真田昌幸単語

サナダマサユキ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

真田昌幸とは、日本戦国時代の武将である。一時期、武藤喜兵衛とも。

概要

真田昌幸(1547年-1611年7月13日)は、信濃真田幸隆の三男として生まれた。
幼少時に武田への人質として出され、武田晴信(信玄)の近習として育つ。
その才智と武勇を信玄にされ、武田一族に連なり系が絶えていた武藤へと養子に入り武藤喜兵衛を名乗った。
長篠の戦い真田を継いでいた長男・信綱と次男・が討死すると、三男の幸が真田を継ぐことになり再び真田姓に戻る。

武田勝頼の死によって武田が絶えると、真田織田信長の下へ入る。
しかし、直後に信長が横死してしまい、その後は北条・徳上杉と次々と替え。
最終的には上杉を通して羽柴秀吉に臣従した。
次男の信繁(幸村)はこのとき秀吉の下へ人質として出されている。

秀吉の死後、関が原の戦いの際には信繁とともに石田三成側(西軍)へとつき、上田城にて徳川秀忠軍およそ4万をわずか2千の兵で足止め。
この戦いにより真田の強さが全に広まったのである。
西軍敗退にともない幸と信繁は高野山近く九度山に居を命じられ、幸はその地で病没した。

人物像

幸を表現した言葉として、「小信玄」「が両眼の如し(信玄から)」「表裏の者(くわせもの、秀吉から)」「信玄の懐」などがある。
現代では息子の信繁(幸村)の名が有名となり幸はそのという印が強いが、これはその後の講談などによって付けられたものであり当時の知名度としては圧倒的に幸が上だったと思われる。
謀略・武勇ともに長け、攻戦に滅法強かった。
作りの名人でもあり、上田城のほか崎の新府をも築している。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける真田昌幸の一覧。「チート親子」の親の方である。
軍事 内政
群雄伝(S2) 戦闘 96 政治 89 79 野望 81
武将録(S1) 戦闘 90 政治 86 76 野望 72 教養 78
覇王 采配 91 戦闘 79 智謀 93 政治 92 野望 89
戦才 164(A) 智才 196(A) 政才 180(A) 85 野望 91
戦闘 78 智謀 97 政治 91
烈風 采配 93 戦闘 68 智謀 94 政治 88
世記 采配 88 智謀 86 政治 87 野望 89
統率 88 知略 86 政治 82
下創世 統率 87 知略 86 政治 81 教養 71
統率 97 武勇 76 知略 98 政治 91
統率 97 武勇 76 知略 98 政治  91

関連動画

戦国大戦

「虎のから逃れられると思ったか?」
戦国大戦の彼は2コス、武6統率9とやはり統率よりの武将となっており、武田軍では持っている武将が少ない制圧を持っている。計略は信玄の炯眼。敵の武と統率の変化を全て戻す妨形。範囲は狭いが本人が騎隊なのでそこまで気にはならない。そして効果時間は異様に長い。幸がいるだけでほとんど何もできないデッキもあり、武田メタゲームとしての重要存在となっている。
大抵お館様である武田信玄(瀬田)と一緒に行動しており、武上昇はそれほどでもない瀬田に旗をの弱点である超絶強化を幸で阻止するという役となっており相性が良い。
なお息子幸村も既に戦国大戦で参戦している。ただしBASARAの方で。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E6%98%8C%E5%B9%B8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

真田昌幸

99 ななしのよっしん
2016/11/21(月) 22:24:21 ID: NMX9UxfG7b
「いつも楽しく暴れて生きてるイケイケオヤジ(草刈正雄談)」な真田丸幸はすごい的だったけど、史実をみると、実は幸ってあんまり野心じゃなかったのでは?と思う

平山優氏の午の乱の本でも書かれてたけど、この乱のとき、小笠原貞慶木曽義昌は積極的に領土拡に乗り出してるんだけど、幸はひたすら現領地の維持にしか努めていない。
秀吉真田領の全てを安堵されて以降は、おとなしく臣従しているし
度重なる謀略や手のひら返しは野心ではなく、ひたすら「真田を、領地を守る」ために頭フル回転させているイメージ
100 ななしのよっしん
2017/01/05(木) 01:05:16 ID: ml+BVpcjmt
2006年真田町が上田市と合併する際の条件の1つが、「住所表記に『真田町』を残すこと」だった。

400年後の現在も、住民の心には「真田を守る」という教えがしっかりと生きている。
101 ななしのよっしん
2017/03/31(金) 23:24:58 ID: jz2tmcf8d3
「領地に固執する」という鎌倉時代から伝統の死亡フラグを抱えて生存するには果たしてどうすればよかったのか
それを実現した毛利島津のしたことは割と真田と近いが…
102 ななしのよっしん
2017/04/13(木) 02:14:55 ID: C7E2Uft2QL
最終的に明治維新勝ち組じゃないですかー(
103 ななしのよっしん
2017/10/15(日) 20:57:12 ID: ctiyjS4dtg
>>99
穿った見方はされるけれど、結果的に勝頼に最後まで忠義を貫いていたし、
北条との書状も武田(勝頼)を売り渡すと言うよりは、
勝頼を受けいれて関東方面で武田を遺そうとした流れで理解できる。
実際に信用できない人物であれば、三成や行部が縁戚関係結ぼうとしないだろう。
通すべき筋は通しているからこそ、綱渡りができたんだと思う。
104 ななしのよっしん
2019/02/10(日) 19:40:02 ID: uCMe2/02Of
信長の野望・大志』での真田昌幸の武将グラフィック
https://www.facebook.com/nobunaga.no.yabou.kt/photos/a.1054195091391267/1527439100733528exit
105 ななしのよっしん
2019/07/12(金) 00:27:56 ID: ZACD0O5LPa
幸は信玄と衆道だったらしく、同じ遇の高坂弾正も武田の忠臣

おそらく真田(海野)自体はもともと恨みすらある武田にまったく忠義なんかなかったけど、むしろ幸は個人的にかなり武田に心情的に肩入れしてたんじゃないかと思われる
としては子孫は武田を滅ぼすぐらいになってほしかっただろうけど、最終的に生き残った三男はむしろ武田シンパとして徳と戦ったというのが本当のところなんじゃないかな
なんて思う
106 ななしのよっしん
2019/12/01(日) 14:45:36 ID: oSMhb6L/Sp
>>105
は信玄に見出されているし旧領取り戻せたし、人個々ならともかく真田全体としてなら武田に義理立てしているでしょ?(国衆として保険は掛けてるだろうけど)

実際幸のの信綱は勝頼の代では信濃衆筆頭であり、武田通字である「信」が与えられてる(他だと武田祖代々である馬場信春らい。高坂昌信」は諸説あって信憑性乏しい)忠義ければ処まで破格の扱いにはならないかと
107 ななしのよっしん
2020/04/02(木) 21:19:54 ID: O2IctFPMut
岩櫃に来いと言ったらしいが、
どうやって織田に補足されず新府から岩櫃まで行くのか教えてくれ、絵事だし作り話と見れる。
北条と通じてたにも関わらず忠臣扱いなのが気に入らない、
言っとくが北条と通じることは国衆として生き残るための必要な策だから責める気はない。
108 山本翔太(4408)
2020/04/20(月) 22:59:07 ID: LjC35l7iXm
真田家紋
タイトル:
Twitterで紹介する