石橋和義単語

イシバシカズヨシ

石橋和義(?~?)とは、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将である。

概要

石橋氏は足利一門斯波氏の庶長子の系である。

1335年に足利尊氏建武政権から離反すると、それに従った。九州に敗走した尊氏は山陰・山陽に何重もの防衛ラインを敷いたが、石橋和義は備前の守りを任された。九州から尊氏が再帰すると山陽の兵をまとめてこれに合流し、各地で転戦して武功を挙げた。

そして室町幕府が成立すると伯耆、備前、若狭の三かの守護に任じられ、引付頭人、評定衆筆頭に列されるなど幕内で重きをなした。しかしこのころから本家である斯波氏と対立し、斯波高経との争いの末にすべての官職を奪われてしまった。

斯波高経が失脚すると足利義詮の配慮で息子石橋棟義が州総大将に任じられ、子で州に下向する。当時の州は吉良氏と斯波氏が争っており、両者の争いを調停するために派遣されたのである。しかし、陸奥守に任じられた棟義とともに一時的に一定の影を持ったものの、斯波氏が吉良氏を追い東北で地盤を固めると石橋氏の勢も衰え、1381年の発給文書を最後に記録上からは消えてしまう。

その後石橋氏は京都御一家として重んじられた一方、州に残った系は石橋氏となった。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9F%B3%E6%A9%8B%E5%92%8C%E7%BE%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

石橋和義

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 石橋和義についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!