編集  

石原裕次郎単語

イシハラユウジロウ

石原裕次郎1934年12月28日1987年7月17日)とは、兵庫県神戸市まれの俳優歌手である。実作家で元衆議院議員・元東京都知事の石原慎太郎。甥には衆議院議員石原伸晃タレント石原良純らがいる。

概要

兵庫県神戸市にて生誕するが運会社の役員の父親仕事の関係で、北海道小樽市神奈川県逗子市と港町で育つ。中学高校バスケットボールの選手であったが、怪により選手生活を断念したのと、の急死で生活が荒れたが、・慎太郎の薦めで映画業界へ。最初はチョイ役であったが、関係者から「大物になる」と言われ、その予言は当たり映画の大スターとなる。また歌手としても、ヒット作を次々と出すようになる。

映画会社から独立をして、1963年石原プロモーションを設立。最初はヒット作を出していたが、後にヒット作が出なくなり借漬けとなり苦に立たせられるが、1972年に『太陽にほえろ!』(日本テレビ)に出演をして以後は、テレビドラマに軸足を置くようになり、『大都会』(日本テレビ)や『西部警察』(テレビ朝日)のヒット作を飛ばすようになる。『西部警察』の場合、日本ではしく広告代理店を通さないで直接テレビ局契約する方式を採用し、石原プロモーションの借をあっと言う間に返済をし、なおかつ大な利益を生んだ。地方ロケ編の劇中の台詞で必ず日産の営業所やオートバックスの店舗に寄ったり、地元の有名企業社長棒読みで登場するのも、このスポンサータイアップを重視したためである。

1981年に大動脈解離という大病にかかり、生存率が数パーセントという確率であったがそこから見事に復活を果たし、『西部警察』の地方ロケは「視聴者に応援してくれた恩返し」という意味で全11回、15府県で敢行され名物企画となった。また同時期にはアニメ映画青春アルカディア』で初代・ハーロック役を声優として演じている。また、生前は、広告代理店電通の方針に対して批判的であった。

その後肝細胞に冒されて、1987年に死去。享年52歳であった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E8%A3%95%E6%AC%A1%E9%83%8E
ページ番号: 3306721 リビジョン番号: 2414017
読み:イシハラユウジロウ
初版作成日: 09/05/25 12:05 ◆ 最終更新日: 16/10/07 11:52
編集内容についての説明/コメント: 見出し更新
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

石原裕次郎について語るスレ

18 : ななしのよっしん :2013/03/09(土) 18:55:43 ID: mCH2bpX7BF
>>2
マジ
電通に喧売るとか流石だな
19 : ななしのよっしん :2013/05/25(土) 16:38:45 ID: xdvzPDe8ps
裕次郎が死にしたのは、持病だけじゃなくて
兄貴寿命を吸い取られたからだと思ってしまう
20 : ななしのよっしん :2014/05/14(水) 10:48:25 ID: znpeyQJmai
ハーロック中の人までやったことあるのか…
21 : ななしのよっしん :2014/12/07(日) 19:32:33 ID: 9gFXOGdnLo
>>20
いわゆる「キャプテンハーロック」役じゃなくて、そのご先祖様(ハーロック一族初代当ファントム・F・ハーロック役だな。
記事の初代ハーロック役という書き方は誤解を招くかもしれんね。

>>15
今「石原プロモーション50年史」という本を読んでるんだが、裕次郎とまき子夫人(当時は北原三枝か)の結婚に関しては、日活から「スター同士の結婚はまかりならん」というお達しが出たんで、二人そろってひそかにアメリカ外脱出して強行突破を図ったんだそうな。
結婚を許してくれなきゃ帰りません」みたいな感じだったのかね。
22 : Knuckle Key ◆.xjSlLbq9U :2015/02/04(水) 13:43:14 ID: ukLSDEKgQO
兄弟共に同性愛者嫌いなんだけど、
裕次郎はカルーセル麻紀とは仲が良かったんだよね(しかもさん認)。
でも、接し方が兄妹っていうのがなんともまぁw
ま、兄妹みたいな友情物語っていのも悪くないか。
23 : ななしのよっしん :2016/02/14(日) 05:32:49 ID: rbs8pUeniL
今更にして思う、裕ちゃんは破格にカッコいい。
その意志を継ぐ者が欠片でもいれば……石原プロモーションは最権利会社でしかないからなぁ
24 : ななしのよっしん :2016/10/07(金) 22:41:56 ID: kuStD+zRxK
>>23
ありていに言えば男気があった、これに尽きるんでないかな。
の意味での男気があったからこそ、いろいろな人から慕われた
んだろう。あと、当時と言わず今でも長い部類に入る股下とか。
25 : ななしのよっしん :2017/01/19(木) 12:13:16 ID: Isqx3Neza5
それに惚れ込む渡哲也に惚れ込む舘ひろし
「ここは渡プロじゃねーから」とか言われちゃうのもいろんな意味ですごい
26 : ななしのよっしん :2017/04/03(月) 23:00:11 ID: kuStD+zRxK
>>25
やっぱり何のかので器が大きい人間にみんな惚れ込むもんよ。
してもらった事を一生忘れるな、した事は忘れろって、なかなか
言えるもんでないよ。しょっぱいが多い中で、人の心の掴み方を
心得てるよ。

こんな大粒な人はもう出ないだろうなぁ…
27 : ななしのよっしん :2017/04/03(月) 23:10:30 ID: HFzS1orj6m
時代も変わったし受け継ぐ人も老いて逝くばかり
もう一度こういった男が生まれるのは近い未来ではないだろうな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス