琉球王国単語

リュウキュウオウコク
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。
琉球独立沖縄独立に関する議論は【琉球独立】の記事で行うことを推奨します。
掲示板情報の一元化にご協をお願い申し上げます。

琉球王国とは、沖縄にあった王である。当時の中国語での名称は琉球琉球発音:るーちゅーくく)。内では「うちなー」や「中山」などと呼ばれた。首都は初期は添にあったが後に首里に移った。

概要

琉球王国とは、1879年まで沖縄にあった王のことである。詳細な成立時期は分かっていないが概ね12世紀頃と考えられている。より狭義の「琉球王国」としては、尚志(在位:1407~1439)が琉球三山(北山中山、南山)を再統一した1429年以降の尚氏時代だけをす用法がある。

琉球王国の君内では御(うしゅー、うすー)と呼ばれた。14世紀後半から15世紀初頭に明王朝より中山王に封じられてからは対外的な王号として琉球中山王を用いた。但し、これはあくまで冊封体制による封号であって、別に琉球中国の一部だったというわけではない。

最盛期には大明日本東南アジアを結んで中継貿易を行い、奄美沖縄、先を支配した。当時人の地で存在も知られていなかった大東諸は支配していない。

1609年には日本島津氏の侵攻を受け支配下に入る。しかし、対外的には独立としての地位を維持する(というより、島津氏の狙いが琉球を通しての明との貿易で有り対外的に独立でないと明とは貿易が出来ない)。1872年の琉球設置で全に日本の支配下に入り、1879年の沖縄県の設置で滅亡した。先は清との帰属問題があったが、日清戦争日本勝利した事によりそれもなくなった。

時代区分

舜天王統時代(1187~1260)

後世の歴史書にのみ名前が出てくる時代。1187年に舜天添で大に即位したのが始まりとされているが、まだまだ伝説的な要素が強い時代である。

英祖王統時代(1260~1330頃)

同時代資料から実在が確認できる最古の王統。舜天王統以前に約1万8千年も琉球を支配していたとされる伝説上の王統である孫氏の末裔を名乗る。

舜天の孫・義本の摂政を務めていた英祖が1260年に義本より譲を受けたことにより始まったとされる。でも譲って大体は簒奪だよね。

この時代に南から僧・鑑が来訪して仏教が伝来したという。1272年と1276年にはフビライ・ハーンからの使者が訪れており、後には二度にわたりモンゴル帝国の襲来を受けた。最初の古襲来では130人が捕虜として連れさられたが、1291年の襲来では古軍を撃退したという。二度の古襲来についてはモンゴル側と琉球側の双方の史料に登場するものの「琉球というは当時は台湾すこともあった。古襲来の記録は古軍の台湾襲撃を誤伝したものだろう」という摘がある。

三山時代(1330頃~1429)

英祖の曽孫・玉城の代に王の権は失墜し、琉球の北部と南部独立的勢が発生、琉球は三つの勢に分裂した。100年に及ぶ戦国時代の幕開けである。

分裂した勢は北から順に山北中山、山南と呼ばれた。中山中国語における中国地理的中心)のような言葉である。ちなみに、山北と山南については当時の表記としては「山」の字が前にある「山北」「山南」だが、現代では中山に合わせて「山」の文字を後ろに「北山」「南山」と呼ぶことが多い。

各勢は各自に明に貢して王号を授かるなどして各々が正当性をした。後に対外的な王号として用いられることになる琉球中山王も、この時代に明王朝から授けられた王号である。

第一尚氏時代(1429~1469)

南山の出身で首里に拠点を置いた中山王・尚志(在位:1407~1439)が、1416年に北山を、1429年に南山を降して琉球を再統一した。前述の通り狭義の「琉球王国」は、この1429年以降の尚氏時代だけをす。とはいえ、尚志は再統一以前から中山王であり、再統一以降も中山王のままであったので、これはあくまで便宜上の歴史区分である。

第一尚氏時代の琉球王国は、明に貢し、東アジア東南アジアとの貿易を活性化させたが、中央集権化を達成できず、内乱続きの時代だった。

第二尚氏時代(1469~1879)

重臣達に人気かった(とされる)中山王・尚徳の死後、そのまま尚徳の世子に王を継がせようとする勢に反発した重臣達によって、王への取次役として一置かれていた金丸中山王に迎えられた。即位した金丸は尚円王(尚王)を名乗った。体制としては既存の体制がそのまま引き継がれたが、王の血統を重視する歴史視点から、尚円王以降の尚氏時代を第二尚氏時代とする。

第二尚氏時代の琉球王国は、1500年に石垣、1522年に与那国島を制圧し、1571年には奄美を支配下に置いた。

尚寧王の時代、1609年に、島津氏の侵攻を受け(琉球征伐」の記事を参照[1])、これ以後、明と薩摩への両属体制となる。この際、奄美島津氏に割譲された。中国側の王が清になってもこの状態は維持される。

1853年に米国船が来航し、1854年に修好条約が結ばれ、那覇が開港された。

日本明治維新をして、周辺との界を明確にしていく過程で、琉球もそれに巻き込まれ、1872年から1879年の琉球処分で、全に日本の統治下に入った。清は先を琉球王国として復活させようともくろんでいたため、清との間に先の帰属問題は残ったが、日清戦争で清が敗北したことで日本の領有権が確定した。

言語

琉球語が話された。しかし、ごとの独立性が強く、標準と呼べる首里方言が話されたのは支配者の氏族階級に限られた。結果、現代まで続く琉球方言の多様性が維持された。

関連項目

脚注

  1. *現状は編集者妄想を垂れ流した記事につき参照する意味なし。(編集者の方へ)善されたら取消線の撤去をお願いします。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%90%89%E7%90%83%E7%8E%8B%E5%9B%BD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

琉球王国

25 ななしのよっしん
2018/10/01(月) 21:30:11 ID: Y/k+WYj49F
本気で独立する気なら第二次世界大戦のどさくさでやってた気がする
アメリカに泣いて訴えたら多分フィリピンくらいの立場にはなれた

まあ実際の沖縄人はおのためにかなりの犠牲者出しつつも戦争に耐えたし戦後米国支配をよしとせず本土復帰を願ってたし天皇陛下が訪れるたびに大歓迎でお迎えしてたのだが
なぜかいまだに沖縄独立志向を信じてるバカがいる

琉球の民の誇りつっても京都人の誇りとか薩摩隼人の誇りと大差ないと思うのだが

沖縄独立したがってると言うより本土が沖縄を疑い続けてるという方がしっくりくる
まあ琉球の支配の経緯から戦時中のあれこれまで負いは山ほどあるけどさ
それで相手が独立したがってると信じるのは自身の負いを相手に転してるだけじゃね
26 ななしのよっしん
2018/10/01(月) 21:41:00 ID: s1AK4UjqdY
その負いも直に感じなくなるさ
玉城沖縄を手土産中国沖縄州知事になるからな
27 ななしのよっしん
2018/10/01(月) 21:47:47 ID: IE7XP73SmM
そうなって一番困るのは本土の人間なんですがね
対立煽る連中ホント
28 ななしのよっしん
2018/10/01(月) 21:52:10 ID: 43ypRSv5Qu
>そうなって一番困るのは本土の人間なんですがね
中国様は今の沖縄の自前財30以下なんてふざけた状況は許してくれないと思うよ
ましてや、今みたいに反対運動してたらのうちに全員行方不明になってもおかしくないね
で、そうなって本当に一番困るのはどこの人間なんですかね?
29 ななしのよっしん
2018/10/01(月) 21:54:32 ID: Y/k+WYj49F
困るのは沖縄人もだしというか中国だけが喜ぶのだが
それを半笑いで口にする中国の手先かなんかか
30 ななしのよっしん
2018/10/01(月) 22:12:31 ID: 9Jl2QUtzHk
>>25
いや「疑い」なんていう視点で見てないけどねw
沖縄独立しようがしまいが知ったこっちゃないしもっと言えば日本がどうなろうとどうでもいい
キナ臭くなったらツテで海外に逃げるから
ただ>>22の言い分からはそう読めたしそう考えたら独立に対するアンケート当選結果の解離に説明がつくと思っただけよ
31 削除しました
削除しました ID: rfICOz/8xf
削除しました
32 削除しました
削除しました ID: kCpcHE3srk
削除しました
33 ななしのよっしん
2018/10/02(火) 19:25:22 ID: tWPKIFf5jq
琉球沖縄独立の話題の続きは「琉球独立」の記事掲示板で。
34 ななしのよっしん
2019/02/12(火) 22:49:55 ID: JEEEZAGj90
外交は得意というイメージがある