななしのよっしん
2018/05/12(土) 14:16:47 ID: MmtiAik1bz
今まで記事編集してきたけどか続きを頼む…
時間がなくて編集できねぇ…
小さな時間に動画見て応援はしてるから!
かこれからを頼む!!
33 ななしのよっしん
2018/07/09(月) 09:40:58 ID: qfS4vLcZt9
ご迷惑おかけして申し訳ありません
編集前に戻しておきました。
34 ななしのよっしん
2018/07/17(火) 00:46:13 ID: sl60PbzppQ
勝ってはいるが第八回かなりギリギリの戦いだな
35 ななしのよっしん
2018/08/03(金) 08:10:17 ID: 1RVBVIFWXq
それでも勝っているあたりはさすが玄酔楼って感じ
そもそもスケベ心ってレベル8勢の仲ではかなり強いほうだと思う。
のこりのヤミツルギと片割れに勝てるかどうか...勝ってほしいなぁ
エロマス地味に嫌がらせしてきそうで怖い。
36 ななしのよっしん
2018/08/04(土) 21:25:17 ID: OstxkUBrkZ
なんだかんだ言われつつも勝ちは譲らないな
衰えの兆でなければいいんだが
37 ななしのよっしん
2018/09/11(火) 01:01:41 ID: 7Gawc0jB3v
善く戦う者は怒らず。
老子の教えに基づいたような戦いをしているのが玄酔楼
38 ななしのよっしん
2019/10/18(金) 20:29:20 ID: pHtR9ksdka
全盛期ほどの敗っぷり・最強感はくなったけど
それでも素晴らしい動きで高ランクの戦績を残してるのは老師としてのキャラが立ってておいしいと思う
引き続き応援してるぞ!
39 ななしのよっしん
2020/02/15(土) 15:49:14 ID: gVRFN5QHmg
第六回の天才フォックス戦何回も見返すわ。まじであれほどハイレベルな試合も中々拝めないわ・・・。天才が遊ぶのをやめて本気でかかったのシーンが印的すぎる
40 ななしのよっしん
2020/02/24(月) 16:11:53 ID: W4qGMJn3cr
スマブラカラーリングCPUAIが異なるって噂があるけど、原作通りのファイアカラーで昇を使いこなすところを見るとあながち間違ってないと思う

急上昇ワード

2020/08/14(金)03時更新

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

アルトリア・キャスター 火炎猫 異性 主は絶対イグニ生