甲鉄城のカバネリ単語

コウテツジョウノカバネリ

甲鉄城のカバネリとは、WIT STUDIO製作オリジナルアニメである。
英字版タイトルは「KABANERI OF THE IRON FORTRESS

概要

フジテレビ系列局の”ノイタミナにて2016年4月から放送されたTVアニメTV放送に先駆け、全3話を「序章」と題して2016年3月16日から1週間限定で劇場開した。

舞台は蒸気技術が発達した極東の「日ノ本」で、突如現れた不死の怪物「カバネ」との戦いを描くスチームパンクアクション

最近のテレビアニメではややしいことに、放映当時のネット配信は「Amazonプライム・ビデオ」の1サイトのみの独占配信となっていた。

監督は『進撃の巨人』『ギルティクラウン』などの「荒木哲郎」、シリーズ構成・脚本は『コードギアス 反逆のルルーシュ』などに関わった「大河内一楼」が担当した。他にも、キャラクター原案に『超時空要塞マクロス』『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』などの「美樹本晴彦」、音楽に『機動戦士ガンダムUC』『進撃の巨人』などの「澤野弘之」などスタッフが名を連ねた。

メディアミックスとして、吉田史朗によるコミカライズ版がコミックガーデン2016年6月号より連載。またアニメ本編前日譚を描いた『小説 甲鉄城のカバネリ 』、アニメ本編内容のノベライズ小説 甲鉄城のカバネリ』上下巻、本編の間に挟まる外伝エピソード小説 甲鉄城のカバネリ 追憶の』などの小説作品もマッグガーデンノベルズから発売された。

また、放映終了後にTV版をめた『甲鉄城のカバネリ 総集編』が前後編の劇場上映作品として、前編が2016年12月31日から、後編が2017年1月7日からの2週間限定で開。1週来場者プレゼントとして本編の後日談を描いたドラマCD『話劇 甲鉄城のカバネリ 時雨の夢』が数量限定で配布された。

2019年5月10日には新作『甲鉄城のカバネリ 決戦』が劇場開された。

ストーリー

世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとした頃、突如として不死の化物が現れた。鋼の被膜に覆われた心臓を撃ち抜かれない限り滅びず、それに噛まれた者も一度死んだ後にり人を襲うという。後にカバネと呼ばれる事になるそれらは爆発的に増殖し、全世界を覆い尽くしていった。

極東のである日ノ本(ひのもと)の人々は、カバネの脅威に対抗すべく各地に「」と呼ばれる砦を築き、その中に閉じ籠もることでなんとか生き延びていた。を行き来ができるのは分厚い装甲が施された装甲蒸気機関車(通称、駿(はやじろ))のみであり、互いのはそれぞれの生産物を融通しあうことでなんとか生活を保っていた。

製鉄蒸気機関の生産をなりわいとする顕(あらがねえき)に暮らす蒸気鍛冶少年、生駒(いこま)。彼はカバネを倒すために独自の武器「ツラヌキ筒(づつ)」を開発しながら、いつか自分のを発揮できる日が来るのを待ち望んでいた。

そんなある日、前線をくぐり抜けて駿の一つ甲(こうてつじょう)が顕にやってくる。車両の清掃整備に駆りだされた生駒は、義務であるカバ検閲を免除される不思議な少女撃する。

その、生駒が名(むめい)と名乗る間の少女と再会するなか、顕駿暴走しながら突入してきた。乗務員は全滅し、全てカバネに変わっていたのだ!顕に溢れ出るカバネたち。パニックに襲われる人々の波に逆らうようにして、生駒は走る。今度こそ逃げない、は、ツラヌキ筒でカバネを倒す!

―――こうして、本当にく男になるための生駒の戦いが始まるのだった。

公式サイトINTRODUCTION」より引用

登場人物

  • 生駒(いこま) - CV畠中祐
    • 本作の主人公。顕に住む蒸気鍛冶少年17歳
      過去カバネの襲撃により住んでいたは壊滅、両親も失う。
      その時を守れなかった事から、打倒カバネ及び「自分可さに他人を見捨てる」事を由としない信条を持つ。
      また、疑わしい人物や善人と呼べない者相手でも、抵抗である者へ攻撃する事を嫌う。
      カバネに対抗するために「ツラヌキ筒」を始めとする独自の武器を開発している。顕カバネに襲撃された際に、カバネに噛まれながらもツラヌキ筒でのカバネ撃退に成功、自ら開発したカバネウィルスの侵食を阻止する首輪を嵌めることで一命を取り留める。しかし、その代わりに人でもカバネでもない「カバネリ」となってしまう。
  • 名(むめい) - CV千本木彩花
    • に乗って顕にやってきたカバネリの少女。生駒をしい同属として扱ったりする。
      らしい見たに反して1人でもカバネを圧倒するほどの戦闘を持つが、一定時間全で戦うと強制的に眠ってしまう。
      戦闘時は、甲子供たちと遊んでいたり、生駒に稽古や戦闘訓練をつけている一面も見られるなど、12歳にして中々の面倒見の良さを見せる。
      生駒は当初名に死んだの影を重ねていた。
  • 四方 (よもかわ あやめ) - CV内田真礼
    • を治める四方の惣領(跡取り)。
      不在のに代わり、顕の民を率いて甲に乗り込む。
      常に領民の安全を願う領の鑑の様な心の持ちで、荒事になってもうろたえない胆の持ち
      カバネとの戦いの時は守られる立場だが、自らも蒸気式の強を用いて戦線に出るなど非常に勇敢である。
  • 来栖(くるす) - CV増田俊樹
    • 四方に仕える武士
      の腕は一流で忠義に厚い、武人らしい人物。その忠義ゆえ頑固で融通の利かない所が玉に瑕。
      諸々の理由でカバネリをかなり疑っていたが、共闘する内に仲間と認めるようになる。
      当初は他と同じく通常のを使っていたが、吉備土の進言からカバネの首を飛ばす戦いをとしている。
      常にの身を気遣い、必ず彼が警護についている。
  • 逞生(たくみ) - CV梶裕貴
    • に暮らす蒸気鍛冶少年で、生駒の友人。
      で危なっかしい生駒に半ば呆れつつも、若干の憧れを抱いている。
      生駒と共にカバネについて調べ、ツラヌキ筒の開発や「カバネ化が祟りなどではなくウイルスによるもの」だという見解を共有している。
      当初こそカバネリ化した生駒を怖がってしまったが、すぐに思い直し彼を助け出すに至った。
      戦闘にも筒を用いて参加する。
  • 鰍(かじか) - CV沖佳苗
    • に暮らす蒸気鍛冶少女
      明るく気丈な性格で、甲事や子守を率先して行っている。
      基本的にも頭が上がらないが、それを利用して威ったりはしない。
      名を信用し、「血」の提供っ先に申し出た。
      買い物上手
  • 侑那(ゆきな) - CV伊瀬茉莉也
    • 日ノ本各地に物資を運んで回る甲の乗務員。
      男勝り職人気質な女丈夫。
      冒頭では見習い扱いだったが、1人で甲の運転を難に取り仕切ってみせている。
      咄嗟の判断が冴えるタイプ
  • 巣刈(すかり) - CV逢坂良太
    • に暮らす蒸気鍛冶少年
      生駒達より若干年下で、彼も過去カバネの襲撃に遭った様だ。
      常に斜に構えた態度を取るが、侑那には弱い。
  • 吉備土(きびと) - CV佐藤健輔
    • 四方に仕える大柄な武士
      温厚な性格で、武士の中では較的話が分かる人物。
      カバネリの2人についても受け入れる姿勢をくに見せていた。
      来栖とは仲が良いらしく、接近戦が有効である旨を進言したりしている。
  • 鈴木すずき) - CVマックスウェル・パワー
  • (びば) - CV宮野真守
    • カバネ退治のために組織された独立部隊「狩方衆」の総長を務める若き英雄名からは様と呼び慕われている。
      将軍長男だが、現在は勘当されている身。
      一見すると総長としての器を備えた、非の打ち所のイケメンなのだが・・・・・・

主題歌

オープニング主題歌KABANERI OF THE IRON FORTRESS
歌 : EGOIST
エンディング主題歌ninelie
歌 : Aimer with chelly (EGOIST)

スタッフ

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%94%B2%E9%89%84%E5%9F%8E%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%8D%E3%83%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

甲鉄城のカバネリ

712 ななしのよっしん
2019/06/29(土) 20:56:11 ID: fjwywSNUmR
>>711
主人公に開発の手腕があっても、環境が伴っていから・・・
(常に列車移動、物資不足、時間不足etc
713 ななしのよっしん
2019/07/11(木) 18:21:52 ID: kR3TkOEYnT
ネット賛否両論だらけだったから今まで観ていなかったけど、プライムで観れるから一話位···と観たら劇場版まで全部一気に観るぐらい面かった。
アニメーションが物凄いだけではなくて主人公に好感もてたし他の人物もキャラ立っててストーリー王道オリジナル物としては滅良い良作の様に感じたんだけど否定している人達はが肥えすぎじゃないの?と思った。
お願いだから二期やって故郷で作るまでやって欲しい!
714 ななしのよっしん
2019/07/13(土) 22:05:13 ID: axZj2ARVum
>>713
一気に見る分には良いんだ
問題は当時一週間待たされての美劇場に映画版もかったから消化不良すぎてな…
715 ななしのよっしん
2019/07/18(木) 17:42:46 ID: /9itASNreF
>>713
まあ劇場版まで一気見するならそういう感想になるよね
716 ななしのよっしん
2019/07/18(木) 17:46:40 ID: Oi7vhphgcq
まあ言われてるほど悪くないし、変に拗らせてなければ面かったで終われるタイプやろ
717 ななしのよっしん
2019/09/13(金) 17:33:11 ID: bNJaJ6hR1Z
このアニメの何が惜しかったかを冷静にコメントは、ここだけでもいくつかある
一緒くたに「拗らせている」と馬鹿にする前に、双方の意見をさらうぐらいはしようぜ
劇場版かったと思うけど、それを機に自分と違う意見の人間を貶めようとするのは、はっきり言ってみっともないぞ
むしろ対カバネに終始して高クオリティを維持した劇場版は、アニメ後半の何がダメだったのかを浮き彫りにしているとさえ言える
まぁそれはそれとして、めて面かったわ、決戦
このアニメは長編で構成するより、あれくらいの話数でまとめたものを繋げる作りの方が合っているんじゃないかって気がしたな
718 ななしのよっしん
2019/09/26(木) 23:23:10 ID: avL2bt17rK
今さらTVシリーズを全話観たのだけど、王道のどん中をぶち抜いて駆け抜けていった快作だった。決戦はこれから観る予定。

ここやほかのアニメ感想サイトの評価も読んだけど、この世界人間の臆病さによって生まれた美ボスに立てて生駒に立ち塞がって、物語の山とを作って12話でまとめ切ったのは見事だとしか思わなかったから、思わぬ辛い評価に驚いてる。分からんでもないが、最後は人間VS人間の方が面くない?とは思う。

ゾンビ物な趣きがある中で、「結局ヤバい事件を起こすのは化け物じゃなくて人間だよね」な、ロメロゾンビ映画が好きだからより乗れたのかもしれない。あと、自分の存在価値に焦ったり、美に騙されてるとも知らずに、自分の手で一つ全滅させちゃって曇りまくる名の姿はとても愉悦であった。
719 ななしのよっしん
2019/10/02(水) 17:05:49 ID: 00MEsyjrPH
高飛車無銘が生駒と徐々に打ち解けて助け合う姿が良かったのにビバが出てきてからただの足引っり系ヒロインに成り下がったのがゲンナリだったんだよこっちは
720 ななしのよっしん
2019/10/03(木) 10:20:23 ID: 5jeNTP802f
と言っても名が主人公ならまだしもあくまでヒロインポジだからなぁ。
生駒は「戦う意志」があってもそれを生かす術を知らず、
武闘集団の中の少女から闘う術を学び、それを持って集団に裏切られた
少女を救う、というのは一つの物語お約束の一つではあるんだけどねぇ…
721 ななしのよっしん
2019/10/04(金) 19:02:40 ID: +d7EmIDRcR
王道的展開だと思うんだよな。
アレでビバがホントに良いやつだったら逆に困るレベル
それはそれで面かったかもしれんが。

急上昇ワード

2019/10/15(火)01時更新