真柄直澄単語

マガラナオズミ

「真柄直澄」(まがら・なおずみ ? ~ 1570)とは、戦国時代越前朝倉に仕えた五尺三寸(約175センチ)の太刀太郎太刀」を振り回す怪力無双の勇将であり、朝倉中でも武勇に優れた猛将。

は「真柄直隆

※「真柄直澄」は史料が少なく、太刀の銘等「真柄直隆」と重なる部分が多い為同一人物とする場合もある。

概要

越前柄荘の人・真柄直隆で、と同じく大無双武士だったとされており、越前千代」作の五尺三寸(約175センチ)の大太刀太郎太刀」で、自慢の太刀を振り回して戦場無双乱舞していた。

その大振りは、足利義昭朝倉を頼って越前に滞在した際に、足利義昭の前で九尺五寸(2メートル88センチ)の斬馬刀の様な大太刀を披露した事があると言われている。

の戦いに真柄直隆と共に参加して徳川家康の軍を相手に戦国無双振りを発揮して戦線を支えたものの、味方が敗走を始めると、それに乗じて追撃を試みる徳軍に対して立ちふさがり、自慢の大太刀太郎太刀」を振るって阿修羅の様な活躍により味方を撤退させる事に成功する。

しかし、真柄直澄自身は、徳の匂坂三兄弟らとの戦の末に尽きて首をとられたと言う。

で共に戦ったのはなのか、そもそも真柄直隆と真柄直澄は同一人物なのではないかといったかたちで話は錯綜しているが、の戦いで柄と呼ばれる武将が参加して徳軍に立ちふさがり、賞賛されるだけの活躍を見せた事は確かである。

真柄直澄死後、自慢の「太郎太刀」は、熱田神宮宝物館に今も所蔵されている。

戦国大戦

「どいつもこいつも、死にさらせぇ!」

として参戦。計略は全く別の「死なばもろとも」。なお浅井朝倉一のコスト2武8
計略は範囲内の敵・味方関係なく、自身の兵が減るとそれに応じて兵が減る。下手に彼にダメージ計略を撃とうものなら巻き添えでこちらも死ぬ。また彼をに進軍しようとして範囲に入って味方も死ぬ、なんてことも。

とにかく癖のある計略。任意で彼を殺せる叛逆計略と組み合わせ、人間爆弾として活用する運用もある。
また兵が下がれば効果が発揮されるので、宝等で最大兵を上げて義を使うと結果的に最大兵が下がるのでそれでもダメージとなる。

関連動画

▼「伊織立志伝」にて戦傷が元で倒れたの代わりに敵として登場した。
 

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける真柄直澄の力一覧。

天翔記以降は、真柄直隆と同一人物説をとったのか登場しなくなった。

軍事 内政
群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 68 戦闘 89 智謀 32 政治 18 野望 44
戦才 158(A) 智才 64(C) 政才 48(C) 58 野望 44
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 智謀 政治 野望
統率 知略 政治
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 武勇 知略 政治

関連コミュニティ


関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9C%9F%E6%9F%84%E7%9B%B4%E6%BE%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

真柄直澄

1 yuli
2010/07/06(火) 14:35:40 ID: 6+Dk9K1KOV
アレ? 直澄は「次郎太刀」じゃなかったっけ?

急上昇ワード