田之上慶三郎単語

タノウエケイサブロウ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

田之上慶三郎(たのうえ けいさぶろう1971年9月17日-)とは、鹿児島県出身の元プロ野球選手投手)である。現在福岡ソフトバンクホークス三軍投手コーチを務める。よく間違われるが、名前読み「けいぶろう」ではなく「けいぶろう」である。

概要

宿商業高校から1989年ドラフト外で福岡ダイエーホークスに入団。平和ダイエー時代は長らく二軍生活が続き、福岡ドームに移っても二軍生活のままであった。


そんな彼に転機が訪れたのは1996年9月26日。初めて一軍に昇格し、一軍のマウンドに立った。翌年は先発ローテーションに顔を連ねるような選手になり、1997年5月5日、ついに一軍で初勝利を挙げた。実にプロ入団から8年経って、ようやく掴んだで合った。その当時、フジテレビ福井謙二アナウンサーは「石の上にも三年、田之上にも八年」という名言を残した。この年は32試合に登板し、14試合で先発したが、4勝9敗、防御率5.09と好成績は残せなかった。


140km/hそこそこのストレートながら、緩急のあるカーブを巧みに使って投球していた田之上は、1999年2000年ダイエー2連覇に貢献。


2001年に遂に覚醒し、キャリアハイとなる29試合に登板、13勝7敗防御率3.77と、二桁勝利を挙げ最高勝率投手賞を獲得。


2002年に開幕投手として抜されたが、2003年ダイエー日本一の際は若手の台頭で登板機会が減した。


その後、若手の台頭とケガ等により、2004年は一年間二軍生活を余儀なくされた。チームが『福岡ソフトバンクホークス』に代わった後も田之上は投げ続けていた。しかし、2007年戦力外通告を受け現役引退

引退後

二軍コンディショニングコーチ補佐、2009年から一軍投手コーチ(ブルペン担当)を務め、中継ぎの『SBM48』を築き上げ2010年優勝に貢献した。2011年からは配置転換で二軍投手コーチを務めたが、2012年オフに退団となった。

2013年からは北海道日本ハムファイターズ二軍投手コーチに就任。

2015年からは福岡ソフトバンクホークスに復帰。

通算投手成績

通算:11年 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホールド 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
NPB 153 9 2 39 42 0 0 .481 657.0 189 366 338 307 4.21 1.35

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%94%B0%E4%B9%8B%E4%B8%8A%E6%85%B6%E4%B8%89%E9%83%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

田之上慶三郎

1 ななしのよっしん
2011/10/22(土) 12:53:42 ID: HpyR7uKoe/
玉乗りして怒られたのってこの人だったよね
2 ななしのよっしん
2013/08/15(木) 22:31:08 ID: DzWoMYXYML
若菜の命だったとはいえ、タフィ・ローズを敬遠したという意味では悪い印しかない