真珠湾攻撃単語

シンジュワンコウゲキ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

 真珠湾攻撃とは、日本時間1941年12月8日アメリカにとっては1941年12月7日)に起きた、日本海軍によるハワイ珠湾への奇襲攻撃である。

概要

 真珠湾攻撃は、日本海軍南雲忠一中将率いる機動部隊(通称:南雲機動部隊)が、アメリカハワイ珠湾に停泊するアメリカ海軍太平洋艦隊および同地に存在した軍基地に対して行った奇襲攻撃である。攻撃は空母から発艦した航空機らびに潜航艇によって行われた。この攻撃によりアメリカ太平洋艦隊は戦の中核である戦艦8隻中1爆沈 3隻が大破着底、1隻が強制座礁残る3隻も損を受けるなど大打撃を被り、戦いは日本軍の圧勝に終わった。

 この戦いと、同時に行われた日本軍による英領マレー半島およびシンガポール攻略作戦マレー作戦)により、大日本帝国アメリカイギリス等の間に太平洋戦争大東亜戦争)が勃発。さらに12月11日にはドイツイタリアアメリカ合衆国に対して宣戦を布告し、それまで欧州だけの話であった第二次世界大戦の戦火が太平洋アジア地域に拡大、文字通りの世界大戦となった。

背景

 1907年以降、日本アメリカ仮想敵の一つと捉え、対戦略の構築とそれを実現するための軍戦の充実を行っていた。その戦法は基本的に漸減要撃であり、日本へと向かってくるアメリカ艦隊に対して航空機潜水艦で攻撃を仕掛けて出血と疲労を強要し(漸減)、ボロボロになりながらも日本まで来たところを戦艦を中核とした艦隊で迎え撃ってく(要撃)というものであった。

 が、1939年日本海軍連合艦隊長官となった山本五十六は別の考えを持っていた。「素く強な一撃を叩きこみ、戦況が有利なうちにさっさと講和する」という短期決戦期講和である。また、この戦略を実現させるのは戦艦ではなく航空機であるという考えも山本は持っていた。これらの考えを基本に、1941年初頭から珠湾に対する航空攻撃の実現可性についての検討が日本海軍内部で行われた。その結果完成した作戦計画に潜航艇による攻撃も加えられて、アメリカ太平洋艦隊を行動不能にさせて西太平洋の制権を握ることを的とした真珠湾攻撃へと繋がることとなる。

作戦の経過

日付と時間は全て日本時間とする。日本時間から1日引いて、4時30分を加えるとハワイ現地時間となる。

1941年11月26日 南雲機動部隊が単冠湾から出撃、ハワイへと進路をとる。
1941年12月2日 大本営から南雲機動部隊に対して12月8日に攻撃を行うよう暗号電文が発信される。
1941年12月7日 潜水艦より特殊潜航艇が発進。
1941年12月8日 (1時30分) 第一次攻撃隊(艦上戦闘機43機、艦上攻撃機89機、艦上爆撃機51機)が発進。
2時40分) アメリカ海軍駆逐艦ワードが不審な潜水艦を発見し攻撃。これを撃沈して艦隊部に報告する。
2時45分) 二次攻撃隊(艦上戦闘機36機、艦上攻撃機54機、艦上爆撃機81機)が発進。
3時19分) 第一次攻撃隊が攻撃を開始。
4時20分) 日本の駐大使と特命全権大使から最後通牒がアメリカ務長官に手渡される。
4時24分) 二次攻撃隊が攻撃を開始。
(8時30分) 日本海軍の攻撃隊が随時帰還。9時頃には南雲機動部隊は日本に進路をとる。
1941年12月16日 帰還する南雲機動部隊の一部が分離し、ウェーク島攻略作戦支援へと向かう。
1941年12月23日 南雲機動部隊が日本に帰還。作戦終了。

攻撃結果

 この攻撃により、アメリカ太平洋艦隊は戦艦5隻、駆逐艦2隻、標的艦1隻が撃沈され、更に戦艦3隻が数カ修理を要する損を受けた。上艦艇以外にも航空機188機が破壊され、155機が損傷を受けた。対する日本側の損は軽微で、未帰還機29機、損傷機74機、未帰還の特殊潜航艇5隻のみであり、真珠湾攻撃は日本海軍の圧勝であった。

その後

 真珠湾攻撃の翌日、1941年12月9日アメリカでは12月8日)、アメリカ合衆国議会は日本と開戦したと宣言。ここに太平洋戦争大東亜戦争)が勃発する。12月10日にはヒトラーアメリカ合衆国に対して宣戦を布告。第二次世界大戦文字通り世界規模の戦いとなる。

 また、真珠湾攻撃により西太平洋の制権を手にした日本軍は破の進撃を行い、南方作戦を成功させた。

余談

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9C%9F%E7%8F%A0%E6%B9%BE%E6%94%BB%E6%92%83

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

真珠湾攻撃

272 ななしのよっしん
2020/01/14(火) 00:27:32 ID: +TlH0nCsa8
戦艦捨て石というアホな後知恵論でも空母基地航空隊も臨戦態勢で待ち伏せさせるよなあ。
最低でも空母は退避させてるし基地の航空機も分散してる、エンタープライズマジで危なかったし航空機だって戦時生産が軌に乗るまでは重な戦

軍事面に限って言えば長敵勢圏に侵入、重要根拠地で敵艦隊に大打撃を与えたことどんだけすごいのかあんま理解されてないんだろうか。実行部隊は条件で称賛されていい話なのに、旧日本軍礼賛の人ですら陰謀論いうからなあ。結果的にケチつけてるってわかってないのかなあ。
アメリカ人がいうのはまだ分かるんだけど(そもそも言い出したのアメリカの反ルーズベルト議員だったのが最初だったような)。

普通に考えてハワイ航空機戦艦部隊だけで空海の連携次第ではまともにやり合えば大敗もあり得るはずだがなあ。
273 ななしのよっしん
2020/02/08(土) 15:29:36 ID: s51L52G+qG
令和のこの時代になってもアメリカ真珠湾攻撃を知っていたなんて言うやつがちらほらいるんか・・・
274 Y
2020/02/11(火) 00:49:09 ID: JPiWjRja9H
日本軍の方が弱いっていうだけで
アメリカガバガバ過ぎ
それでも後に世界最強になれるのは、成長速度
ハンパないわ
275 ななしのよっしん
2020/02/11(火) 16:56:40 ID: I/kyLhHbLZ
そりゃスティネットの本をまだ信じてる人もいるくらいだしねぇ
276 ななしのよっしん
2020/02/16(日) 16:07:29 ID: vLb1MmGiEI
知っててわざと殴らせたのは事実

飛行機が爆を降らせる程度と油断してたらなぜか横っ魚雷を食って軍艦が沈んだんやで
277 ななしのよっしん
2020/02/16(日) 16:34:28 ID: FCwDBI16PC
要するに慢心
278 ななしのよっしん
2020/02/20(木) 18:26:24 ID: +TlH0nCsa8
ほらまた出た、わざと殴らせる。こういうのって攻撃を警予測するのと混同してるんじゃない。

慢心かあ間違ってはない、でも辛辣だが急に発達してた軍事の認識・分析の不足で組織の実不足じゃないか(そんな組織なのは慢心も一因だが)。ちゃんと攻撃が予想されるフィリピンは警してたんだから、後方の安全なハワイの警が緩いのは現場は至極当然仕事、その安全認定が間違ってるのは別問題。

米軍って二度の世界大戦で後追いで参戦したメリット活かせず戦前に準備してないせいでかなり痛いに合ってるんだよなあ。準備万端で予定の戦備が整って参戦できたわけではないから、割り引いて考えなくちゃいかんが、届いた戦訓(せっかくイギリスとかアドバイスしてんだから取り合え)に分析して受け止め取れてばもう少し何とかなったと思う。参戦直後の不手際やgdgdはひどい。

負ければ善して強くの米軍の強みは逆に負けても次勝てばいいんじゃないかと甘えになってる疑惑がある。がないとできないから合理的だろうが責任問題や被害を受ける現場からは負ける前からもっと善しろ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
279 ななしのよっしん
2020/02/20(木) 19:36:36 ID: NzVQXzLsNS
>>274
冷静に考えるとアメリカ2年前まで失業率15だったんだしなぁ
そりゃチート使って賠償地獄抜け出したドイツや存在そのものがチートソ連べりゃ自由経済マイナス面を諸に食らったアメリカ世界恐慌融恐慌のダブルパンチ瀕死日本ガバるのもしゃーない
流石に20世紀前半のこの二カじゃ地が違いすぎるが
280 ななしのよっしん
2020/02/27(木) 09:23:14 ID: MNsWqqvNQ+
>>276
まだこんなアホ陰謀論唱えてるのは
281 ななしのよっしん
2020/03/22(日) 18:52:01 ID: rmJo6xWAnL
ルーズベルトの政敵からもわざと殴らせたといわれたってマジ

急上昇ワード

おすすめトレンド