真実単語

シンジツ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

真実とは、ありのままの様子。や偽りがない様子のこと。

概要

真実は、全体から考えて本当の事をす。

事実と真実と現実は同じところにあったり別々の場所に散在したりいろいろと面倒である。事実を否定したり現実からをそむけたりして、真実を別の場所にめるものもいる。実際にどちらが「正しい」のかを一概に決定する手段はない。たまに真理になる。

インターネットの真実

インターネットにおいては騒音おばさんの真実創価の真実→sm3313374のような使い方をする。

名前の真実

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9C%9F%E5%AE%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

真実

123 ななしのよっしん
2019/04/27(土) 00:43:11 ID: mDZ4kEAJme
でっち上げでも真実だとすればいつしか真実になる。事実でも否認して揉み消せば「真実ではない」ことになる。
世間ががなり立てる「真実」からも見放された人間なんてたくさんいるわけでね。だから真実という言葉は大嫌いだ
124 ななしのよっしん
2019/04/27(土) 15:14:26 ID: 5a3fxa7nnN
真実はいつも残酷だ、それは認め難くもある。
だが、それが真実というものだ!
を開けろ!を逸らすな!!これが真実だ!!!
お前にとっても!
お前にとっても!!
お前にとっても!!!

そして、検証者はく。
それは私にとっても真実なのだと!!
125 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 03:38:21 ID: YcXC189/xW
大部分の人にとって都合の悪いことほど真実に限りなく近く
大部分の人にとって都合の良いことほど偽に限りなく近い

そして大衆はいつでも都合の良いが大好きだ
126 ななしのよっしん
2019/05/20(月) 10:42:37 ID: GO1mU3OAcq
まさに角川
127 ななしのよっしん
2019/05/31(金) 08:17:25 ID: 46xDJDBlQg
真実が意のままに
128 ななしのよっしん
2019/09/07(土) 04:42:31 ID: O8y85cKO2y
始まりはにも益のある部分から発掘される。
だがやがて、徐々に醜悪な部分だけが残っていく。
そして最後にはにとっても不都合な部分が残るだろう。
129 3543
2019/10/09(水) 21:56:15 ID: JDK8D5nICU
不都合で、醜くて、残酷な物こそ真実だ、みたいのも結局、「醜い物からを逸らさない、精に強くて、現実見抜いてる賢いカッケ―」という幻想が生んだ代物な気がするがな。

そもそも美醜なんて人の主観コロコロ変わる代物だし、そんな物に沿って真実があるとは思えないし。
130 ななしのよっしん
2019/10/12(土) 23:19:28 ID: O8y85cKO2y
ポジティブ思考と人間自然本来の気質や認知システムを至上とし、各所で人間の性質を援護して回ってる3543氏からすれば真実が醜いってのは理解出来んだろう。

真実の定義に、どの人間に認知可で好ましい物って一文が入ってるだろうから。

人間は心理的に好ましい説を信じるってのは各所で散々言われてきた事で、その好ましさを破壊する真実は大抵醜く映るだろうって話なのだが。
論全ての真実を俯瞰すれば美しい部分もあるだろうが、美しい部分ばかりにを向ける人が多いから、「人類が信じている真実像」より「実際の真実像」が醜くなるという事だ。
この場合の人類とは「相対的多数」の事。
しかも相対的に醜く、自分に不都合な事があると理解していても同じ轍を踏む人が多いから、「真実は醜いと思い込んでいる人の醜さレベルすら下回る」とも言える。
131 ななしのよっしん
2019/10/22(火) 18:14:24 ID: RQ+KEBTabv
お前真実事実現実を混同してるだけだろ

真実は「個人が信じている現実像」であって
心理的に好ましかろうが醜かろうがその説を信じるなら事実であれ虚構であれ当人にとってはそれが真実で、
その説への信仰が別の説によって破壊されるなら、ただ真実を上書き保存しただけ

そして「個人が信じている現実像」なので人の数だけ存在するから
事実の美醜など関係なく「実際の真実像」なんてものは存在しない
132 ななしのよっしん
2019/10/23(水) 03:55:36 ID: O8y85cKO2y
混同も何も、一部の義者が「世界像」あるいは「世界像の一部」と言う意味、用法を現実事実真実それぞれでお互いに押し付けあっているのだが。

少なくとも現状、辞書にはこうあるし、これが最も「世界像」、あるいはその一部という意味に近いと妥協する他にない。
それに利用者を見る限りその意味で用いている例が多い。
仏語。仮でないこと。永久にかわらない絶対究極のまことのもの。また、そのようなさま。しんじち。
※法(7C前)一「真実者。謂二今日一一。一当実非レ虚。故称二真実一也」 〔勝鬘経‐真実義功徳章〕

急上昇ワード

2019/12/13(金)04時更新