琴平参宮電鉄単語

コトヒラサングウデンテツ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ
曖昧さ回避 【注意】高松琴平電鉄とは異なります。

琴平参宮電鉄は、かつて香川県に存在した鉄道事業者。通称『琴参』。
では、この企業のその後についても記述する。

概要

1911年讃岐電気として設立。丸亀市善通寺市の間で軌を設置する申請を行った。
当時の登記上の本社は大阪府大阪市東区(現:大阪府大阪市中央区)だった。現在京阪淀屋橋駅北浜駅等がある場所周辺。
建設工事を受け持ったのが大阪府堺市にある電気工事業者「才賀電機商会」であるが、1912年に手形の不渡りを起こしてしまい経営破綻してしまう。
その後、3度も建設権が様々な業者に渡っては建設されずじまいで開通が大幅に遅れてしまう。結局、鉄道開業は1922年と、当初の計画から10年も遅れてしまうはめになった。

その後、1922年~1928年の6年間にかけて、多度~善通寺門前~琴平駅、善通寺門前坂出駅の全線約26kmに渡るネットワーク完成した。

その頃、1928年に琴急行が設立され、1930年に坂出駅~琴平駅間を結ぶ路線が完成
急行国鉄予讃本線・琴平参宮電鉄が丸方面へ回しているのに対し、琴急行坂出~琴間をほぼ直線的に結んでいた。
これにより、琴平駅香川県北部を結ぶ鉄道路線は国鉄高松琴平電鉄・琴平参宮電鉄・琴急行の4社が入り乱れるという、地方にしては前代未聞の過当競争時代、が生き残るのかのチキンレースが始まってしまった。

そのチキンレースからまず最初に脱落したのが琴急行1944年太平洋戦争化により不要不急線に定されてしまい、レールが全線撤去。休止状態になった。その後琴急行1948年琴平参宮電鉄に吸収合併されてしまい、1954年に正式に琴急行線は止された。

1963年にとうとう琴平参宮電鉄も鉄道事業から撤退。全線止となった。
ライバルであった高松琴平電鉄に負けてしまったのだ。(なお高松琴平電鉄もその後民事再生法適用となる等旗色は悪くなるが。)
その後、琴平参宮電鉄はバス専業事業者となった。バス事業自体は戦前から既に行われていた。

バス事業者となった後も経営状態はあまり良くなかった。
かつては近畿日本鉄道1964年から資本参加しており、琴平参宮電鉄の筆頭・持分法適用の企業であったが、
2006年近畿日本鉄道が琴平参宮電鉄のを全て手放し、近鉄グループから離脱させたことが致命傷となった。

バス事業のうち、高松空港まんのう町・琴平駅を結ぶ特急バスは「有限会社バス」に2005年に分離させた。
相鉄バスとの共同運行で「トリトン号」を運行していた。横浜駅高松駅坂出駅・丸バスセンターを結んでいた。
2007年相鉄バスが撤退、その後は四国高速バスが共同運行事業者となり、「さぬきエクスプレス横浜号」となったが、2009年に路線止となり、琴平参宮電鉄は高速バス事業から撤退。
いよいよ末期状態になっていた。

その後2008年に地元のライバルバス事業者である大川自動車(大川バス)が事業を譲り受け、その受け皿企業として、大川自動車100パーセント出資する子会社『琴参バス』が設立された。

そして2009年総会で企業解散することが決定。特別清算が開始された。負債額は約49億円だった。
2013年、特別清算が終了し、名実ともに企業消滅となった。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%90%B4%E5%B9%B3%E5%8F%82%E5%AE%AE%E9%9B%BB%E9%89%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

琴平参宮電鉄

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 琴平参宮電鉄についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!