由布岳単語

ユフダケ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

由布岳(ゆふだけ)とは、大分県位置する標高1,583mの活火山である。

概要

ピークがふたつある双峰と呼ばれる特徴のある形をした山で、豊後富士の別名を持つ。 その美しく荘厳な姿は古くから山岳信仰の対となり、万葉集には「木綿山」として謡われている。 由布院地からはどこからでもその姿が見え、大分自動車道の由布岳PAや、JR久大本線を走る特急ゆふいんの森」などからも由布岳の美しい姿を望むことが可

由布岳はルートにもよるが山頂までおよそ2~3時間という登りやすい山でもある。 独立峰であることから山頂からの展望は素らしく、別府湾や由布院地、九重連峰から祖・傾山地まで見渡すことができる。 たのミヤマキリシマ、氷も名物として知られている。

一応活火山ではあるが、有史以来記録に残る活動はない(約2200年前には山体崩壊を泊まなう大規模な噴火をしていたらしい)。しかし、周囲には由布院温泉や湯温泉があることから、やはり由布岳は活火山だなと思わせる。

2005年度下半期のNHK連続テレビ小説ハルカ」は由布院温泉舞台であり、オープニング映像には由布岳の姿が登場していた。なお視聴率のことは言ってはいけない。

関連動画

   

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%94%B1%E5%B8%83%E5%B2%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

由布岳

1 ななしのよっしん
2018/09/19(水) 08:50:45 ID: YXgUk0iH85
九州ブロック大分に偏り過ぎるという理由で深田久弥が泣く泣く削った
日本百名山101の山
だったら長野の山も少しは他の県の山に振り分けてやれと思わなくもない

急上昇ワード