白ロム単語

シロロム
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

白ロムとは、携帯電話いて加入者情報が書き込まれていないもの、あるいはSIMカードが挿入されていない状態のものをである。

当項では、それの対義である「ロム」「ロム」「ロム」についても解説する。

概要

白ロムとは、W-CDMA方式等の第3世代携帯電話が普及する以前から使われていた、日本携帯電話事情では欠かせない用

というのも、それ以前は端末内のフラッシュロム電話番号(加入者情報)を直接書き込んでいたことからそう呼ばれるようになった。

現在ではSIMカード電話番号を書き込むのが一般的になったので、白ロムという言葉は、SIMカードが挿入されていない端末のことをすようになった。

黒ロム

実際に通信可電話番号記録された端末。

灰ロム

電話番号記録されているが、解約や回線停止により通信不可能な端末 or 通信不可能SIMカードそのもの。

赤ロム

購入代の不払いや、盗難などの不正に取得された端末に、キャリアネットワーク利用制限をかけて利用停止になったもの。利用停止になった端末のなかにはアンテナマークく表示されるものがあり、そこからロムと呼ばれるようになったと言われている。一度利用制限がかけられると原則解除されないので、中古市場ネットオークションで入手した端末がロムだった場合は泣き寝入りすることになってしまう。[1]

ネットワーク利用制限がかけられているかどうかは、各キャリアの専用サイトで端末のIMEI(International Mobile Subscriber Identity〈際移動体加入者識別番号〉)を入することで確認できる。

判定が◯であればまずロムになることはい。は要注意(ロックはかかっていない、分割支払い中の機種等はここに該当し、端末代が済されれば◯になる)。×はご愁傷さまです。

ロムを掴まないようにするには、多少値はるが、ロム(返or同等品交換)を行う中古ショップで買うのが賢明。ネットオークションでの個人間売買ではロムを掴まされるとほぼ十中八九詰むと考えておくほうが良い。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *IMEIとは| 格安SIMのNifMo(ニフモ)exit

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%99%BD%E3%83%AD%E3%83%A0
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

白ロム

1 ななしのよっしん
2022/06/02(木) 19:54:30 ID: nS25Ph+upG
実際に通話可って、要は飛ばし携帯?