皿うどん単語

サラウドン

皿うどんとは、長崎県郷土料理である。

概要

うどんという名前がついているが、細い麺を使った皿うどんは中華料理のかた焼きそばの「炸麺(ジャーメン)」に近い(太い麺を使った皿うどんは同じく中華料理の「炒麺(チャーメン)」に近い)。

発祥地は長崎で、明治32年(1899年)創業の「中華料理 四楼」だといわれている。この店の初代陳順が、長崎に住んでいた中国人学生のために安くて栄養満点のちゃんぽんを考案し、そのバリエーションとして皿うどんが作られ、そこから長崎名物として定着した。

皿うどんの麺には細麺と太麺の二種類があり、細麺は事前に油で揚げてパリパリにし、太麺は中華麺(ちゃんぽんの麺)を蒸すかゆでて使用する。細麺はあんかけにし、太麺は他の具材と一緒に炒めるのが一般的。長崎以外の地域の人は皿うどんといえば細麺のイメージが強く、中には太麺の存在を知らない人もいる。

長崎では大人数分を注文し、各自皿に取り分けて食べることが多い。また、甘めの味付けになっているため、ウスターソースをかけて食べる人が多い。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9A%BF%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

皿うどん

1
◆ZSuppoRtAs 2018/01/31(水) 23:52:34 ID: VwXs3fHfF2
大好きです。