的場均単語

マトバヒトシ

的場均とは、かつてJRAで活躍した騎手である。

現在調教師として第二の人生を歩んでいる。

概要

1975年に騎手デビュー。4ヶ後初勝利を挙げる。
2年スプリンターズステークスで重賞初制覇、3年で全7位の勝利数となる等新人の頃からその実を発揮し、野二は「若いころの的場は既に岡部柴田の同じ年よりも卓越した技術を身に着けていた」とっている。

半面八大競走や84年から導入されたグレード制により新たなGIが導入されたがそれには長年縁遠く、初勝利したのは1989年皐月賞だった。翌年にはリンシェーバー朝日杯3歳ステークスを制覇しGI2勝を決める。

的場とライスシャワー

92年の皐月賞的場ライスシャワークラシック戦線を戦っていた。
結果はミホノブルボンに大きく離された8着、NHK杯でも8着。彼はこの時点ではライスシャワーの実を「過度の期待はしていなかった」と評しており、ダービーも厳しいかなと考えていた。

事実本番のダービーでも18頭中16番人気。しかし的場は、調子が上がっていたライスを見て「いい位置でれば100%を発揮できると思った」とミホノブルボンの後ろにつける2番手でレースを進める。
ミホノブルボンには4身離され、田原上のマヤノペトリュースにも一度は抜かれるも再び抜き返しハナ差2着に突っ込んだ。
この時的場は「もし田原騎手がブルボンを諦めて2着狙いならあっさり抜かれただろうしこの結果はラッキーだったかも」としながらも、菊花賞ブルボンに何とか立ち向かいたいという気持ちが湧いてきた。

初戦のセントライト記念では彼はライスに騎乗していなかった。的場戦だったインターマイウェイ函館3歳ステークスに騎乗するため函館競馬場にいたのである。田中に乗り替わったライスはアタマ差届かず2着に敗退してしまったがこれにライス調教師である飯塚激怒。何故ライスに乗らなかった、騎手交代も取り沙汰されたが的場が直接謝罪したため、なんとか的場戦を守ることができた。
この時的場は「ライスはもう基本ができているから、その点ではが手綱を引いても大丈夫。でも若はそうはいかない。変な癖がついてしまうかも。だから先々のことを考えて函館を優先した」としている。

次走の京都新聞杯は4度ブルボンに敗れるものの、その着差は1身半。差は確実に縮めていた。2200mで1身半なのだから、同じ舞台3000mの菊花賞なら勝てる。的場飯塚も本番での勝利を確信しつつあった。

本番菊花賞。観客がブルボン三冠に期待する中、大きく離されてはいたが2番人気だった。5番手あたりで待機し、最後の直線でブルボンをかわし三冠の夢を打ち砕いた。
的場自身は勝利インタビューで「なんとかしてブルボンを負かしてやろうと人共に頑っていたので、それが実ってうれしいです」とったのだが、会場はライス勝利を祝う雰囲気ではとてもなく、ブルボン三冠を打ち砕いたKYとしか思われていなかった。ひでぇ。

以後ライスシャワー悪役として恨まれることになるのだが、的場はそのことについて次のようにっている。

競走馬と勝負師が勝ちにいっているのだ。そこには悪役も何も、ないはずである」と。

あくまで的場は勝ちに行ってミホノブルボンを負かしたに過ぎないのだ。ブルボン側も菊花賞では不利になることは重々承知していたし、それでも最終直線で先頭にいたのだから、それで負けたらどうしようもない。
ただブルボンはこのレースを最後にターフを去っていったのもあり的場ヒーローに引導を渡した男としてられるのであった…

そんなライスシャワー的場だったが、年末の有馬記念には不調のトウカイテイオーマークしてしまい仕掛け遅れの8着。を発揮させられなかった的場は「ライスシャワーに一番失礼なレースだった」と後年述べている。

年が明け、ステイヤーであるライスシャワーすのは3200mの長丁場である天皇賞(春)だった。待ち構えるは連覇中で3連覇がかかっている武豊メジロマックイーン
年明け初戦の目黒記念マチカネタンホイザを差し切って勝つという課題の元騎乗した。結果は差し切れず2着だったが、そういう競馬を教えるのを兼ねての出走なので営的には満足だった。

いよいよ本番の天皇賞(春)営も極限までライスを仕上げ、その体を見た的場は「に見えなかった。猛というか、火でも吹くんじゃないか」と驚嘆するほどまさに究極の仕上がりだった。
いよいよ本番、的場マックイーンの後ろにつけ、最終コーナーメジロパーマーマックイーンのメジロコンビをちぎり2身半差で勝利武豊天皇賞5連覇とマックイーン3連覇の夢を粉砕した。

この時実況していた杉本清が「関東の刺客、ライスシャワー」と評したことでライスシャワーに新たな通称刺客が与えられることになったのだが、的場はこの言い方も不快であった。

マックイーンの時もそうだった。関東の刺客とかマーク屋とか言われるのは決して気持ちのいいものではない。らは勝つために最大限の努をしている。その努には様々な思いや戦略がたとえ一つでも違ったら勝利を勝ち取ることができない程の緊密さ、複雑さで絡み合っている。そのあたりを見てほしいのだ」と彼はっておりアイドル化してドラマのように見ることでは感じ取れないものもあるとしている。
的場はただ勝つために最適な戦術を採り、それを実行する。それだけだった。

ライスシャワーの後は仕上げの反動かまるで勝てなくなり、ツインターボにも負け、でも1番人気に答えられず負け、ジャパンカップ有馬記念無様に惨敗。翌年のも直前で折して回避と運にも恵まれず、重傷のため引退も検討されるほどだったがなんとか現役続行、有馬記念ではナリタブライアンヒシアマゾンに次ぐ3着と健闘しナイスネイチャ4年連続3着の夢(?)を粉砕した。
この間に的場は通算勝利数が1000勝となり、さだまさしから彼をイメージして作った「ひとりぽっちのダービー」という曲を提供され自ら歌っている。

95年、天皇賞(春)ライスシャワーは2年ぶりの獲りを狙う。この時的場は「このの行く気に乗って、後はゴールまでりこむ奇襲戦法ならチャンスがある」と第3コーナーから進出して800mのロングパートを敢行していた。最終コーナーで抜け出して逃げ切りを図ったがステージチャンプが猛然と追い込んできてほぼ同時に入線。ステージチャンプの蛯名正義が勝ちを確信しガッツポーズ。しかし結果はライスシャワーハナ差でいでいた。
的場は後に、「絶好調のライスシャワーなら絶対にやらない作戦。でもあの時の状態だとセオリー通りに乗ったらそこそこの着順で終わっていたと思う。勝つ確率を上げるためにやったのだ」とった。

名実ともに名コンビとなった的場ライスシャワー。しかしその別れは突然訪れる。
95年の宝塚記念阪神・淡路大震災の影阪神競馬場ではなく京都競馬場開催、京都が得意なライスシャワーにとっては願ったりな舞台ファン投票1位だったし、体調は微妙であったが営は出走を決める。本番は3番人気だった。しかし的場レース直前ライスシャワー異常に気付き「勝つどころじゃない、慎重に回ってこよう」と完走させることを最重視し後方に控えた。だがライスシャワーは第3コーナーで自ら加速、そしてその直後彼の体はウィリー走行のように後ろにのけぞった間もなく崩れ落ちた。的場も当然落ライスシャワーの脚は全に砕け散っていた…。

幸いにも的場は打撲で済んでいたため、にも運べず競馬場の上で最期を迎えたライスシャワーを看取ることになったのである。ライスの亡骸を運ぶを、彼は最敬礼で見送った。
まさにされ、に散ったという生を送ったライスシャワー。彼の墓代わりの記念碑は京都競馬場の中にあり、今でも献と供え物が絶えないという。

後年的場はこうっている。「共にレースをしているときは無我夢中で気づいていなかったけど、振り返ってみれば見るほど、というものがどれだけいっぱい人間には計り知れない物を持っていたことをライスシャワーは教えてくれた気がする。が出う前にもしそれをもっとわかっていたら、もっといい接し方をして上げることもできたかもしれない」と。

その後的場97年にエリモシックでエリザベス女王杯を勝ってGI勝利数を伸ばし、ダンスパートナーエリザベス女王杯連覇を粉砕した。そしてまた名との出会いを果たすのである。

的場とグラスワンダー

97尾形厩舎に入った1頭の。それは尾形自らが見初めて購入にこぎつけた期待のグラスワンダーであった。的場はこの戦を務めることになった。的場はこのを「間違いなく将来は一流になる。今まで乗ってきた2歳の中でも、トップクラスと言える1頭」とライスシャワーとは逆の大絶賛である。

実際新戦でも次走のアイビーステークスでも、そのまた次走である京成杯3歳ステークスでもを使わず圧勝、的場が何度も後方確認し差を確かめることができるほど余裕の勝ち方をした。

GIである朝日杯3歳ステークスでも尾形的場が「アクシデントのみが怖い」と一致するほどで、荒れ馬場だったにも関わらずレコード勝ち。
「のんびり走っていてもゴーサインからの反応が素らしく、とにかく強いの一言。まだまだよくなりそうな部分も秘めているし、が描いている通りに成長したらどのくらいになるのか」と的場は述べている。

かしこの後出走予定だったNZT4歳ステークスを前にグラスは折、的場は並行して乗っていたでこのレースを制する。その的場が思わず新戦で乗せてくれと頼んだ怪鳥エルコンドルパサーであった。98世代の外2枚看のどちらも的場が騎乗していたのである。そのまま的場は同NHKマイルカップも勝つ。

そしての2頭の次走は毎日王冠に決まった。しかし的場は一人しかいないのでこの2頭のいずれかを選ばなければならないのだ。今となっては凄く贅沢な2択である。グラスワンダー膜炎を発しており体調が万全ではなく、尾形エルコンドルパサーの方がいいのではと勧めた。的場は悩みに悩んだ。
「調整度はどう考えてもエルコンドルパサーの方が上だが、絶対的なはどっちが上だと聞かれればわからない。どっちもよく走るし、どっちかわかれば答えは簡単だ。でもどっちが凄いかわからないから辛いんだ」

3週間悩みぬいた的場は、グラスワンダーを選択した。エルコンドルパサー蛯名正義に引き継ぐことになった。

さて98年の毎日王冠と言えばグラスワンダーエルコンドルパサー、そして中距離絶対王者に君臨していたサイレンススズカの三つ対決である。GIIとは思えない大観衆の中、グラスワンダーに跨る的場尾形からの示「勝てないだろうが、捉えに行ってほしい。ちゃんと競って負けるなら仕方ない」の元、果敢に勝ちに行くため仕掛けていった。だがサイレンススズカを捉えることはできなかった。そのままグラスは5着に敗退。エルコンドルパサーからも6身離されて敗。

次走のアルゼンチン共和国杯はただもらいと思っていて余裕の抜け出しを的場は敢行する。しかし伸びが悪くまさかの6着敗退。ジャパンカップの出走を予定していたが回避となった。前走の毎日王冠は仕方ないとしてもこの敗退は尾形にもショックであり、エルコンドルパサーはその後ジャパンカップを制覇したため、「的場は選択ミスをした」と専ら言われることになる。

ジャパンカップは回避し有馬記念に挑むことになった的場グラスワンダー的場必死に状態をよくしようと調教に参加した。その甲斐もあって本番直前には状態は回復した。
スペシャルウィークエルコンドルパサータイキシャトルは居ない同レースだったが、二冠セイウンスカイ97年の制した女傑エアグルーヴ、同年覇者メジロブライト等GIがグラス含めて8頭もおり、決して弱いメンツではなかったことは記しておく。
的場は8番手あたりの中団につけて最後の直線で抜け出すとメジロブライトを抑えて勝利。「このでは一番の状態。でもまだいい頃の出来じゃないけどよく復活してくれた」とった。
これにより的場は初の外有馬記念制覇の騎手となった。

だがグラスワンダーはその後故障が相次ぎ復帰戦が5月京王杯スプリンカップになり、正直状態も良くなく的場も勝てる気があまりしていなかった。がレースが始まってみると驚異的な末脚を発揮したグラスワンダーに、的場は「先行した他が止まって見える」と思ったという。

しかし1400で圧倒したなら1600は勝つだろと思われた安田記念はその京王杯で2着に退けたエアジハードマークされ負けてしまう。「4コーナーでも大丈夫だろうと思ったらエアジハードも余十分だった。が下手だった」と敗戦の弁をった。後年的場は「実はホーリーグレイルの騎手K・ユーが落寸前になり、よけようとしたらグラスワンダーがスパートと勘違いしんで余が残せなくなった」と述べている。

次走は宝塚記念。ここにはスペシャルウィークがいた。を含めた3連勝中で勢いに乗るスペシャルべ、安田記念で負け更にバテ気味のグラス。1番人気と2番人気とは言え、だれがどう見てもスペシャル有利という中、専用ファンファーレを使った初の宝塚記念は始まった。
レースが始まるとスペシャルウィークめに先頭に立った。的場は「自分のペースで行こうと思っていたが、4コーナーで先頭に気持ちよく離されたときはどうかなとは思ったけど、伸びあぐねていたから勝てるなと思った」と。事実グラスワンダー的場は終始スペシャルの後ろにつけて直線であっさりかわして3身離して勝した。これによりスペシャルウィーク凱旋門賞挑戦を粉砕した。

次は毎日王冠に挑む。がメイショウオウドウ(この時一の重賞未勝利)にハナ差まで詰め寄られる辛勝に終わる。「もう少しいい勝ち方を期待したけど、イメージと違ったけどよくいでくれた」と的場る。

ジャパンカップが次走へと選ばれたのだがまた故障発生、回避。ジャパンカップスペシャルウィークが勝ち、同日凱旋門賞2着を手土産エルコンドルパサー引退式を行った。
有馬記念が次なる標となったが状態は芳しくない。的場が違うに乗っているのではないかと思ったくらいである。本番直前になっても「よくなってはいるが良い時にべたらまだまだ」と的場はかなり曇った表情だった。
本番のオッズはスペシャルウィークに僅差の1番人気。最後方からの競馬を選んだグラスワンダー的場宝塚でそうだったようにスペシャルウィークマークし、「スペシャルが行ったら仕掛ける」狙いだった。しかし前のツルマルツヨシが手ごたえがよいと見るや的場めに仕掛けていった。レース終盤は全にグラスとスペシャルのデッドヒートとなり前にいたツルマルツヨシテイエムオペラオーをかわし、2頭が並んで入線。しかし後方から来たスペシャルウィークの方が態勢有利だとみており、事実的場自身も負けたと思っていた。
ところが写真判定の結果はグラスワンダー勝利ハナ差でも残ってくれたことは感謝していると的場は言った。これでグランプリ三連覇である。

だがグラスワンダーにとってはこれが最後のきであった。故障により満足調教できず厩務員の変更もありグラスは体を絞り切れず、太いと思われた有馬記念からもさらに増えて+18kgの大幅増加。論こんな状態では好走は望むべくもない。その変わった厩務員である若手の佐々木氏は責任感から憔悴しきっており、的場は「グラスワンダーもそうだけど、佐々木厩務員も心配だった」と後年っている。実際復帰戦の日経賞は的場が押しても伸びず6着に敗れてしまった。2000年からは外でも天皇賞に出られるので現役続行したのもあったが、この結果により白紙となった。

次走の京王杯では20kg減量したが、出遅れから全く伸びず9着。これにより的場戦を降ろされ、コンビとしてはここで最後となった。

そしてグラスワンダーエルコンドルパサー戦になった蛯名正義に乗り替わったグランプリ4連覇がかかった宝塚記念で2番人気に推されるも、レース中に故障発生。6着に終わり引退した。

引退式は同年の有馬記念の日となり、的場は「グラスワンダーの、本当の強さを皆さんに見せることができなかったのが、残念でなりません」と念さを滲ませていた。

おこの間に的場アグネスデジタルに騎乗し、マイルチャンピオンシップを制覇。安藤勝己の中央GI制覇の夢を粉砕した。これが現役最後のGI勝利である。

調教免許に合格した的場グラスワンダー引退から2ヶ後、自らもを置き引退した。
まさにグラスワンダーは晩年の相棒とも言える名コンビであった。通算1440勝、GI13勝を含む重賞63勝。

人物

ヒットマン・刺客と何だか物騒な異名が多いが、彼自身は「仕事人」と言えるような存在で、若くしてその才を発揮しリーディングジョッキー間違いなしと言われたものの実際は1度もリーディングになったことはなかったが(まあ現役後年は武豊がいたし)、任せれば確実に仕事をする安定感があり、本命ならより信頼され、なら更に信頼されるといういぶし銀な存在だった。

また記録がかかったがいるとさらに強いレコードレイカーでもあった。

しかしそれは結果的にそうなっただけのことで、狙ってやったものではない。

また大一番を勝ってもガッツポーズをしない騎手として知られる。

が勝ったのではない。が勝たせてくれたのだから。
だけが勝ったのではない。そのに関係した全員で勝ったのだから。
の上で奮したり格好つけたりは必要ない。そんな事よりを安全に止めることが、何よりも大事なことだ。ゴールトップで通過しただけでは終わらない。事にが止まって、何事もなく房に戻ってこられた時にレースは終わるのだ。」

彼を徴する言葉ではないだろうか。レースで乗った後は必ずそれぞれの房に来ての状態を確かめに来たという。こうした地な努実さこそが彼の本分であり、だからこそ勝ちに対して手は抜かず、100%引き出す乗り方にしたのだ。

関連動画

彼を徴する2頭の名

一般販売はされなかった的場歌唱版の重な音

関連商品

関連コミュニティ

的場均に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9A%84%E5%A0%B4%E5%9D%87

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

的場均

1 ななしのよっしん
2018/10/25(木) 22:44:40 ID: nK12HyOOr1
作成乙。ストイックな人でカッコいいよね。
……調教師の方はかなり大変だけど頑ってほしいなぁ。
2 ななしのよっしん
2018/11/06(火) 12:37:07 ID: lszTVkRjq1
出来たのつい最近だったのか…エンターテインメント性よりも、すべてのを出し切って勝つことこそ本分ですね。
3 ななしのよっしん
2018/11/15(木) 02:13:56 ID: fmzUf0u/b/
作成乙

武豊の一人勝ち状態を阻止できた、重な騎手。
ライスシャワーグラスワンダーロベルト血統だというのも、
絶対王者を破る印をより色濃くしたんじゃないのかな?
4 ななしのよっしん
2018/11/23(金) 02:17:47 ID: sBieOQAAXt
毎日王冠ススズなんとか負かしにいったり
勝負師的な側面を持つ最後の世代の騎手だったんじゃないかな