石井四郎単語

イシイシロウ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

石井四郎(1892‐1959)とは、日本陸軍軍人および軍医である。最終階級は陸軍軍医中将

概要

千葉県山武郡千代田村にて、大地の四男として生まれ育つ。金沢の第四高等学校を経て京都帝国大学医学部に進み、1920年に卒業。そして陸軍医学校に進み、軍人となった。

1923年には東京第一衛戍病院に勤める陸軍二等軍医だった。この年には関東大震災が起きているが、石井のその際の働きが素らしかったとのことで、東京市が出版した『東京震災録 別』に掲載された「者」の一覧に氏名と活躍内容が掲載されている。その記述によれば、震災発生後に石井は多くの患者の避難揮を成功させ、その後火事病院に迫った際には芭蕉の葉で体を覆いつつ決死の防火活動を倒するまで行うなど、「勇敢機敏にして犠牲的精の発露にして功績偉大」であったとのこと。[1]

後に京都帝国大学大学院にも派遣され、細菌の研究によって1927年医学博士号を取得。さらに同年には当時の京都帝国大学総長の結婚している。[2]

1936年には5月浜松市で起きた大規模な食中毒事件「大福餅事件」に際して、東京陸軍医学校防疫研究室から浜松市に出向き、食中毒の原因追究に協している。

1939年ノモンハン事件においては関東軍防疫部の長として防疫給に活躍した。効果的な濾機を発明し、これは「石井式濾機」として試用された後に実用性ありとみなされ「九八式衛生濾機」として陸軍に制式採用もされている[3]。1941年には「軍衛生に関する研究発明考案」について「陸軍技術有功賞」を授与されている[4]石井式濾器は東京大空襲の際にも救護所において使用されたという[5]

この濾器に関連して、石井個人として複数の特許も取得している[6]。また、他にも「細菌培養」という一時に多量の細菌を培養しうる器具も開発しており、こちらも特許を取得している。[7]

第二次世界大戦期の大日本帝国陸軍において、関東軍防疫給水部満洲六五九部隊659部隊)の長を務めた。この関東軍防疫給水部の中で、満州ハルビンにあった本部こそがかの有名な731部隊満洲七三一部隊)である。

731部隊

この731部隊においては、表向きの任務である防疫・給だけではなく生物化学兵器の開発が行われ、さらに数多くの非人体実験を行われていたとする数多くの言と、少数の文書資料が存在する。詳細は「731部隊」 の記事を参照されたい。

ちなみにこの731部隊が発足したのは1940年であるが、上記のように1939年ノモンハン事件で活躍していることからもわかるように、それ以前から既に石井が率いる部隊は活動していた。その頃には「加茂部隊」「東郷部隊」等の名称で呼ばれていたとされており、「加茂隊長石井四郎」の名は国立公文書館アジア歴史資料センター開されている軍の公文書内にも登場する[8]

なお戦後GHQによって行われた731部隊関連人物への取り調べに際して、「Ryoichi NAITO[9]や「Enryo HOJO[10]は、「石井四郎は「Hajime TOGO」[11]という変名(alias)を用いていた」と供述したという[12]。「東郷部隊」の「東郷」はこの変名に由来するものか。あるいは部隊名に由来する変名を用いたのかもしれないが。

細菌戦の効果について石井が「ABEDO」理論という基礎理論を打ち立てたとする資料もある(『金子順一論文集exit』に含まれる『PXノ効果略算法』内に「ABEDO説」として、また後述する「フェル・レポート」に「"ABEDO" theory」として登場する)。

終戦間際、ソビエト連邦が参戦して731部隊所在するハルビンに迫った。731部隊員の中には脱出に失敗してソ連軍に身柄を拘束された者も居たが、石井を含む多くの幹部は日本への帰還に成功した。

当時大本営参謀だった陸軍中佐枝繁インタビューったとされる内容によれば、この帰還の手はずを整えたのは枝であったという。これに先立って枝は石井四郎と会見を持ち、撤退の具体的な方法、全ての跡の抹消、施設の破壊、マルタ人体実験の対者)の焼却棄などを石井に伝達した。この時石井枝に対して「研究データだけは持ち帰りたい」と食い下がったが、却下されたという。[13]しかし後述するが、結局石井はこの命を遵守せずデータや標本を持ち帰っていたようだ。

戦後[14][15][16][17]

終戦後、アメリカ731部隊の幹部の身柄を押さえて尋問しはじめた。アメリカが機密定を解除して開した資料によればアメリカは、石井が上記の表を受けたという情報や捕らえた日本人捕虜から得た情報などから、終戦の前から既に「石井率いる731部隊が細菌兵器を開発しているのではないか」と疑っていたようだ。

石井は当初アメリカ側の追及をごまかして切り抜けようとしたようで、731部隊に関する著作のある「青木喜子」氏が入手した石井による当時のメモには、1945年11月日記としてアメリカ軍情報部の将校6人を自宅に呼んで接待したという記述があり、その晩のメニューまで細かく書いてあるという。

さらに1945年11月10日には、姿を隠そうとしたのか、出生地である千葉県石井の偽装葬儀までが行われたようだ。しかし翌12月アメリカ側の資料に既に「Report of 11/10/45 on ISHII's staged funeral in Chiba & accusations of atrocities & human experiments」(和訳例:「4511月10日千葉にての石井の偽装葬儀、そして残虐行為と人体実験の疑惑に関する報告」)と題した書類が存在するため、偽装はバレバレだったようだ。

1946年1月9日にはGHQから大日本帝国政府に対して

1. The Imperial Japanese Government will immediately escort Major General ISHII to Tokyo and hold him at the disposal of General Headquarters, Supreme Commander for the Allied Powers.

2. Imperial Japanese Government will advise This Headquarters immediately upon General ISHII's arrival in Tokyo and will report in detail, giving the present whereabouts of General ISHII, reason for non-appearance and date by which his arrival may be expected, provided he has not reached Tokyo by 2400 (Midnight) 16 January 1946.

3. General ISHII was appointed Commanding General of the Kanto Gun, Boeki-Kyusui Bu on 1 March 1945. It is reported that he is now in the Kanazawa Area and that his whereabouts are known to ISHIKAWA Tatsuo, Professor of Pathology at Kanazawa Medical College.

(簡略化して意訳:「もしもし大日本帝国政府お前ら関東軍の防疫給部の長だった石井軍医中将ってな、俺らGHQの所に連れてこいや。もし一週間以内に連れてこれなかったら、今どこに居ていつ東京に来るのか教えろ。それと、どうもこいつ今は金沢あたりに居て、金沢医科大学の病理学教授のイシカワタツオ[18]ってが居場所知ってるっぽいかんな」)

という要も突き付けられているが、一週間後の1月16日には日本政府側から「居場所がわかりませんでした」という回答が届いている。

しかしそれから間もない1月24日付の「石井が自宅で尋問を受けている」という内容のアメリカ側文書があるようなので、結局居場所を突き止められてしまったようだ。

こうして結局GHQに身柄を押さえられた石井は、他の731部隊幹部とともにアメリカ側から部隊での活動に関する調・尋問を受けた。しかし4つ存在する調・尋問報告書のうち、前半の2回の報告書(1945年11月1日の第一次『サンダース・レポート』、1946年5月31日の『トムソン・レポート』)においては人体実験に関する内容は含まれておらず、情報の秘匿に成功していたものと思われる。

しかし1947年1月ソ連側が石井らの尋問を要したことで向きが変わる。ソ連は身柄を拘束した731部隊を独自に尋問し、731部隊において人体実験が行われていたとの言を得ていた。その言に基づいて、ソ連側代表による石井らの尋問を要したのである。これはアメリカ側にとっては寝耳に水情報であったらしく、その後にわかGHQ米国務省の電報記録などで「石井らの尋問をソ連に許すか否か」「石井らからの情報戦犯訴追の拠とするべきか(石井らを戦犯として裁くべきか否か)」等が盛んに議論されていたという。

そして、アメリカ石井731部隊幹部に対して追加の尋問を行い、多くの情報データを引き出した。それらは1947年6月20日フェル・レポート』と1947年12月12日の『ヒル・レポート』の2つのレポートにまとめられ、それらの中には前記の2つのレポートにはかった人体実験に関する記述が盛り込まれた。

フェル・レポート

フェル・レポート』では石井インタビューするのみならず、石井に論文を書かせる予定であるという内容が含まれている。

h. General Ishii, the dominant figure in the B.W. program, is writing a treatise on the whole subject. This work will include his ideas about the strategical and tactical use of B.W. weapons, how these weapons should be used in various geographical areas, (particularly in cold climates), and a full description of his "ABEDO" theory about biological warfare. This treatise will represent a broad outline of General Ishii's 20-years' experience in the B.W. field and will be available about 15 July.

(和訳:「h. 石井中将(この生物兵器計画の要人物である)、彼は全計画に関する論文を書いているところである。この論文は戦略的・戦術的な生物兵器使用に関する彼の着想を含むものとなるだろう。様々な地理学的地域(特に寒冷地)においてこれらの兵器をいかに運用するべきかについて、そして生物兵器に関する彼の「ABEDO」理論の余すところない概要についてである。この論文は石井生物兵器分野における20年の経験の大綱を示すものとなると思われ、おそらく7月15日頃には入手できる。」)

その他の詳細は『フェル・レポート』の記事を参照されたい。

ヒル・レポート

ヒル・レポート』内では「BOTULISM」(ボツリヌス)や「BRUCELLOSIS」(ブルセラ症)について「Dr. Shiro ISHII」(石井四郎博士)への尋問に基づく以下のような記述がある。文中の「M」は「人間」をしていると言われる。

BOTULISM

November 22, 1947

INTERVIEW WITH:
           Dr. Shiro ISHII

     Experiments in M were conducted with 5 subjects who were fed a 2-day old culture. Two of the subjects died.

(※「Experiments in M~」以下の和訳:「Mを対とした実験は、2日間培養された検体を5被験体に投与することによって実施された。これらの被験体のうち2体が死亡した。」)

BRUCELLOSIS

November 22, 1947

INTERVIEW WITH:
           Dr. Shiro ISHII

     Experiments in M were carried out by the subcutaneous injection of more than 20 subjects. Does not remember the result of such experiments except that undulant fever followed injection and persisted for many months.

(※「Experiments in M~」以下の和訳:「Mを対とした実験は、20体以上の被験体に皮下注射することによって実行された。これらの実験がどういった結果を迎えたかについては、注射に続いて波状熱が生じ何か間も遷延したことを除いては記憶にい。」)

ヒル・レポート』には多数の標本を入手したことも記されている。つまり石井(あるいはその部下)は枝から通達された軍命を厳守せず、標本を持ち帰っていたと思われる。

これらの情報アメリカにとって重で有用なものであり、他者の手(other hands)に渡すわけにはいかない、と『ヒル・レポート』は明記している。このあたりが、これらの言が軍事法廷の裁判資料とされず石井731部隊員が戦犯として訴追を受けなかった理由に関連していると思われる。

帝銀事件の捜査における証言[19]

上記の、アメリカ側が作成したレポートや青木貴子氏が入手したメモ以外には、戦後石井の発言などはあまり残されていない。ただし「殺人事件の捜資料」という意外なところに石井の発言記録が残されている。

この、1948年に起きた有名な殺人事件「事件」は物を使用した殺人事件であったが、その物の使用法が非常に特殊であったために素人ではありえないとされた。そして警察は「戦時中に日本軍内で物を研究した何者かが犯人ではないか」と睨んで、可性がある部隊をリストアップし、その中に731部隊も含まれていたのである。

そして当時の捜官は石井四郎に面会しており、その言内容が捜記録として残されていたという。

【資料4】『甲斐手記』第5巻(1948 年4月 27 日)
(二)坂和―仲西
(1)石井四郎に面会
セトシアンヒドリンニトリール]
分子式は分るが自分の部隊では研究して/ないので効果は判らぬ
アンプルを終戦当時持って行ったものや効果は/調べてやる/一口に言ってガス
加里は分量により時間的に生命を保持させられるか否か出来る 致死量多くすればすぐ倒れる
分量により五分―八分 一時間三時間翌日/どうでも出来る(之は絶対的のものである
研究したものでないと判らぬ
ソ聯に包囲された時の自決用に/富永の部下軍医中尉二人が貰いに来た[25
ドラムカン半分位分けてやった/の方でもそんな事があった/二時間半位やった(話をした)
の部下にいるような気がする 君等が行っても/言わぬだろう
一々俺らの処へ聞きに来る/十五年二十年で軍の機密は厳格で/あるので仲々本当の事は言はぬだろう/から言ふているを信じてないだらう 極しているが非常に忙しい(一時間も話をした仕末で――)/参謀本部も手をして聞いてやる
九研は石井さんの反動部隊である/(が行かなかったので下ツパを集めて何かコソコソやっていたらしい)/何時でもの処へ来い

出典:捜一課係長甲斐文助『事件捜手記』第5巻(事件再審弁護団所蔵)25- 26 。/は原文の改行。下線は原文で右傍線。[ ]内は山田の補足。

短い言内容であるが、「」「参謀本部も手をして聞いてやる」「何時でもの処へ来い」などと、自分のについて非常に自負のある人物であったようだ。

そうでありつつも「から言ふているを信じてないだらう」「が行かなかったので下ツパを集めて何かコソコソやっていたらしい」などと、自分を信じなかったり蔑ろにする人々への反感を持ちやすい人物であったらしいことも伺える。

ただし録音記録などではなく書き留められた手記のようなものであるため、捜官の主観が入っている可性はある。

なお、この捜資料の中には他にも元731部隊の人物である早川清の言が含まれており、米軍/GHQとの取引についてや生体解剖についてを短いながらも言している。

晩年

戦犯を免れた石井はその後、東京若松町の自宅で的な立場からは退いて暮らした。

1952年国会議事録には「石井四郎は若松町で「博医院」という医院を開業していたが、業務不振のため1951年までで業した」という政府委員からの答弁の記録もある[20]

上記の青木貴子氏が若松町で石井四郎を知る者がいないか聞き込みをしたところ、生前の石井を知る人物から「終戦当時は、今で俗にいうパンパン屋をやっていた」「石井荘とか若松荘とか、そんな看があった」「間違えてうちに“ハロー”ってアメリカ人が入ってきた」といった言を得たという。ただし単なる聞であるとも言え、実際のところは不詳。しかし、石井と親交があった陸軍大将岡村寧次」が「当時石井は、自宅を以て館を経営していた」と記している[21]し、また上記の1952年国会議事録においても、「石井の妻が「若松荘」を1951年まで経営していた」といった内容があるので、「パンパン屋」であったのかはともかく、「若松荘」という看があったとしてもおかしくはない。「純館を経営していただけだが、米軍との人脈から米軍人が出入りしたためにそれを見た周辺住民が「パンパン屋」だと勘違いした」ということも考えられるだろう。

晩年には近所の寺に通って禅問答に明け暮れたり、キリスト教の洗礼を受けようともしていたという情報もあるという。

1959年に病没。名は「忠殿大医博学大居士」だったという[22]。上記の岡村陸軍大将

わが医学界でも、伝染病研究所関係者を始め石井の研究を高く評価する者があり、既に結論は出ているのであるから、モルモットその他の動物で再試験して学界に表すベしと石井励してくれる者もあり、石井は将来を楽んでいたが病死したのは惜しいことであった。

と記し、その死を惜しんでいる。

関連項目

脚注

  1. *東京震災録. 別輯 - 国立国会図書館デジタルコレクションexit、九〇三ページコマ番号466)
  2. *杉山武敏「京大病理学教室史における731部隊背景」、15年戦争と日本の医学医療研究会『NO MORE 731 日本軍細菌戦部隊』exit、8-29ページ
  3. *98式衛生濾水機甲乙丙假制式制定の件 - 国立公文書館 アジア歴史資料センタexit
  4. *神戸大学附属図書館 デジタルアーカイブ(神戸大学経済経営研究所) 新聞記事文庫・「陸軍技術有功賞初の授与 世界的の新兵器 殊勲は輝く二十八件」東京日日新聞 1941.11.15 (昭和16) 技術問題(2-049)exitより。なお同リンク先では「少尉石井四郎(軍学校」となっているがこれはおそらくOCRの読み取りミスで、元のスキャン画像では「少将石井四郎(軍学校」とある
  5. *企画展「東京大空襲-罹災者・救護者・戦争遺跡ー」 - 開館20周年記念特別展・企画展:墨田区公式ウェブサイトexit
  6. *特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)exitにて特許発明明細書を閲覧することができる。特許番号103548exit、および106104exit
  7. *同じく、特許番号100615exit
  8. *寒天調弁価格に関する件 昭和15年9月30日 加茂部隊長 石井四郎 - 国立公文書館 アジア歴史資料センターexit
  9. *後の「日本ブラッドバンク」創業者として知られる軍医「内藤良一」か
  10. *石井式濾機」の開発にも関わった軍医「北条円了」か
  11. *トウゴウハジメ?英語での記録のため、漢字表記不明
  12. *Select Documents on Japanese War Crimes and Japanese Biological Warfareexit(PDFファイル。米国国立公文書記録管理局のウェブサイトより)exit内、「Hajime」で資料内検索を。また、第40ページの資料「JWC 242/28」のスキャン画像内にも関連情報あり。
  13. *近藤昭二「細菌戦部隊の史料と一将校の顛末」『15年戦争と日本の医学医療研究会会誌』第12巻第1号1~8ページ(PDFファイル)exit2011年12月、15年戦争日本医学医療研究会)
  14. *松村高夫, 金平茂紀 『ヒル・レポート』(上) : 731部隊の人体実験に関するアメリカ側調査報告(1947年) 三田学会雑誌 (Keio journal of economics). vol84, no.2 (1991.7), p.508(206)-526(304). 慶應義塾経済学会exit
  15. *日本医学会総会2015関西 並行企画 歴史を踏まえた日本の医の倫理の課題 報告集 - 特別講演1 731部隊の戦後と医の倫理 講演 青木冨貴子氏 - 全国保険医団体連合会(保団連)exit
  16. *Select Documents on Japanese War Crimes and Japanese Biological Warfareexit(PDFファイル)exit米国国立公文書記録管理局のウェブサイトより
  17. *SCAPIN-570: MEDICAL MAJOR GENERAL ISHII SHIROexit名古屋大学の「日本研究のための歴史情報exit」内、「SCAPIN-DBexit」より
  18. *石川太刀雄」(イシカワタチオ)を誤表記したものと思われる
  19. *第9回企画展「事件と登戸研究所」記録 記念講演会 帝銀事件と陸軍登戸研究所ー捜査手記から明らかになる旧日本陸軍の毒物研究ー山田朗[PDFファイル]exit - 明治大学平和教育登戸研究所資料館
  20. *第13回国会 衆議院 外務委員会 第17号 昭和27年4月2日 | 国会会議録検索システムexit
  21. *岡村寧次大将資料』(1970)より
  22. *新宿で発見された100体の「人骨」は何を語るのか? 「731部隊」が戦犯として裁かれなかったワケ【戦争と日本人(2)】 | デイリー新潮exit

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9F%B3%E4%BA%95%E5%9B%9B%E9%83%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

石井四郎

1 ななしのよっしん
2010/09/07(火) 10:46:05 ID: zuDb1PSeIz
これは引用とは言いません。
転載といいます。

ニコニコ大百科では転載は禁止されています。
2 ななしのよっしん
2011/10/16(日) 16:49:49 ID: Jac4ElWCGf
細菌兵器の開発に携わった。また大戦中数多くの人体実験を行った。
などという事実に基づいていない情報は書かないでください。
3 アヤノン
2014/04/14(月) 12:54:20 ID: 8T6D/FyTtQ
2←あなたこそを書かないでくださいね米国から大量の資料が出ていて事実はハッキリしていますよ。
近年は石井四郎の行いを丹念に取材したドキュメンタリーアメリカで作られました。妄想に捕らわれないで、頭を覚ましてください。
4 ななしのよっしん
2015/07/29(水) 22:51:11 ID: b5PRGuL8S2
※3
その拠の提示を願う 「The Report of "G"」か?
それともGHQ参謀第二部のウィロビー部長の報告書? チェンリン陸軍情報部長宛書簡?

2007開された、10万ページに及ぶ旧日本軍の細菌研究に関する対日機密文書
その中にエドウィン・V・ヒル博士が記した731部隊に対する第四次調報告がある

その報告書に書かれている内容の一部はこうだ
「(731部隊人体実験に関し)かような情報々の研究所では得ることができなかった。
 なぜなら人間に対する実験には疑念があるからである」

お前の言うアメリカ側の資料には「人体実験拠はい、むしろ疑念がある」との記述はある
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
5 ななしのよっしん
2015/07/29(水) 22:57:25 ID: b5PRGuL8S2
それはともかく、関連項目に「覚悟のススメ」を入れて欲しいな

あの作品には「いわゆる人体実験を行った組織としての731部隊」がモチーフになった葉隠部隊と、
それを率いた石井四郎モデルの葉隠四郎が登場・キーパーソンとなってるから
6 ななしのよっしん
2017/03/13(月) 05:40:45 ID: oKXS8lcXun
はっきり言うわ。
ネジ一つまともに量産できない日本が、細菌兵器とかペスカプセルとか作れるはずがない。
なので、生物兵器とか細菌兵器なんて全なデマ
ゼロ戦神話も、大半が個人の技量であってゼロ戦がすぐれた戦闘機というわけじゃなかった。
しかも、現在日本も医療大であっても新技術開拓が出来てるのは手術具ばかり。
あとは、外の技術の応用物ばかり。

そんなが当時にできたことは、人間の解体作業程度だろ。
しかもそんなのどこでもやってたぞ。
7 ななしのよっしん
2017/06/25(日) 23:07:29 ID: KyKYbay4Ka
説得皆無
チラシの裏にでも書いてろ
8 ななしのよっしん
2020/08/20(木) 18:09:39 ID: w4PFu6fh9s
ぶっちゃけ細菌兵器の開発とか人体実験なんて当時の列強各が挙ってやってた事なんだから日本だけやってなかったなんてことはいんじゃねーかな
結局は勝てば官軍って事だろ

急上昇ワード改