生きる単語

イキル
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

生きるとは、

  1. 人間含む動物生存している状態。
  2. 経験が活用できていること。
  3. そこを生活の本拠地として過ごすこと。
  4. 1954年日本映画。本項で記述する。
  5. 谷川俊太郎
  6. 三郎小説。第127直木賞受賞作。
  7. いきものがかりの曲。
  8. ザ・クロマニヨンズの曲。
  9. クレイジーケンバンドの曲。

概要

日本世界に誇る巨匠黒澤明による1954年10月9日開の白黒映画

自分が死の淵に立たされていることを知った役所職員の生き様を通して生きる意味を問うヒューマンドラマ

評隣から高い評価を勝ち取っており様々な媒体の映画ランキングに食い込んでいる。特に主人公降る公園で『ゴンドラの唄』を口ずさむシーンは名場面と名高い。

2020年10月には黒澤明生誕110年を記念してミュージカルとして上演される。

あらすじ

役所で市民課長を務める渡辺勘治は30欠勤のだけが取り柄の男。
ある日、体に違和感を覚え病院で調べてもらうと自分はがんが進行しておりもう永くないことを悟る。
妻亡きあと男手一つで育ててきた息子との思い出走馬灯のように頭を駆け巡るも肝心の息子からは下にされる。
自暴自棄に陥った渡辺断欠勤し思うまま遊びほうけるも気分は虚しいだけ。
そんな折、役所をやめて玩具会社に就職しようとしている若い職員が訪ねてきて――

登場人物

渡辺勘治(演:志村喬)
30年間仕事を休んだことがいなど形式上はだがての情熱はなくに日々を送っている中年男性。自分が余命いくばくもないことをしり茫然自失となる。とよがひっそり付けていたあだ名は「ミイラ」。

小田切とよ(演:小田切みき)
役所をやめようとしている生き生きとした女性。役所の人間に独特なネーミングセンスニックネームを付けている。

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

生きる

1 ななしのよっしん
2020/05/31(日) 07:35:01 ID: hcng+Af9vr
作成乙
>経験が活用できていること。
これ活きるが正しいと思ってたけど、調べたらむしろ活きるが常用外なんだな。
2 ななしのよっしん
2020/06/20(土) 22:39:38 ID: 9HEZncfqO2
生きてるってなんだろ?生きてるってなあに?

急上昇ワード

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

ムネアカハラビロカマキリ カッコウの許嫁 ワンタイムイベント