症年症女単語

ショウネンショウジョ

 症年症女とは、2016年1月4日発売のマンガ誌「ジャンプSQ.(スクエア)」(集英社2016年2月号から連載が始まった漫画である。全3巻。

 原作西尾維新漫画暁月あきらというと、週刊少年ジャンプで連載された『めだかボックス』や、西尾維新テーマを与えてそれを元に複数の漫画家漫画にするという企画で描かれた読み切り『入り』で知っている方もいるだろう。

 『めだかボックス』は“個性”豊かな面々が描かれた漫画であったが、『症年症女』は“個性”を勝ち取りに行く展開になっているようである。

概要

 「少年くん」は、小学生男子(5年生)。屈とした性格で子供たちが画一的に育てられる「学校」という間を嫌悪し、個性だけが量産されていくことに疑問も抱いていた。
 ある時「少年くん」はい血を大量に吐く。病院で検を受けた彼は、今まで「少年くん」が感じていた〈それ〉が、病気であることを知る。
  一の“個性”を手に入れた、はずだった「少年くん」の前に1人の「少女ちゃん」が現れる。

 話数は『第◯症』とナンバリングされている。
 タイトル普通だったり読めなかったりする。

各話タイトル

話数 サブタイトル
第1症 ██████
第2症 ▒▒▒▒▒▒
第3症 どの表情(つら)下げて
第4症 好きになる前に
第5症 どうして人を殺しちゃいけないの?
第6症 おかえり少女ちゃん
第7症 本は隅々まで
第8症 仲良くはんぶんこ
第9症 ██████ 医師会議
第10症 ██████▒▒▒▒▒▒
第11症 どんな顔してたっけ
第12症 わかってくれなくていいよ
第13症 失敗したんですよ
第14症 ここからはじめよう
最終症 子供笑顔
後遺症 症年症女

登場人物

少年くん(山井生
小学5年生男子
他人を個性な存在と嘆き、自身もそんな世界を疎み「死にたい」と考えている。
性格は屈としていて、顔などに明らかにその雰囲気を漂わせている。
普段は大人しいが「少女ちゃん」の態度に昂するなど、「少女ちゃん」に対しては並々ならぬ執着を見せている。

 少女ちゃん(山井笑
少年くん」より年上の小学6年生。い長に大きなボタン飾りをつけ、柄のケープを羽織った少女
 「少年くん」が見てきた個性な面々(一部???なもいたが)とは違い、「少年くん」にとってとても個性的な存在。
事実彼女天才で、何事も優秀さが際立っている。
自身のことを「」と呼称し、元気があって大人びた言葉使いをする為、「めだかボックス」の安心院なじみを連想させる。
ドク(
少年くん」の前に突如現れた医者? 造作に後ろで括っている。
「ドク」は「少年くん」が名前を認識できないので自分がつけたあだ名。
 「少年くん」達が知らなかった症状の特性を見抜いたり、意味深台詞を残したりする。
先生
ドク()が連絡を取っていた人物。
 「少年くん」を使って「少女ちゃん」を殺そうとしている。
小児さん、おさま
 「少年くん」「少女ちゃん」に続く新たな症例者。
一人は8歳、『個性が砂嵐』になり、一人は6歳、『個性が』になる。

【症年】【症女】の特色

少年くん」「少女ちゃん」が見てきた世界
それは人や物など、そのものが持っている『個性』がはっきりと『見えない』というものだ。
 「少年くん」には「く塗り潰されて」、「少女ちゃん」には「貼り絵(コラージュ)されて」見える。
これは病気である事が分かった。それは症状を持つものが二人になったからである。
この病気には以下の特徴がある。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%97%87%E5%B9%B4%E7%97%87%E5%A5%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

症年症女

20 ななしのよっしん
2017/03/05(日) 13:30:02 ID: R7L3y5+4X4
作画暁月あきらだぞ
21 ななしのよっしん
2017/03/12(日) 15:36:39 ID: HH4QJn1YU8
少女ちゃんは悪等の端末なのかなぁ
22 ななしのよっしん
2017/04/05(水) 00:08:13 ID: /F775PfIXd
症年症女最終回ネタバレ











(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
23 ななしのよっしん
2017/05/07(日) 22:45:26 ID: FsLeUkC4UN
>>22
後遺症ネタバレ










(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
24 ななしのよっしん
2017/05/07(日) 22:52:44 ID: uz068ltoYK
なんか打ち切りみたいな終わり方だったけど、まあすっきりまってはいたな
※以下ネタバレ










(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
25 ななしのよっしん
2017/07/05(水) 22:46:20 ID: 6A6RloCwXZ
ああ、そっか
同じ名字ってことは書面上で婚姻した可性もあるのか
考察の余地もへったくれもいような作品だった

後遺症の道徳の授業の場面ぐらいは、顔を安定させてくれてもよかったと思う

ていうかマジ安心院さんの原だったな
不死身の相手を殺す方法は、「生き返らせたいと願わないこと」だったのかな
そういやめだかボックスでも絶対に死者蘇生だけはやってなかったし
26 ななしのよっしん
2017/07/06(木) 18:32:19 ID: 6A6RloCwXZ
めて読んでみると結構あるね、考察の予知

少年くんはなぜ笑って死ぬことができたのか?

全ての的を達成することができたから(だと思う)

少女ちゃんが先に死んで、病気に自分の名前がつくことが確定した。
少女ちゃんを「生き返らせない」ことで、少女ちゃんを殺すことに成功した。
少女ちゃんを受け入れることで、殺すことと好きになることを両立させることができた。
27 ななしのよっしん
2017/07/06(木) 18:37:21 ID: 6A6RloCwXZ
②山井笑

多分、山井も笑も少女ちゃんの本来の名前じゃない(と思う)

本来の名前だったら、少女ちゃんは世間に表されない。
だから山井は少年くん由来の名字で、笑も少年くんが付けた名前である可性が高いと思う。(おそらく婚姻した)
新しい名前を与えて、少女ちゃんの『されない子』という個性(世間からられたレッテル)を有耶耶にして消し去ることで、最後の最後で少年くんは少女ちゃんに全に勝利したんじゃないかな。
28 ななしのよっしん
2018/07/03(火) 06:58:46 ID: ds4SNBg8lY
てか少女ちゃんの死因は老衰じゃなくて、心臓移植を拒否しての死亡って本編に出てるで。

少女ちゃんは少年の願いをえる為に12歳を前に死ぬ事を決め、
またそうする事で少年は最後まで自分を想い笑顔死ねると考え誘導したんだと思ってる。
故に少女ちゃんは少年くんに殺されたようなもの。

全ての舞台を整えたのは天才少女ちゃん。
ただそのお蔭で少年少女はお互いがお互いに相手のエゴを満たして二人ともが満足に死ぬ芸術的な死に方になった、というお話だと思ってる。
29 ななしのよっしん
2018/09/16(日) 15:24:50 ID: 3xgZcN9bRj
山井症は、他人の個性を消すことで、異物を排除する免疫システムをなくすように少女がつくった病気。これにより、いくらでも他人の臓器を移植できるので不死となる。ただ、ほぼ免疫不全と同じなので、病院外では病気になる。
山井症は少女向けの病気だったが、少年は、少女と同じ個性だったため、患し、お互いにその個性を消す必要がないので、お互いに顔が見れた。のちに男女差が現れたことにより、個性が違ってきてしまい、顔がみれなくなった。
少女は、心臓移植を拒否して死んだ。少年は老衰で死んだ。
少年少女を殺したかった。少女少年に殺されたかった。
少女を「生き返らせない」ことで、少女を殺すことに成功した。
その結果、二人とも笑って死ぬことができた。