田中角栄単語

タナカカクエイ
  • 20
  • 0pt
掲示板へ

田中角栄(たなか かくえい, 1918年~1993年)とは、日本政治家であり、第64代・65内閣総理大臣である。衆議院議員田中真紀子

概要

新潟県旧二田村(現・柏崎)の貧しい農家に生まれた。小学生時代の通信簿は全て「甲」(当時は「甲>>丁」の順に成績が良かった。現在の「オール5」に相当する)だったが計の都合で、大学はおろか高校も進めず、苦労の人だった。とにかく勉強第一とし、英和辞典を片っ端から暗記した。覚えたページは食べていたという伝説もある。また、政治家になって忙しくなってからも、1日4時間の政治学、経済学などの勉強は欠かさなかった。

中央工学校(専門学校)卒。高等教育を受けずに、首相まで上り詰めたことから「今太」と呼ばれた(小卒の首相と揶揄されることもあるが厳密には正しくない)。更に「コンピュータ付きブルドーザー」と形容される知識量・実行や、巧みな官僚操縦術を見せつけるなど、党人政治家と官僚政治家の長所を併せ持っていた。

思想

ハト」の急先鋒で、とにかく「人を雇ってください。仕事を作って下さい。」と述べていた(結果、バラマキが生じ、政治を生み出す羽に)。対極にあるのは森喜朗小泉純一郎福田康夫といった「タカ(ここでは、「仕事がないなら、いなりに自分でなんとかすれば」という考え)」である。

記憶も抜群で、気前も良くとにかく敵味方を問わずをばらまく事で味方を増やしていった(それが後の政治につながった)。官僚の出身地、誕生日、提案した法律などを一晩で全て覚え、実行したほどの行動もあった。議員立法を提出した数は角栄がナンバーワン。(今の議員は官僚を使っているというか、頼りっぱなしの状態。行動さすぎ) 

地方分権を唱え、「都会より田舎に税を振りまけるべきだ」と。その時に使ったのが「羊羹資本主義」の理論である。その内容とは…

子供が十人いるからかんを均等に切る、ってのは共産主義自由義は別だよ。かんをチョンチョンと切ってね、一番年少のにね、一番でっかいかんをやる。そこが違う。 分配のやり方が違うんだ。大きなには、『少し慢してくれ』といえるけどね。 生まれて3、4才のはおさまらんよ、そうでしょう。それが自由経済だ」

そのような背景で角栄は「日本列島改造論」を唱え、日本中がゼネコン・土建屋だらけになった。ただ、高度経済成長期の当時の状況では、ゼネコンがいくらあっても足りないくらいだった。問題なのは、不況の今も利権政治を引きずろうとする政治家たちである。例として…

昭和32年に「暫定税率」を作ったのも角栄。やはりこれも時代の流れというもので、 「暫定税率ができた昭和30年代、地方道路状況はすこぶる悪かった」ため、「暫定」という名でやむを得ず、地方道路を整備するために作った税論、時期が来れば止するはずだったが・・・現在子たちがそのままにしている。

中国日本の手ぬぐいを1人1個売れば、(当時の人口で)8億本売れる。」との言葉の通り、台湾との断交に踏み切ったほど親中国に傾斜していた。そのため、今でも中国では角栄との麻紀子は「最初に井戸を掘った人は忘れない」と大人気である。

角栄は「時代によって必要な政策は変わる。このまま私のやり方を引きずっていくと未来日本むだろう。(死ぬ間際に)嫌な予感しかしない」と言い、結局、予想は的中してしまった。

日本列島改造論

角栄が生まれ育った新潟県、ひいては日本海側は地帯で、住民たちは毎年のに泣かされた。太平洋側との経済格差は広がり、更には「日本(差別です。あまり使わないで下さい)」と呼ばれ馬鹿にされていた。そのような状況を身をもって感じてきた角栄は、道路新幹線空港の建設で都会と地方の行き来をよくし、土の均衡ある発展をした。それが「日本列島改造論」である。

首相在任中

日中交正常化、大中事件、第一次石油危機などの政治課題を次々と乗り切った。しかし、脈問題への批判によって首相を辞職。さらにアメリカ航空機会社のロッキード社による全日空への航空機売込みに絡む収賄事件である「ロッキード事件」で逮捕された(後述)。

道路・港湾・空港などの整備を行う各々の特別会計法や日本列島改造論によるグリーンピアなど、戦後日本社会基盤整備に良くも悪くも大きな影を残した。

また、それまで「合」との憲法解釈であった集団的自衛権を「違」とする政府見解を出し、安倍内閣の閣議決定まで歴代の内閣に引き継がれた。

ロッキード事件とマスコミ・検察

1976年7月航空大手の全日空旅客機導入選定に絡み、田中角栄前首相(当時)は、1976年7月27日に約5億円の受託収賄と外為替・外貿易管理法違反の疑いで逮捕された。

1983年東京地裁は田中に懲役4年、追徴5億円の判決を命じたが田中はこれを不として告訴。この判決で国会gdgdになり、後に「田中判決解散」と呼ばれる衆院解散の引き金となった。

田中逮捕後も自民党を離党しつつ、地元の支援を受けながら所属で活動を続けた。

当時のマスコミは角栄の記事を書けば書くほど、売り上げが伸びる為、こぞって角栄を非難する記事を書き続けた。角栄は自分の評判を非常に気にする性格であった為、新聞・テレビ論、週刊誌等にもを通し、それらの記事を見る度に心を痛め、記者を呼びつけ批判記事を書くなと要する事は日常茶飯事だった。

また、当時の検察の捜でも「額の受け渡し場所」「米国務長官の発言内容」などで不自然な点があり、実は陰謀論ではなかったか、とする「角栄無罪論」が今でもられており、相は闇の中である。詳しくはWikipediaへ。

余談であるが、今日政治家の言い訳として定番の「記憶にございません」の言葉はロッキード事件に関する人喚問で一躍有名になったフレーズである(角栄が言ったわけではない)。
国会人喚問や裁判における言では発言前に偽りがいことを誓うため、これに反することはできないが「記憶にない」とすればともともとれない表現であり宣誓には反しないといういわば「抜け」となるため以後こぞって使われるようになった。

交友関係

政治家としては、大平正芳竹下登河野洋平と仲が良かったほか、子として橋本龍太郎小沢一郎渡部恒三などがいる。

一方の福田赳夫とその閥議員とはの仲だった。角栄が「 高等教育を受けていない庶民」だったのに対し、夫は「一高(当時の最優秀高校)卒、東京大(東京大学)卒、大蔵省官僚のエリート 」と、全く別のを歩んできたからである。

田中首相のときの国会の採決では、福田の議員が欠席するなどの逸話もあり、この二人の抗争は当時、「戦争」とも呼ばれた。

ただ、これは「するほど仲が良い」状態で、福田自民党議員やその親族が入院・死去したとき、角栄はっ先に束を届けさせた。一方の夫も、角栄を「さっぱりした人柄で大変優れた人」と評し、末は大物になるであろうことを見越して「昭和吉郎」と呼んでいたことを、晩年に回想している(日経新聞の『私の履歴書』より)。

中曽根康弘とは最初、あまり仲が良くなかったが、ある時、中曽根中国訪問を希望していることを角栄は聞きつけ、すぐさま中国側に中曽根の紹介状を送った。中曽根は大喜びして田中を慕うようになり、中曽根内閣が発足した時には「田中曽根内閣」とまで呼ばれるほど親密になっていた。

創価学会池田大作会長(当時)を「ありゃ法華経を唱えるヒトラー」と評した一方、創価学会を支持体とする公明党に対しては「言論出版妨事件」で公明党側に配慮したことから友好関係が生まれた。田中経世会平成研究会)にも公明党やその支持体の創価学会と親密な関係を持つ議員が少なくなく、田中の死後、自民党公明党と連立を組もうとした際には、田中が寵愛していた小沢一郎率いる自由党が自の接着剤的役割を果たした。

ちなみに、田中角栄の国会議員田中真紀子福田赳夫息子国会議員福田康夫2007年に康夫が首相に就任したとき、「第二次戦争」再来か、と囁かれた。…が、この2人はお互いに厭味を言うばかりで、父親と違ってどうやら仲が良いわけではさそうだ。

現在像が上越新幹線上越線浦佐駅の前に建てられている。

晩年

1984年田中子/同僚だった竹下登小沢一郎羽田孜金丸信、梶山静六らが、自民党内で「世代交代」の名の下、「創政会」という名の勉強会を立ち上げ、田中の議員の参加を募った。

だが、実態は「勉強会」ではなく「(角栄を追い出すための会)」だった。これに気付いた角栄は、会に入らないよう、結成日まで必死に訴えたが、最終的には40人が参加。

一連の動きで角栄が最も嘆いたのは、小沢・梶山・羽田などの、がった子たちに裏切られたことであった。

的に疲弊した角栄はヤケにはまり、1985年脳梗塞を発症。翌年、創政会は解散したが、角栄はその後も後遺症を引きずり、1993年に死去した。

エピソード

  • ソ連を訪問した際、秘書から「盗聴に気をつけて下さい」と言われた。すると角栄は自室で「トイレットペーパーが悪い、タオルが汚い」などと大で叫んだ。すると翌日には上等なものに変わっていたという発想の勝利
  • 官僚や旧社会党議員など、敵対する人物であっても悪口は絶対に言わず、まずは褒め称えた。その上で批判すべきところはきっちり批判した。最初から「ヶ関は大馬鹿」と切り捨てたどこぞの首相とは大違い。
  • 秘書や守衛、の運転手などの下の者であってもいつも労いのをかけていた。
  • 自分宛の年賀状には全てを通した。多いときには8000通ほど来ており、そのほとんどが面識のい支持者や田中アンチの冷やかしによるものであった。
  • 大蔵大臣時代、官僚のミスで誤った予算表を使って審議に出てしまう事件が発生。これを作成した役人、上である田中の首が確実に飛ぶことが予想された。この役人はな顔で辞表を提出しようとすると、田中は笑いながら「気にするな!そんなことで辞表は出さなくていい」と定表を持ち、「先日提出の表には間違いがございます」と何食わぬ顔で訂正した。カンリョウガー」と口走る仙官房長官には見習ってほしいものだ
  • 相手が日本人であれ、外国人であれ、できることは「できる」と言い、できないことは「できない」とはっきり言った。「~と言う意味ではない」など、曖昧な言い方を嫌った。
  • 日中回復交渉をめぐって、部屋に入った時、室内には首相の好物のあんパンが用意されていた。朝食味噌汁には、身内しか知らない新潟味噌が使ってあった。これにより角栄は中国側への大幅譲歩を決意したと言う。

語録

  • 文頭に「まぁ、その~。」と前置きしてから始める。
  • 政治は数で成り立ち、数はで成り立ち、で成り立つ。
  • 標は、年寄りも孫も一緒に、楽しく暮らせる世の中を作ること。(ちなみに、小泉純一郎は「格差があっても悪いことではない」と発言)
  • (日中交回復時に)例えば、中国日本の手ぬぐいを1人1個売れば、(当時の人口で)8億本売れる。
  • 土の均衡ある発展をす。これからは、都会から地方に出稼ぎに行く時代が来る。
  • 来る者は拒まず、去る者は追わず(ちなみに、田中真紀子は「家族・使用人以外の他人はみんな敵」と言った)
  • 憲法下でも核武装は可。ただ、今(1970年代に)そんなことやっている場合じゃない(当時の日本オイルショックで不況にあった)。
  • よっしゃよっしゃよっしゃあ(ロッキード事件が明るみに出た際に発した言葉。どんな意味なのかは本人しか知らない)
  • お前みたいな東京育ちに、のような裏日本出身者の気持ちがわかるか!(当時の藤井裕久秘書官に発した言葉)

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 20
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%A7%92%E6%A0%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

田中角栄

255 ななしのよっしん
2020/03/04(水) 01:04:18 ID: 3zABthhcsI
>>252
狽は知らんが対応は間違ってそう
復興増税とか言いそう
256 ななしのよっしん
2020/04/06(月) 22:05:12 ID: hWLHDeSXlJ
>>252
の逐次投入の愚を犯さず、野生の嗅覚で勝負所を見極め、乾坤一擲、一気呵成の財政出動に出る。

家族義、助け合いを説きつつ、高齢者には「ようかん余命義」、すわなち、爺さんばあさんに対し、
「私もそうだけどねぇ、皆さん、辛いこともあった、でも楽しいこともいっぱいあったでしょうが!十分、生きたでしょうが!
だからねぇ、明日未来を担う、前途ある若者のために快く席を譲る、それが大人の、年長者の務めだと思うのであります。不肖角栄、たとえコロナに感染しても、人口呼吸器に頼りません!若者に使ってもらう。その覚悟で戦場に立つ所存であります!」

とか大言壮し、実際にコロナ感染するも、気合と覚悟と根性で自回復し、指揮官先頭・率先垂範で精的に
揮をとり続け、角栄twitter#角栄寝ろタグで溢れ、の一体感&やる気を生み出しそう。

政策的には、「医療インフラ底充実による医療格差解消」&「先進医療研究への大胆な予算配分」を2本柱とする「医療列改造計画」による
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
257 ななしのよっしん
2020/04/16(木) 22:00:58 ID: iDpa9fOjVu
給付するしないで揉めるなんてあり得ないな。引っかき回した挙句、10万円に減額するくらいなら
30万円さっさと配った方が有意義なことくらいはわかるだろう

審議だけでそれくらい吹っ飛ばしてたんじゃないか?
258 ななしのよっしん
2020/04/17(金) 13:26:15 ID: iDpa9fOjVu
ちなみに現在電子マネーで揉めてる
老人票が大事なんだろ?現でよかろうに
259 ななしのよっしん
2020/05/01(金) 11:02:03 ID: 03NJB690q9
>>250
日本共事業の予算は平成10年をピークにずっと下がっている、当時よりGDPはずっと大きくなってるのに
的外れもいいとこだし、信者が作ったヨイショ記事で偏ってるなんてもんじゃない
あんたの言う通り政治家が地元に受ける約掲げるのは当たり前のこと
メディア政治の癒着、社会保障の極端な高齢者への偏重、こいつが残した負の遺産は山ほどある
260 ななしのよっしん
2020/05/01(金) 11:07:27 ID: 03NJB690q9
>>256
>財の逐次投入の愚を犯さず

の逐次投入って何?何故それが愚なの?
の逐次投入のこと?それが元々どういう意味でどういうシチュエーションについて言われてるものなのか分かってる?
今の状況にそれがどう当てはまるのか数式で説明出来る?

やっぱこういうアホが持ち上げてんだな
何となくの雰囲気だけで全てを判断して思い込みと妄想で熱狂する、大衆の愚かさは今も昔も変わらんのだろう
261 ななしのよっしん
2020/05/10(日) 21:44:45 ID: LR4AWZT7R6
田中首相の「共事業で雇用を創出する大きな政府」路線は正しかったぞ。
日本社会主義」とも言われていた日本福祉国家モデルをぶっ壊したのは
中曽根小泉安倍
同じ自民党でも田中首相とはスッポンやな。
262 ななしのよっしん
2020/05/18(月) 16:21:41 ID: Emp1c0L8ix
一言に共事業と言っても明確な的がなければ、雇用も需要も発揮しない予算の無駄遣いになる。
このスレでも何度か書かれたが、90年代にも不況・デフレ対策として共事業やりまくったが「とにかく昔ながらの共事業をすればいい」というものだったので、結局ハコモノや駄な道路を作るぐらいの事しかできず、一部の土建屋(とそれに関連する族議員)をけさせたぐらいで予算を食いつぶし、批判の的となった。
大きな政府と言っても「何を」「いつまで」やるのかを明確にしないと、田中角栄の後押しによって生まれた「日本道路公団」のように、当初は必要とされたが、その役が終わっても利権天下り・談合・汚職のために長らく存続し、赤字垂れ流しで自浄作用もないクソ団となってしまう。
263 ななしのよっしん
2020/05/22(金) 10:27:27 ID: U+xmDRzZDr
安倍嫌いの連中から妙に持ち上げられている人。
264 ななしのよっしん
2020/05/27(水) 11:06:57 ID: cyKfcHStyq
数打ちゃ当たるみたいな人だね。
色んな事を沢山すれば当たる事もあっていいだろうが外れる事もそりゃあるに決まってる。