真希波・マリ・イラストリアス単語

マキナミマリイラストリアス
  • 26
  • 0pt
掲示板へ

真希波・マリ・イラストリアスとは、劇場アニメヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズの登場人物である。CV坂本真綾

概要

真希波・マリ・イラストリアス

姓は大日本帝国海軍夕雲型5番艦『巻波』に由来する。海上自衛隊あやなみ』護衛艦には同艦DD103『あやなみ』DD106『しきなみ』DD112『まきなみ』がある。名前はイギリス海軍アロガント級戦列艦、フェイム級戦列艦、イラストリアス空母1番艦R87インヴィンシブル級空母2番艦R06『イラストリアス(illustrious)』に由来する。illustriousは"傑出した、かしい、優れた、々しい、高名な、秀抜な、著名な"を意味する。

新世紀エヴァンゲリオンシリーズメインキャラクターの中で一、新劇場版で初登場した登場人物。フレーム眼鏡を掛けた、茶髪ツインテール少女アスカ同様、EVAに搭乗しない日常生活でもEVA用頭部インターフェイスを着用している。

ネタバレ注意 ここから下の記述は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
以下は自己責任の下で読み進めてください。

このことは他言無用ね!

最初に姿が開されたのは、新劇場版シリーズの第一作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』のスタッフロール後にあった「次回予告」においてであり、「が飛ぶ見つめて物憂げな表情を浮かべる、眼鏡をかけた少女」というわずか2カットのみの映像であった。この時点では名前も含めてその他一切の情報開されておらず、ファンの間では「の新キャラクター」としてざわつきがあったという。
その後、第二作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の開までの間に名前などが開された。

その第二作『破』では仮設5号機の専属操縦者として初めて本編中に登場したが、同作のアバンタイトルで第3使徒とともに仮設5号機が爆発マリ爆発直前に脱出)してしまった。
その後、何者かの示によって第3新東京市にやってきて、碇シンジ邂逅する。
式波・アスカ・ラングレー3号機の起動実験の際の出来事により物語から一時退場した後には、2号機の操縦者として登場し、なぜか知っていた「ザ・ビースト」という裏コードを発動させて2号機を変形させる。
同作内では使徒との戦闘を楽しむような様子を見せており、また初対面時のシンジの匂いをかいだり、シンジの事を「ネルフワンコくん」と呼ぶなど、やや奇矯とも言える言動を見せていた。

劇場版第三作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』においてはネルフに反抗する組織「ヴィレ」の一員として、8号機の操縦者として登場。同作は前作から十四年の歳が経過していたが、アスカとともに14歳の外見のまま変わらない姿であった(アスカく「エヴァの呪縛」)。
アスカとはある程度打ち解けた関係になっているらしく、マリアスカを「お様」「」と呼び、アスカマリを「コネメガネ」と呼んでいる。「コネ」が何をすのかについては不明。
シンジに対してはアスカやヴンダー乗組員たちの様に敵意を見せる事こそかったが、さりとて肩入れしたり同情する素振りを見せたりもせず、積極的に関わろうとするシーンはあまりなかった。
但し終盤においてはカヲルを失ってショック状態にあるシンジを叱し「ついでに、ちょっとは世間を知りニャ!」の言葉と共にシンジを救出している。
本作中では碇ゲンドウのことをなぜか「ゲンドウくん」と気安い呼び方をするという不思議な言動も見られ、また「綾波レイ」に対して「あんたオリジナルは、もっと想があったよん」とりかけるシーンもあった。

なお、この『Q』の開の少し後には、貞本義行による漫画版『新世紀エヴァンゲリオン』の単行本最終巻が発売された。この最終巻には単行本描き下ろしの特別話として「EXTRA STAGE 夏色のエデン」が巻末に収録されており、1998年京都舞台に、ゲンドウやユイと同じ研究室に所属する16歳少女にスポットが当たっている。
ゲンドウのことを「ゲンドウくん」と呼ぶこの少女は、作中でユイに好意を寄せるようになり、同作終盤ではユイの手でを結び眼鏡をかけてもらう。その姿は新劇場版での「真希波・マリ・イラストリアス」に酷似したものとなっていた。そしてラストにおいて、この少女の名前が「希波マリ」であることも明かされるのだった。
この「夏色のエデン」が『ヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズとどの程度世界観を同じくしているのかは不明ながら、「ゲンドウくん」「あんたオリジナル(=碇ユイ)」という『Q』作中での不可思議な台詞を説明しうるものだったため、考察材料にするファンも居た。

ネタバレ注意 ここから下の記述は、作品の最終盤に関する重要なネタバレを含んでいます。
以下は自己責任の下で読み進めてください。

劇場版第四作『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』においては、前作に引き続きヴィレ所属の8号パイロットとして登場。ネルフの策謀を阻止するために戦った。
同作中ではマリ冬月コウゾウと対面するシーンがあるのだが、敵である冬月に対しマリから親しげに話しかけており、冬月からは「イスカリオテのマリア」と意味深な名前で呼ばれているなど、旧知の仲であった事が示唆されている。冬月ユイやゲンドウが所属していた研究室の教員であったため、上記の「夏色のエデン」を踏まえて「冬月やゲンドウとマリは研究室時代からの面識があるのでは?」という考察をしているファンもいる。

最終決戦後、仲間たちを送り出したシンジの元に自らが操縦するエヴァに乗って駆けつけ救出。
そして作品最終盤、エヴァンゲリオンの存在しない世界において大人になった二人はの中で再会し、マリシンジの首に残っていたDSSチョーカーを外す。
軽口を叩きあった後、シンジマリの手を引きながら、からへと駆け出していく。


関連お絵カキコ

EVANGELON仮設伍号機搭乗、交戦中のマリマリ「メガネメガネ」身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

関連動画

関連商品

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 26
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9C%9F%E5%B8%8C%E6%B3%A2%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

真希波・マリ・イラストリアス

558 名無しさん
2021/06/11(金) 23:24:28 ID: ycJFXjYjgy
>>557続き
では何故希波マリクローンを作る事になったのか?
あくまでも個人の考察になります。
ユイは最初から最終決戦舞台マイナス宇宙になると予測しておりユイの願いは
1.シンジが円環世界から人類を救う。ネオンジェネシスの発動。
2.最後にシンジを助ける事。
ネオンジェネシス発動時に身代わりになったのはシシンジを助ける為だがマイナス宇宙からの脱出は1人では不可能ネオンジェネシス代行後はユイでは実行不可。
・その為ユイの最後の願いシンジマイナス宇宙から救出する事を冬月オリジナルマリに託したと考えています。
※ですがマイナス宇宙突入し救出するという事はエヴァでないと向かう事が出来ない。
※新劇版でのパイロット条件で14歳縛りはないが少なくともリリンが乗り込む為には子供でないと乗れない可性があります。
シンでゲンドウが13号機にのっていたのはネブカドネザルの鍵で人外になっていた為ではないかと。
(そもそもエントリープラグで乗っていないしすでにカヲル再構成とシキナ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
559 名無しさん
2021/06/12(土) 00:03:08 ID: ycJFXjYjgy
>>558続き
ユイの願いを聞いたのは初号機ダイレクトエントリー後に遺言的に聞いたと思います。この時すでに冬月オリジナルマリ大人になっていた為エヴァには乗れません。
※Qおよびシンベビーシンジを抱いている写真に写っているメガネ女性オリジナルマリで願いを知ったのはこの写真の後と考えます。
オリジナルマリユイの願いをかなえる為にエヴァに乗れる、それも確実に計画を遂行出来る様好戦的な性格と自身の知識をクローン体に実装し乗れる年齢とされる14~18歳くらいの身体で誕生したのが希波マリイラストリアス
・破で加持さんが「お前問題児」発言は行動ではなく出生がアスカ達と違い子供の状態で生まれず精的成長に遅れがあったからでをよく使うのはこの為。
・生まれたとき既にエヴァに乗れる身体であったにもかかわらずやっとのれた発言はこのことがあるからと考えます。
・本来ならオリジナルと対面しユイの願いを伝える予定であったが人類保管計画の裏切り行為でもある為ゼーレにオリジナルは処理されてしまった。
・破での希波マリ・イ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
560 名無しさん
2021/06/12(土) 00:46:12 ID: ycJFXjYjgy
>>559の続きというか補足
・加持さんの問題児発言はゼーレの人類保管計画に背いた(ユイの願いは人類保管計画ではい)クローンであるからとも言えます。事故として処理される予定の第3使途戦まで乗れずにいたとも考える事もできます。
ラストDSSチョーカーを外すシーンについて。あのシーン現実世界移行中で姿が大人になっているのはその為で、改札外でエヴァ現実新世界と考えています。
チョーカーを外した人物がカヲル君マリのみで使途なのでは?と最初は考えました。ですがもし最終決戦エヴァパイロット以外が戦死してしまった場合、エヴァに乗ることがくなった後もチョーカーを外す術がくなってしまいます。
なので一定時エヴァに乗らなくなる、もしくは覚醒リスクがないとチョーカーシステムが検知したら外せるという設計になっているかと思います。もしかしたら自分で外せないだけで他者であれば簡単に外せる設計なのかもしれません。
※基本的にはエントリープラグは1人乗りなので…ってかシンで2人乗りしてますが…(;'')
561 ななしのよっしん
2021/06/15(火) 07:25:02 ID: 4BZh3TeU97
US作戦時にシンジに思い出して貰いたいから出会った時の制服で行こうとするって自由な女と同時に乙女なところがあるのは意外だった。
実際辺の時の格好は制服姿だったし。
違う匂い&いい匂いで出会った時点でお気に召してはいたみたいだが。
アスカや自分は長い青春の中にいる発言でエヴァの呪縛を受け入れつつちゃっかり若さ満喫してるのがマリらしい。
562 ななしのよっしん
2021/06/16(水) 00:58:06 ID: wzn433ECFI
シンジは絶対幼少期に「マリちゃんと結婚する!」って言ってるよね
563 ななしのよっしん
2021/06/16(水) 01:02:40 ID: Hwll8BTH1M
安野モヨコの投影って知って冷めた
564 ななしのよっしん
2021/06/16(水) 01:07:31 ID: DCygdrG4yO
岡田デマ捏造を信じるなよ(笑)
565 ななしのよっしん
2021/06/16(水) 01:52:33 ID: wp57r/CLtC
スタッフ巻成分が強いって言っとるで
マリに関しては野はあんまりタッチしとらん
566 ななしのよっしん
2021/06/16(水) 07:21:38 ID: 4BZh3TeU97
シンエヴァでようやく総監督マリに直接役割与えてからのあのラストシーンで夫人に見えるかもしれんがキャラはあくまでも監督が総監督好きそうキャラを念頭に創ったキャラだからマリ=夫人100%モデル説はあてにしない方がいい。
というかした岡田さんは元関係者なだけでシンエヴァでは部外者だし。カラーも部外者は黙れって言うさ
567 名無しさん
2021/06/16(水) 22:08:25 ID: ycJFXjYjgy
公式マリ=モヨコ説否定してますよ!
ってかホントにモヨコだとしたらストーリーが破綻してしまう・・・・