編集  

盾の勇者の成り上がり単語

タテノユウシャノナリアガリ

盾の勇者の成り上がりとは、アネコユサギによる日本ライトノベルである。

概要

2012年から現在小説投稿サイト小説家になろう」にて連載中。

2013年からMFブックスKADOKAWA)より書籍化。2014年3月号より『コミックフラッパー』(KADOKAWA)にて、屋球による漫画版が連載されている。

2017年6月22日作者マイページにてアニメ化企画が進行中exitである事が発表された。

MFブックスでのアニメ化は初でありMFブックスアニメ化第1弾となる。

2017年7月1日カリフォルニア州ロサンゼルスのコンベンションセンターで開催された「Anime Expo 2017」でイベント初日となった1日、会場メインホールに設けられたKADOKAWAブースにて、一挙4作品内の発表の中でアニメ化される事が発表され、海外向けPV制作スタッフともに発表された。

2018年8月9日ティザービジュアルイントロダクションキャラクター設定画・メインキャスト制作スタッフが発表された。

9月2日メインキャラクター設定画とPV第1弾が開され、2019年1月よりTVアニメ放送開始され、また、海外の配信サイトCrunchyroll」にて、字幕版と吹き替え版のサイマル配信も決定した。 

2018年12月8日YouTubeにて『盾の勇者の成り上がり生放送特番exitが行われ、第1話は1時間SPなのと、連続2クールで放送。第1話特別先行配信・放送される事と、第2弾PV・追加キャストが発表された。

海外でも人気であり、現在19巻まで刊行されているシリーズ累計330万部突破の人気作品である。

ストーリー

大学生生活を送り図書館で手に取った本を捲っていくと真っ白ページがあり、岩谷尚文は突如、勇者として異世界に召喚され、そこには先に、他にも既に召喚された勇者天木錬、勇者勇者北村元康も召喚されていた。国王より世界に混沌をもたらす炎厄。「波」(次元裂から魔物が大量に這い出てくること)から世界を守ることを命ぜられた4人は、それぞれの武器を鍛えるため供を連れてをすることになるが、尚文の供になったのはマインのみであった。しかし、マインはすぐに裏切り、尚文は冤罪をかけられ、名銭を失った尚文は1人でに出るが、と装備を奪われた為、攻撃勢として奴隷の亜人の少女であるラフタリアを買い、2人でを始めて行くーー。

登場人物

岩谷尚文(いわたに なおふみ) CV:石川界人
主人公勇者20歳の大学生。ふと図書館で手に取った本の白紙ページに吸い寄せられるようにして、この世界に召喚された。そのため、4人の勇者の中では一番異世界にいるという現状を理解し、冷静に見つめている。勇者に課せられた制限により、武器を使うことができない。そのために最強の防御を誇るが、攻撃い。最初にの共となったマインの手によって性的暴行の汚名を着せられ、身一つ(と)でこの異世界に放り出される羽となった。このため、人間不信に陥り、本来の穏やかな性格はんで冷徹となり、食事の味を感じることができないなど精にも不調をきたしている。奴隷商の紹介で買ったラフタリアを始め、次なる「波」へ対処するために自らと彼女レベルアップしようと「成り上がり」のすことになる。
ラフタリア CV:瀬戸麻沙美
ヒロイン。亜人の少女。前の「波」によって現れたモンスターに両親を殺されて流浪の身となっていた。奴隷商の紹介によって尚文に買われる。当初は幼く、全く戦闘力がなかったが、やがて尚文と共にレベルアップしていくことになる。
フィーロ CV:日高里菜
フィロリアルという魔物。幼い少女の形態をとっている。ある方法で奴隷商から尚文が手に入れた。
天木錬(あまき れん) CV:松岡禎丞
勇者16歳勇者の中では最年少。尚文たち他の勇者とは違う世界線日本から来た。いわゆるVRMMOが存在する世界の出身で、そのゲーム世界に来たと思っている。理知的だが自尊心が高く他人を見下しがちで、冒険もソロプレイを好む。
北村元康(きたむら もとやす) CV:高橋信
勇者21歳の大学生。尚文たち他の勇者とは違う世界線日本から来た。この異世界とよく似たネットゲームプレイヤーで、そのゲーム世界に来たと思っている。4人中最もイケメンで最も女好き。しかし、逆の意味で女には弱く、悪女には利用されやすい。
(かわすみ いつき) CV:山谷祥生
勇者17歳高校生。尚文たち他の勇者とは違う世界線日本から来た。この異世界とよく似たコンシューマーゲームプレイヤーで、そのゲーム世界に来たと思っている。正義感が極めて強い。しかし、時にそれが自己顕示欲に化けるきらいがある。
メルティ CV:内田真礼
フィロリアルの群れの中で尚文が出会った少女。年相応の子供っぽさが立つが、生で人との繋がりを大事にする実さをもつ。なにか重大な秘密を持っている模様。
マイン CV:ブリドカットセーラ恵美
最初の冒険に出ようとする時、も尚文と組みたがらなかった中で一積極的に尚文の仲間となった女性。尚文に対して好意的に接しているように見えたが、彼の品と装備を根こそぎ奪い取った上に「性的に暴行された」との訴えをして陥れる。しかも、元康の影に隠れながら尚文に嘲笑をして見せたことで、彼の人間不信を決定づけることになる。
オルトクレイメルマルク32 CV:仲野裕
尚文たちが召喚された異世界メルマルクの王。マインの訴えをなぜか全く精せず、他の勇者たちの同調を誘って尚文を犯罪者と決めつけて追放してしまう。
エルハルト CV:安元洋貴
尚文がマインと一緒に最初に装備の買い物をした武器屋の店。まともに着るものもないまま放り出された尚文を見て、事態を察し、彼に償でをやる(あとで尚文は代を払った)などする。尚文にとっては数少ない信頼できる人物。
奴隷 CV:緒方賢一
ソロプレイでの冒険に行き詰まり、困っていた尚文にをかけた怪しい男。奴隷としていくつかの亜人を紹介するが、ラフタリアを選んだ尚文の利きの良さにほくそ笑んでいた。

テレビアニメ

2019年1月より放送中。

スタッフ

原作 アネコユサギ
原作イラスト 弥南せいら
監督 保孝雄
シリーズ構成 小柳
キャラクターデザイン総作画監督 諏訪
デザインリーダー 高倉武史
デザインアシスタント 和田
モンスターデザイン
アクション設計 黒田
プロップデザイン 杉村
色彩設計
ビジュアルアドバイザー 増山修
美術 木下 / 西口智子 / 明石
3DCGディレクター 越田
2Dアーティスト hydekick
モーショングラフィックス 上村秀勝
撮影監督 梶原幸代
編集 須藤
制作 グロビジョン
音響監督 郷文裕
音楽 Kevin Penkin
音楽プロデューサー 飯島 / 植村俊一
アニメーション制作 キネマシトラス

主題歌

オープニングテーマRISE
作詞作曲MADKID / 編曲MADKID北浦正尚 / 歌:MADKID
エンディングテーマ「きみの名前」
作詞藤川千愛高橋 / 作曲大畑拓也 / 編曲龍太郎 / 歌:藤川千愛

放送局・配信サイト

放送局 放送開始日 放送時間 備考
AT-X 2019年1月9日 水曜 22:00~22:30 ピート放送あり
TOKYO MX 水曜 25:05~25:35
KBS京都
サンテレビ 水曜 25:30~26:00
BS11
テレビ愛知 水曜 26:35~27:05
TVQ九州放送
配信サイト 配信開始日 配信時間 備考
ひかりTV 2019年1月9日 水曜 22:30 独占先行配信決定
dTチャンネル
ひかりTVチャンネル
2019年1月14日 月曜 21:00
AbemaTVexit 2019年1月16日 水曜 24:00 最新話1週間無料exit
(※リピート放送ありexit
ニコニコチャンネル
ニコニコ生放送 2019年1月26日 土曜 23:30
2019年1月17日〜 毎週金曜に配信開始
dアニメストア GYAO! Hulu U-NEXT
アニメ放題 NetFlix バンダイチャンネル Amazonプライムビデオ
J:COMオンデマンド DMM.com 楽天TV テレビオンデマンド
ビデオマーケット ムービーフルPlus HAPPY! 動画 auビデオパス
PlayStation®Store - - -

各話リスト

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 動画
第1話 勇者 小柳 保孝雄 垪和等 世良コータ/山村俊了/山本善哉
大高雄太/谷口義明
井重紀/飯飼一幸
動画

関連動画

公式チャンネル

関連生放送

関連商品

小説

コミック

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9B%BE%E3%81%AE%E5%8B%87%E8%80%85%E3%81%AE%E6%88%90%E3%82%8A%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%82%8A
ページ番号: 5540944 リビジョン番号: 2660163
読み:タテノユウシャノナリアガリ
初版作成日: 18/09/05 00:11 ◆ 最終更新日: 19/01/17 17:35
編集内容についての説明/コメント: キャラの簡易な解説を追記、ドギツすぎる配色を直しましたがいかがでしょうか
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

盾の勇者の成り上がりについて語るスレ

134 : ななしのよっしん :2019/01/19(土) 21:17:58 ID: MzqYKfpQn6
2話までみたけど他の勇者らがまったく不審におもわなかったことと王様が調すらしないで追放したことと、前提の「女性優位」のということからあれが常識なんだろうな、3者はあのゲームの中でそういうことはPK相当なものだと知っていたんだろうぐらいはさっせたが、この後にそれっぽいシーンがないとだめだわな。まぁOPでいかにもなのがあるから期待はしてる。
キノでいう女性
135 : ななしのよっしん :2019/01/19(土) 22:05:19 ID: dTHpYyJgjO
>>127
ぶっちゃけなろう系全体にその傾向あると思うけどな。
136 : ななしのよっしん :2019/01/20(日) 00:01:58 ID: Bqbi7pTy6H
女の言だけで有罪っての、日本でもつい最近あったし
タイムリーだわ
137 : ななしのよっしん :2019/01/20(日) 00:48:50 ID: oB8e3zr5P0
>>134

ネタバレになるが、には一応の理由がある。どっちも馬鹿々々しいが。
そしてに理由はない。そして尚文を擁護する理由もない。
王様の調も理由はある。女性優位・・・だったか?
まあ、王様が純王様じゃないとだけ。いや王には変わりないんだけども。
138 : ななしのよっしん :2019/01/20(日) 01:33:45 ID: MzqYKfpQn6
>>137
↑の人物紹介みれば大体予想つくけど以外は長いものに巻かれろというか女性当て、見下すためとかそういう感じか。どっちにしろあの場で擁護しても自分にはまったく利がないから回りにあわせておくのが難。
女性が優遇されるで修めてるのが女王じゃないっていうとこもひかっかってるからなんかあるんだろうなぐらいはわかってるつもり。

2話では亜人の優しいという伝承とか、王様あからさまスルーとか、期待していない以外にもなんか根っこに理由ありそう。
139 : ななしのよっしん :2019/01/20(日) 08:01:45 ID: tnTHyLrpXv
女性強姦被害をでっちあげることは考えがたい」

これが日本の裁判官の言葉だぜ?
現代日本の裁判官ですらこうなんだから、中世国家が女の発言みにしても違和感ない
140 : ななしのよっしん :2019/01/20(日) 09:26:17 ID: Y4uoelFqQI
関連項MF文庫Jがあるけど
MFブックスじゃないの?
141 : ななしのよっしん :2019/01/20(日) 13:35:37 ID: dTHpYyJgjO
>>139
>現代日本の裁判官ですらこうなんだから、中世国家が女の発言みにしても違和感ない

……。さすがにこの論理には突っ込んどくけど、人間の歴史上、昔の方が基本的に痴漢強姦には甘いぞ。今でも先進国の方が厳しくて、後進国の方が甘い。

フェミぶるつもりはないけど、女憎しでわけわからない論理になってる。
142 : ななしのよっしん :2019/01/20(日) 15:44:50 ID: tnTHyLrpXv
>>141
しっかり捜、聴取するはずの現代法ですらこの様なんだから、中世世界ならもっと適当な捜で終わりでしょって話だよ
あと女憎しとか勝手にエスパーするのやめてくれる?
143 : ななしのよっしん :2019/01/20(日) 16:37:59 ID: dTHpYyJgjO
>>142
>>139の文章を読む限りそうは受け取れなかったわ。
中世の裁判はもっと適当だったから違和感ない」と書いてくれれば分かるけどね。

一応、この作品設定として本来の中世とは異なり、女性優位の社会という設定には触れておく。つまり、上で他の人たちが書いてるように、現代に生きる々が、違和感を感じることは決しておかしくはないんだけどな。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス