眠れる森の美女単語

ネムレルモリノビジョ

眠れる森の美女とは

  1. ヨーロッパの民話、童謡や童話
  2. それを原作としたチャイコフスキーによるバレエ作品
  3. そのバレエを元にしたディズニー映画

である。この記事では3について記す。
元は民話だったものがフランスシャルル・ペローの童話集にまとめられたものと言われる。その後、ドイツグリム兄弟も彼らの童話集に採用した。

概要

1959年開。チャイコフスキーバレエを元にしており、その音楽も使用されている。3人ディズニープリンセスで、その後1989年の『リトル・マーメイド』まで30年間プリンセスものは作られなかった。この作品の悪役(ヴィランズ)であるマレフィセントは人気があり、2014年にマレフィセントを主人公とした同名の映画が作られた。

あらすじ

とある王オーロラという名前のプリンセスが生まれ、王様は盛大な祝宴会を開く。そこに招かれた三人の妖精のうち一人は美しさを、二人素晴らしいプレゼントとして贈る。三人が贈り物の魔法をかけようとしていたとき魔女マレフィセントが現れ、「16歳誕生日の日没までに糸して死ぬ」という呪いをかける。マレフィセントの魔法は強も解くことはできないが、三人妖精が「オーロラは死ぬのではなく眠りにつくだけで、運命の人のキス覚める」と呪いを弱める。

王様オーロラを守るために中の糸を壊し、16歳誕生日まで身分を隠して妖精たちに彼女を育ててもらうことを決める。そして美しく育ったオーロラ16歳誕生日に運命の人とに落ちるが・・・

登場人物

ディズニー映画の設定について記す。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

眠れる森の美女に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9C%A0%E3%82%8C%E3%82%8B%E6%A3%AE%E3%81%AE%E7%BE%8E%E5%A5%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

眠れる森の美女

1 ななしのよっしん
2015/01/03(土) 22:31:18 ID: Cp+WbA0QWe
記事本編キャラ設定はディズニー
2 ななしのよっしん
2017/04/30(日) 20:28:04 ID: 0reJ43ep1q
妖精が正に待ちたまえ君たち状態で吹く
3 ななしのよっしん
2017/10/14(土) 16:54:05 ID: tHLYpSuRN8
この記事では割愛されているけどペロー童話やグリム童話以前にも、イタリアのバジーレが書いた「太陽と月とターリア」というよく似た童話がある。
この話では眠っているを見つけたよその王様が起こそうとするけど何をしても起きず、その美しさに魅了された王様が「の果実を味わう」。
王様が具体的に何をしたかについてだが、その後は眠ったまま妊娠出産している所からお察しだろう。

また、この王様は既婚者で事態を知って激怒した王妃が夫の不倫相手であるとその子供を殺そうとするのだが、ペロー童話では上流階級のお上品な読み物に不倫まずいって事なのか息子を気に入らなかった母親という設定になっている。
4 ななしのよっしん
2018/11/27(火) 23:46:26 ID: 8RzWi+nUjG
>>3
そういえばよく眠り姫の眠りにつくところで「糸の針(紡)にをさして眠る」という説明がされるが、糸の針は太くてっているというほどでもないのになぜ刺さる?と思ったんだが、そのターリアだと「麻糸」が刺さるらしいんだよな。
・・・もしや「大麻を盛られて寝る(死ぬ?)→麻糸で寝る→紡が刺さって寝る」というような変容かな?
5 ななしのよっしん
2018/11/27(火) 23:58:01 ID: 8RzWi+nUjG
ちなみに話変わるが、
グリム童話は「ドイツ民族の童話」として集められたので、初期の版で乗っていても外の話だとグリム兄弟が後で気が付いたりすると削除されているものがある(ペロー童話集にある『』など)。
ところがなぜかペロー童話集の『眠れる森の美女』とまんま同じ内容(ヤーコプ・グリムもこれを摘)なのに『いばら』は最後まで残存しており、なぜ削除しなかったかという理由がすごい
1:この話はドイツ側が本家である、だから外に類似童話があっても載せる。
2:理由はヒロインめさせる部分が(間違いなくドイツの伝承の)『ニーベルングの歌』と似ているから。
3:「つまりいばらブリュンヒルデだった」(話の一部が分離して尾ひれがついた?)
・・・グリム兄弟の発想すげぇw そしていばらイメージが急にストロングに・・・

急上昇ワード

2019/08/22(木)11時更新