益田直也単語

マスダナオヤ

益田直也(ますだ なおや、1989年10月25日-)とは、和歌山県出身のプロ野球選手1488km/hを投げれる投手)である。現在千葉ロッテマリーンズに所属。

概要

和歌山商業時代は内野の控え選手だった。当時の同級生女子プロ野球選手の川端友紀がいる。

関西大学に進学後、投手に転向。ツーシームを覚えて先発リリーフの両方でフル回転し、ベストナインにもいた。

2011年ドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズに4位で名され入団。背番号52

ロッテ時代

2012年オープン戦から結果を残し、同じルーキー藤岡貴裕中後悠平とともに開幕一軍入り。カルロス・ロサの不調や伊藤義弘の離脱もあって、開幕からセットアッパーに抜されフル回転する。前半戦ではリーグトップホールド数を挙げ、オールスター出場も果たした。結局そのままシーズンを通してセットアッパーとして投げ続け、新人の最多登板記録を更新する72試合登板、2勝2敗41ホール1セーブを挙げ(41ホールドはリーグ2位で新人記録を大幅に更新)、武田翔太(現:福岡ソフトバンクホークス)を制して新人王タイトルを獲得した。


2013年薮田安彦内竜也の故障に伴いクローザーに君臨。3月4月は10救援で0.00との如き活躍を見せたが、段々ほころびが出るようになる。最終的には33セーブ最多セーブ投手タイトルを獲得、防御率2.76という成績を残すが、救援失敗は12、6敗するなど劇場投手の成績になってしまった。また埼玉西武ライオンズ東北楽天ゴールデンイーグルスとの相性が悪く、更にはKスタ宮城ではバッティングピッチャーと化すなど、相性によるムラが顕著に出た。


2014年は右肘の違和感で開幕に間に合わず、その間に西野勇士クローザーに定着してしまったためセットアッパーに回る。52試合に登板して7勝3敗1セーブ23ホールドの成績を挙げたが、5失点が2回、4失点が1回、3失点が3回と打ち込まれるときは盛大に炎上し、防御率は4.94に終わった。


2015年は開幕から前年の不調が続き、交流戦終了時点で防御率7.27と投げれば打たれる状態であったが、その後復調。交流戦終了後は防御率2.36と別人のような好投を見せ勝ちパターン中継ぎに復帰。シーズントータルでは51試合に登板し3勝2敗11ホールド。一時は7点台だった防御率も3.91にまで良化させ、ここ数年の不調からの脱却を感じさせる一年となった。


2016年中継ぎを務め、防御率0点台と絶好調。強リリーフの一を担う。6月まではセットアッパーを務めていたが、内竜也西野勇士らの相次ぐ離脱により7月からは3年ぶりにクローザーにまわった。怪人が続出したリリーフにおいて南昌輝と共に最後まで一軍に残り続けトータル61試合登板 3勝2敗14セーブ 防御率1.83と抜群の安定感を見せた。


2017年は前年に引き続きクローザーを任されたが、開幕から打ち込まれる試合が多く5月には内竜也に守護の座を譲り中継ぎに転向。中継ぎ転向後も不安定な投球が続き、0勝4敗9セーブ6ホールド、防御率5.09と大きく数字を落とした。また38試合登板に留まり入団以来続いていた50試合登板ストップした。


2018年は前年の不振から脱却。リーグ2位70試合に登板し2勝6敗3セーブ17ホールドを挙げ、松永昂大と共に不振のリリーフを支えた。9月5日北海道日本ハムファイターズ戦で通算400試合登板を達成した。

プレースタイル・人物

ドラフト補の関西際大・益田失点

 「プロ大学交流試合 阪神4-2阪神リーグ選抜」(12日、鳴尾浜

 ドラフト補の益田直也投手(4年=関西際大)が、阪神リーグ選抜の先発として阪神二軍)とのプロ大学交流試合に登板。威ある直球を軸に2回を2安打失点、2奪三振に抑えた。クリーンヒットは1本もなく、視察した阪神山本スカウトは「面投手直球1471488キロは出るし、にもう一回見て」と評価。西武ロッテなどのスカウトも投球を見守った。

との記事が載り、「最速1488キロ投手」として一部で話題になった。なお、当該記事exitは結局修正されずにプロ入りから1年以上経ってから削除された。

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2012年 ロッテ 72 0 0 0 2 2 1 41 .500 75.1 19 57 25 14 1.67
2013年 68 0 0 0 2 6 33 9 .250 62.0 16 66 24 19 2.76
2014年 52 0 0 0 7 3 1 23 .250 51.0 16 57 28 28 4.94
2015年 51 0 0 0 3 2 0 11 .600 53.0 21 42 23 23 3.91
2016年 61 0 0 0 3 2 14 21 .600 59.0 16 36 13 12 1.83
2017年 38 0 0 0 0 4 9 6 .000 35.1 15 29 20 20 5.09
2018年 70 0 0 0 2 6 3 17 .250 64.1 30 61 26 22 3.08
NPB:7年 412 0 0 0 19 25 61 128 .432 400 133 348 159 138 3.11

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9B%8A%E7%94%B0%E7%9B%B4%E4%B9%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

益田直也

1 ななしのよっしん
2012/03/23(金) 01:53:51 ID: SOMGDs3UoU
藤岡中後が話題になりがちだが期待してる
2 ななしのよっしん
2012/03/25(日) 00:52:06 ID: up/Imoy1RA
中後とともに開幕一軍勝ち取りか
他球団ファンとしては羨ましいばかりだ
3 タマノーア
2012/03/31(土) 20:44:57 ID: xsC8M5wIh4
群馬の守護者藤岡、終身名誉地雷オリックス中後Max1488キロ投手益田
今年のロッテの新人投手ヤバすぎだろww
4 ななしのよっしん
2012/04/12(木) 22:20:00 ID: Q7Q0wV1kdE
いい投手だか使いすぎてつぶさないように注意してほしい。
ロサの状態が上がらない以上仕方ないけども
5 ななしのよっしん
2012/05/17(木) 10:11:07 ID: /40gpT3Swv
5月時点で全球団中最強クラスセットアッパーになってる件
6 ななしのよっしん
2012/07/03(火) 21:59:32 ID: /7YUmBZ/3C
はたして1488km/hを捕球したキャッチャーはどうなってしまうのだろうか
7 ななしのよっしん
2012/07/26(木) 21:48:04 ID: cARL9lggtp
>>6
硬式球(145gで計算)、初速1488km/h→413.3m/sで計算したところ
12384.225J(ジュール)と出た。

すなわち、キャッチャーは受けた片になる、
というか投げた間にソニックブームが起きて
周囲にも何らかの影が出る。
8 ななしのよっしん
2012/07/27(金) 21:59:49 ID: cARL9lggtp
追伸
参考程度に…
対物ライフル用(12.7×99mmNATO弾)の
エネルギーは約17000~20000Jほど。
9 ななしのよっしん
2012/11/11(日) 10:34:38 ID: AOgpN5LrT5
速い球はもちろん、シンカーも良い

先発転向あるかなー?
10 ななしのよっしん
2012/11/20(火) 22:55:50 ID: wgZYXQWqi+
新人王おめでとう
今年は使われすぎた感が強いけど、不安定なリリーフをしっかり支えてくれた。
来年も故障に気をつけて頑ってほしい