田沼意次単語

タヌマオキツグ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

田沼意次とは、江戸時代後期の政治家である。

概要

田沼は紀州足軽系であったが、田沼意行が当時部屋住みであった徳川吉宗の側近となったことにより、彼が8代将軍に就任したことで旗本となっていた。その長男として生まれたのが意次である。

彼もまた、吉宗息子で9代将軍であった重に仕えて出世、続く10代将治のもとでも更に出世をとげ、老中に就任。
農民からの年貢以外にも、商業など様々な方面から税収を集める重商義施策(仲間、俵物の輸出、通貨制度の統一など)をとり、幕府の増収と経済発展に貢献した(田沼時代)。また北海道夷地)の地勢的な重要性を認識し、その開拓も進めようとした。

しかし商業の発展は社会化を呼び贈収賄が横行するようになり、また天明飢饉への対処が満足に出来なかったこともあり、次第に世の中で反田沼潮が強まっていく。そして治の死去とともに幕閣を追い出され、更には厳封処罰を受け、失意の中で死去。

幕内では意次失脚後、権を握った松平定信導の寛政の革により、田沼時代は大きく否定された。
かしこ革も順調に行ったとは言いがたく、田沼時代の施政に戻されるものも存在した。そして寛政の革が上手くいかなかったこと、また11代将斉の散財癖から、以後幕府のの衰えが進むこととなる。

田沼意次から老中が松平定信白河)に変わったことで、庶民からは社会の清浄化が進むという期待から

「田や沼や 濁れる御世を めて 清く澄ませ 白河

という歌が詠まれた。しかし寛政の革が進むと、

白河の あまり清きに 住みかねて 濁れるもとの 田沼しき」
白河の 清き流れに 魚住まず 濁れる田沼 今はしき」

と、社会の停滞と窮屈さに不満を漏らす歌が読まれている。

上述した通り商業重視の政策をとったため、商人に多くの利権を与えることとなり、また社会権化が進んだ。
そのため、彼の政策に反感を抱いた武士や庶民からは見返りに多々の贈賄を受けた賄賂政治家という説を多く流され、のちに権を握った定信もその悪評を政治活動の上で利用したことから(実際には定信も意次に賄賂を送っていた)、以後近代に至るまで悪徳政治家の印が定着した。時代劇等でも悪の総本山のような扱いを受けるのがしばしばであった。
現実には意次は権で政治を行うことはく、私を肥やすこともかったと言われる。

しかし戦後経済に通じた先見ある政治家として、徳川綱吉の時代に元鋳を行った荻原重秀らとともに再評価が始まっている。

意次ゆかり下町、旧相良静岡県牧之原では彼に因んだ土産として「ワイロ最中」が販売されている。これは意次に付いた汚名をそそぐのはなかなか難しいことから、逆の発想で悪名を利用してインパクトを得るとともに、購入者に実際の彼の姿を知ってもらおうと言う企画から生まれたものと言われている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%94%B0%E6%B2%BC%E6%84%8F%E6%AC%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

田沼意次

30 ななしのよっしん
2020/01/08(水) 21:50:24 ID: 6p/7RXExtK
まず名前からして優秀よりも悪徳さが滲みでている人物はそうそういない田沼からイケメンや鋭さが全く出てこない
31 ななしのよっしん
2020/02/18(火) 21:42:49 ID: 22umyL3TQk
うむ、先入観に振り回されるのは史学的には良くないぞ。さて、2022年までの大河には落選であった
だが長らく戦国幕末中世近代以降で江戸時代の大河化はなく、機は熟しつつある
史学界の研究も急進展し牧之原も熱心に誘致運動を行っている訳で
渋沢翁も義時殿応援しつつも、はこっそり田沼大河こそ経済史のだと応援し続けるぜ
32 ななしのよっしん
2020/03/20(金) 00:03:28 ID: cxCEBRk7hZ
田沼意次人生を考えると浅間山の噴火とコロナウイルスが凄くダブって見える
33 ななしのよっしん
2020/03/20(金) 00:32:24 ID: DJpLcwZqLJ
藤田まこと版のドラマ客商売の田沼はかっこよかったな
幹二朗が演者ってのもあったがあの格なら大河も問題ない
34 ななしのよっしん
2020/06/08(月) 14:02:09 ID: 4tZiWKWsl7
>>30
ちょっと感覚はわかる
35 ななしのよっしん
2020/07/06(月) 13:51:54 ID: 3ydb/bCHgr
>>32
自分もよそで天明の打ちこわしの記事をたまたま読んでるうちにここに来てしまった。
どこか田沼意次の絶頂と転落が今の首相内閣ダブる。

結局、お金、取引、商売を突き詰めると、貨幣の登場は利便性が上がった代わりに、抽性も上がった。
つまり物々交換の商取引より、気持ちや心、感情を一緒にのせ辛くなった、感じられにくくなった。
そこが貨幣取引や貨幣重視、数字重視経済が、どれだけ普及してお世話になっても軽蔑される原因じゃないかと思う。
取引の数字の上下や数学数式にも、人の感情や情緒、心が宿っている。それがわかる。という人はそれほど多くないと思う。

この品物は二千円で「よい」とした、よいと自分で納得した、了承した、心の表れとして、二千円の表示になった。
というような、数の生まれる以前にまず心がある、ということを知らないのが失敗の原因ではないのかな。
36 ななしのよっしん
2020/09/30(水) 03:04:33 ID: iokYWckh+5
少なくとも、本人自体はには清廉だったとは言われてるな。心付けなんかは当時の社会常識だし、今でいうなら紹介料や(多忙な中で時間をつくって会ってもらった)手間賃のような感覚だし。
まあ、相良田沼は意次一代で急拡大しすぎたから人材や使用人の教育が間に合ってなかったというのはあるかもだが。
37 ななしのよっしん
2020/09/30(水) 11:37:31 ID: OMjHeG6acw
田沼が清廉だったとかはネットデマ

そのソース歴史学者の大石だが、田沼の悪評は作られたもので、田沼の贈収賄の記録はないなどとしているが、同時に大石はだからと言って意次が清廉潔政治家だったとは断定できないし、当時の政治の常としての賄賂や、特に現代で言うお歳暮程度の贈収賄はよくあったとも述べている。

要するに、田沼の悪評は誇とは言っているが賄賂を受けたらなかったとまでは言っていない。ネットはそこを拡大解釈している。

なお、心付けやお歳暮などは定信の時代でも賄賂扱いはされない。寛政4年の触書では”近年、年中恒例の進物の数を減らしたり、質を落としたり、なかには贈らない者もいる”と非難している。さらに、側衆や表向き役人への進物は、大名と役人の私的な贈答ではなく、将軍の政務を担う役人への的な性格のものだからきちんと贈るようにとも命じている。

田沼が賄賂と非難されたのはそういうのでない賄賂
38 ななしのよっしん
2020/09/30(水) 11:40:47 ID: OMjHeG6acw
なお、大石の後に他の歴史学者が出した本は、普通田沼が賄賂を貰った記録とされるものが書かれているので、田沼の贈収賄の記録はないという話はあくまで大石個人の説で、田沼に対する共通認識というわけではない。そうしている学者もいるという程度の話。
39 ななしのよっしん
2020/09/30(水) 11:53:19 ID: OMjHeG6acw
そもそも、ここも他のネット田沼は過大評価されすぎて、歴史学者のでもない事実根の暴走した説明がネットに溢れすぎ……

といっても、ガチ歴史本とか読む気もないだろうから、とりあえず較的信頼できる内容の読みやすい、やる夫スレでも紹介しとくわ


田沼時代の政策-①  https://yaruok.blog.fc2.com/blog-entry-10027.htmlexit

田沼時代の政策-②  https://yaruok.blog.fc2.com/blog-entry-10090.htmlexit

田沼時代の政策-③  https://yaruok.blog.fc2.com/blog-entry-10098.htmlexit

急上昇ワード改