白色彗星帝国単語

ハクショクスイセイテイコク
2.3千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ
ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任でお願いします。

 

概要

白色彗星帝国とは、宇宙戦艦ヤマト2199に登場していると噂される勢である。

第3章において、大ガミラスの本における帝国高官たちの会話の中で、小マゼラン外縁部に外宇宙から侵入を企てる『蛮族』(勢)があること、その『蛮族』を撃退するためにドメル中将派遣したことがられていた。その『蛮族』について、いったい何者であるか、という疑問を、少なからぬファンが抱いていた。様々な憶測が飛び交い、次元断層に紛れ込んでいた機体の中にガブトガニによく似たものが映っていたことなどから、それが関係するのではないかと考えるファンもいたが、確定的な拠はなく、断定には至らなかった。

そして開された第4章のPVで、ドメル艦隊の戦闘の様子が一部映し出され、対戦相手の艦明らかにされた。その映像を見たファンの中には、「蛮族の正体は白色彗星帝国だ!」という確信を持った者が少なくないという。ただし、宇宙戦艦ヤマト2199において「白色彗星」とか「彗星帝国」という呼称が登場したことはまだいにもかかわらず、艦を見ただけで正体を特定できた理由は不明である。ちなみに、ドメル中将揮下で戦ったバーガー少佐は「ガトランティス、恐るるに足らず」と発言していることから、『蛮族』の呼称は「ガトランティス」らしいことがわかる。

なお、このガトランティスなる『蛮族』の艦隊はドメル艦隊に劣勢で、空母1隻を含む約7割を殲滅(合計10~20隻程度の撃沈を確認)されて、撤退を余儀なくされている。これだけの大損を与えたのだから、「ら(ガトランティス)も、しばらく仕掛けて来ないでしょう」と古参の武人ハイデルン大佐は判断しており、ドメル中将もその判断に同意する発言をしている。その後、ドメル中将も本に呼び戻されていることから、大ガミラスの幹部たちは、この『蛮族』をそれほど脅威とは考えていない様子である。第1章でのシュルツ大佐ガンツ少佐の会話からもわかるように、強大なガミラス軍にとってさえ、運用に大なコストがかかる空母を1隻でも失うことは痛手なのだから、もはや『蛮族』にはガミラスを攻撃するは残ってないように見える

ガトランティスのを知る者(あるいは旧作という名の歴史を知る者)であれば、バーガーやハイデルンのように楽観的にはなれないであろう。ガトランティスは、空母1隻を失ったくらいで侵攻の手を緩めるような連中ではない(そもそもドメル艦隊と交戦していた艦隊は、大空母や大戦艦、潜宙艦が含まれていないなど、コズモダード・ナスカ艦隊よりも規模が小さい)。なにしろ、戦艦80隻、空母66隻、巡洋艦駆逐艦300隻弱もの艦艇を前衛艦隊として繰り出し、それらを壊滅させられたとしても、なお余のあるなのである。【歴史ヤマト2」より】 

関連動画

本当の概要

  「全宇宙が故郷!!」 

「この宇宙は、がガトランティスの遠大なの為にある」 

白色彗星帝国とは、「宇宙戦艦ヤマトシリーズに登場する架国家である。白色彗星帝国というのは、地球側が使用している呼称であり、正式な号は「ガトランティス」である。上記のスローガンを掲げて宇宙を巡りながら、進路上に存在する邪魔なは破壊し、利用価値があると判断した惑星は占領・植民地化することで、全宇宙覇権を握ることをしている。シリーズに登場した国家の中でも屈を持ち、最強の敵との評もある。

作中での国家元首はズォーダー大帝、正確にはズォーダ-5世。彼がるところによると、宇宙を統一するは先祖の遺志であり、過去から未来永劫へと続く、彗星帝国ガトランティスの心であるという。地球に侵攻した時点では、すでにアンドロメダ銀河を制覇したことが判明している。

白色彗星帝国の本は、高速中性子と高圧ガスが形成する純の巨大彗星の形態をしている。ただし、彗星の尾が進行方向と常に逆向きに形成されているなど、本物の彗星とは異なる。実はこの巨大彗星の姿は、一種の擬態であり、吹き荒れる高速中性子と高圧ガスは、核となる人工要塞惑星(本体)を包み込むバリアーとしての役割と、対惑星級の破壊を備えた攻撃兵器を兼ねているのである。彗星形態のときの大きさは、作中の説明によると直径6600km(地球の直径の約半分)ほどある。 

そして、その人工要塞惑星の中には、さらなる秘密が隠されている…。

『宇宙戦艦ヤマト2』『さらば宇宙戦艦ヤマト』

 ガミラス戦役による荒から復し、以前とはべ物にならないほど強な防衛艦隊を整備するようになった地球は、平和と繁栄を謳歌していた。そこに、宇宙の彼方からメッセージが送られてくる。大半の人間は、そのメッセージを気にも留めなかったが、宇宙で起きている重大な異変を伝えるものではないか、と感じたヤマト乗組員たちが、メッセージの意味を解き明かそうとするところから、ストーリーが始まる。そしてヤマト乗組員たちは、そのメッセージを送ったのが、テレザートテレサという反物質を操る女性であること、そして白色彗星帝国が新たな標的として地球を選んだことを知る。

ヤマトをはじめ、地球側は大急ぎで白色彗星帝国を迎え撃つ用意を整え、防衛戦闘を開始する。だが、白色彗星帝国のはあまりに強大であった…。

本当の関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%99%BD%E8%89%B2%E5%BD%97%E6%98%9F%E5%B8%9D%E5%9B%BD
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

白色彗星帝国

128 ななしのよっしん
2018/11/14(水) 02:41:59 ID: 6kEGJ7WnIS
2199ガトランティス2202って別物に近いけど、何か理由あるのかな?ガトランティスはゼムリアの人造兵士だから、2199版のダガーム達は独自の文化と自が芽生えている別の失敗作ガトランティス兵で2202の一般兵とかは純然たる戦闘兵で、最近邂逅したばかりだったとかなのかな?
129 ななしのよっしん
2018/12/22(土) 20:02:33 ID: bkSTJGHXgK
ダガームたちは多分、ゼムリア人がガトランティスを作るときにベースにした、ゼムリア人が知る限り最も野蛮で好戦的な種族とかなんじゃないかな。

その中から戦闘、散お茶みや、はてはジレル(ひょっとしてゼムリア人も)の精感応波など、様々な異人のの遺伝的特性を抽出してガトランティスのいろんな役割の人たちを作った。
130 ななしのよっしん
2019/03/15(金) 02:27:11 ID: /CPMb42LPG
>>127

ミリタリーマニア(及び歴史ファン)としては、この恥曝しめ!潔く散れ!と強要するあたりはソ連軍(ソヴィエト)っぽいなぁと思う。世界を滅ぼしかねない(それを肯定する思想もある)のと、全体主義的で巨大な軍事義と言うよりウォーマシンとしての機もある辺り



>>125
ゼムリア廃墟を消去したガイゼンガン兵器群の玉、レギネルカノーネ(カノーネはドイツ語キャノンドイツガミラスモチーフのはず?)は、結局のところ艦の数が足りなかった(を破壊するほどの作戦を行うには)みたいだ。


>>123
はやぶさ2ミッションも進行中だが、小学生程度の宇宙についての知識がある人なら土星木星地球常識を外れて大きいのは知っている。その土星と同じ大きさだってんだから(おとうさん)も芹沢参謀長もレイプ目になるか…
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
131 ななしのよっしん
2019/10/06(日) 16:21:20 ID: PKkJajzYf3
脚本の人そこまで考えてないと思うよ
132 ななしのよっしん
2020/03/07(土) 10:05:07 ID: brofSrZs8C
星巡る方舟蛮族感を引きついでたら、レギネルおよびインフェルノカノーネが、「〇〇の」みたいな呼び名になってたのかな。
133 ななしのよっしん
2020/03/08(日) 11:12:40 ID: 6zJPjd537Q
シリーズズォーダーデスラーを厚遇したのはかなり重いことだと思う。
義が生きている、ブリテンではなく古代ローマ寄りだってことだ。
134 ななしのよっしん
2020/06/20(土) 02:49:45 ID: OBmO7OgV1i
スレざっと読んだけど、さすがにアメコミレベルキャラならこの帝国に鼻歌レベルで勝てるよね?
聞いた話軽~く1億マルチバース管理してる存在もいるらしいし
135 ななしのよっしん
2021/01/08(金) 19:16:51 ID: Tsxw4HOEpj
2202はちょっと斜め上の方に行っちゃった感じだったなあ。
巡るのダカーム達の玉って事で、ズォーダーにはチンギス・ハンみたいな強大な征者ってのを期待したんだが。。。

福井さんに脚本任せた時点でそういう敵は理だったんだろうけど。
136 ななしのよっしん
2022/05/07(土) 16:52:25 ID: hM01W0IDlQ
この勢の艦艇に搭載されているクルクル回る考えた人凄いよな。見ただけで連射がやばいって分かるような説得があるし。
137 ななしのよっしん
2022/06/18(土) 22:07:21 ID: K76lQqb1fp
標に向する必要がなく素く攻撃できる
サイズもそこまで大きくないから場所を選ばずに側面とかにも多数搭載できる
ミサイル系兵装の迎撃などの対艦以外での実用性も高い

デスラー総統が後のガルマンガミラスの艦艇で採用してるのも納得できる武装だよね。あと旧作のみの設定だけど上にいてるのが各方向に必ず1基づつあってそれは機動ロケット兼用回転速射っていう所謂姿勢制御システムの役割を果たすのまであるっていう

旧作駆逐艦2199でいうククルカン級)には大小合わせて42基の回転速射が搭載されてるという駆逐艦とは思えない数から放たれたビーム弾幕ヤマトだらけにしたのはインパクトあったわ