石巻ゆうすけ単語

イシマキユウスケ

石巻ゆうすけとは、関西テレビアナウンサーである。

概要

入社当時は実況担当ではなかったが、後に担当するようになった。
競馬実況の印が大きいが、実は1996年プロ野球パリーグの優勝(オリックス)が決まる試合の担当もしていた。

馬場鉄志の後任のポジションだったものの、現在アナウンス部長の役職になったため実況の一線からは退いてる形にになっている。

競馬実況を担当していた頃は、スティルインラブアパパネ3冠達成の間やディープインパクトやアーネストリーの宝塚記念制覇の実況などを担当している。

実況の中のいくつかのフレーズでは、

2003年秋華賞スティルインラブアドマイヤグルーヴやはりこの2頭、すとぅりーんらぶが勝ちましたっ!!」スティルインラヴ3冠を達成時。

2006年宝塚記念ロンシャンスタートラインがはっきりと見えました!」
凱旋門賞に挑む前のディープインパクト宝塚記念レース

2010年宝塚記念「ナ・カ・ヤ・マ・フ・ェ・ス・タ」
単勝37.8倍のナカヤマフェスタが先頭で駆け抜けそうだったので思わず1文字ずつ丁寧に言う事に。

2011年宝塚記念これはすごい競馬になった、アーネストリーがるアーネストリーがる」
この時はレコードタイムが出たレースだった。

2010年秋華賞シャドーロールが揺れてアパパネアパパネだ、3冠を獲った!」
ティルインラヴ以来の3冠達成時。

2012年マイルチャンピオンシップ 「武豊マイルチャンピオンシップを勝ったぁ!」
武豊2010年ローズキングダム以来約2年ぶりのJRAG1勝利だった。

等といったものがある。

エピソード

名前の石巻ゆうすけ、この「ゆうすけ」はひらがなが本名である。
これは出生時、「」を使った名前で両親は届けようとしたが当時は名前に使えなかったそうで、そのままひらがなで届け出ることになったそうである。
詳しくは本人による自己紹介動画で  

 石巻ゆうすけ本人による自己紹介(YouTube)exit

2005年10月9日の放送では、毎日王冠3連単の払戻読み上げに苦労していた。
140万7せん・・・・うん? 140万7せん・・・・・うん? 1・10・1001000・・・、147万!1479620円大変失礼しました」となっていた。

本人の名誉のために書くと、今でこそ100万えの配当はWIN5もあってしい事ではないが、当時は3連単が登場してまだ1年で(この時は3連単は後半4レースのみの限定発売)、当然WIN5100万えはまだなじみがなかったからというのもある。

またこの時はF1日本グランプリが、15時35分の毎日王冠の発走直前まで地上波で生中継していて、(競馬中継は16時まで)毎日王冠京都大賞典のあとの短時間にそれまでのレースの払戻を含めて伝えていたこと、そして特別体制の中継のためいつもならスタジオにいるはずの当時の番組会の宮川一朗太、解説の大坪元雄、ご意見番の杉本清などがスタジオにおらず助け舟をする人もいなかったため、相当な混乱になったようである。 

 競馬中継で払い戻しが読めない放送事故(YouTube)exit

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9F%B3%E5%B7%BB%E3%82%86%E3%81%86%E3%81%99%E3%81%91

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

石巻ゆうすけ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 石巻ゆうすけについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード