石田ナオキ単語

イシダナオキ

石田ナオキとは、
TVアニメカードファイト!! ヴァンガード リンクジョーカー編」で登場した、櫂くんの新たなライバル期待の新人である。

担当声優は、奈良徹日本語版) / Stewart Cummings(英語版)。

概要

宮地学園中等部から進学してきたアイチクラスメイト
情熱をかけるものが見つけられず、学生生活と言うものに冷めた態度でいた。
アイチの導きによりヴァンガードと出会ったことで、心の中に熱く燃えるものを感じ始める。

TVアニメ「カードファイト!! ヴァンガード リンクジョーカー編」公式サイトよりexit

通算第105リンクジョーカー編第1話から登場した、第3期の準主人公と言える存在。
宮地学園高等部に通う高校1年生で、主人公先導アイチと同じクラスの1年A組。
誕生日4月19日牡羊座で、血液型A型
漫画版でも単行本第6巻(第25話)から登場しており、漫画版設定資料によると大学生が一人いるらしい。

高校に進学し、相変わらず熱中できるものもく、進学校にあるまじき半ば不良のような態度であったが、放課後偶然見かけたアイチの「学校とはまるで別人」な様子を見て、思わず後を追う(※ストーカー犯罪です)
訪れたカードキャピタルにてアイチヴァンガードを教えられ、胸が熱くなるのを覚え、ヴァンガード興味を持つ。

実は初等部時代のアイチを知っており、いつもボロボロだったアイチを見て見ぬふりしていたことに負いを感じていたと言う(宮地学園の人間がつまらなく見えたのも、この辺の過去が関係しているのかも知れない)。
そして、そんなアイチ真剣打ち込み、変わるきっかけともなったヴァンガードを「先導アイチやってみた」「自分も変わってみたい。本気で熱くなれるものを見つけたい」という理由で、アイチが設立するカードファイト部に入部。立凪コーリンファイトして、その真剣さを示した。

カードファイト部部長・副部長を決めることになった時は、最初は「めんどくせぇ」「やりたいがやりゃあいい」と思っていた副部長に、一晩考えた結果立補し、アイチ決定戦部長決定戦に参加。一回戦でコーリンに敗れるものの、あまりの熱意と純さに、戸倉ミサキコーリンに推されて副部長に就任した。シン涙目
小茂井シンゴにそそのかされて、先導エミ飛田マイが所属する中等部カードファイト同好会へ導に向かった際には、案の定フルボッコにされて逆に導を請うことに。その絵面はどうみても犯罪です。番長こっちです

誤解なきように言えば、相手に学ぶべきところがあればたとえ下級生だろうがストーカーだろうが頭を下げる素直さ・実直さを持っていると言えるだろう。
しかし、その素直さゆえに思ったことをすぐ口に出し、空気の読めない発言をしてしまうことも。

中等部在籍時は、優等生ばかりの宮地学園の校染めず学内では孤立していた。
本当に会いたいと思う相手を見つけることができず、孤独感と虚無感を抱えていたが、アイチとの再会や、シンゴらカードファイト部の面々、そしてヴァンガードとの出会いを経て、孤独な過去できたようである。
余談だが、この過去られた第150話では、気合いの入った作画と共に、ブレザー脱衣も滴るいい男学ラン(※回想触手プレイ(※イメージです)寝顔頬染めオプション付)等、今までになかったナオキの新たな属性一面を見ることが出来、ペロリストが湧くほどナオキファンにはたまらない回となっている。

アイチに見惚れたり、すぐ影されたり、熱い告白(?)をかましたりと、櫂くんの彼氏ポジションを脅かしている。

第4期「レギオンメイト編」

リンクジョーカーの脅威が去り世界平和が戻った数日後、アイチが消えたことで、アイチに関するすべての記憶を失っている。ヴァンガードのことも、当然ヴァンガードを通じて出会いを築いた仲間たちのことも知らない状態に戻っているが、宮地学園を訪れた櫂トシキと出会い、再びヴァンガード世界へ導かれる。
そして、櫂とのファイトで「ブラスター・ブレード・探索者」をにしたことでアイチのことを思い出した。以降、櫂とはアイチを取り戻すための仲間――「メイト」の関係となる。

記憶を取り戻す前はアイチと出会う前ので荒んだ不良のような言動に戻っていたが、アイチのことを思い出してからは熱くまっすぐな心を取り戻している。また、アイチへの湧き上がる想いを抑えられず男泣きすることも。
第3期ではミサキのことを「番長」と呼んでいたが、第4期ではサキの眼により「ミサキ先輩」と呼ぶようになった。
そして彼女に影されたのか、ナオキ葛木カムイの自身への呼び方にこだわるようになり、カムイから「石田」と呼び捨てにされる度「石田さん、な」と訂正するのがお染みになりつつある。ナオキく「石田先輩でもいいぜ」とのこと。

カトルナイツ」に所属する世界ファイターフィリップ・ネーヴ」や「オリビエ・ガイヤール」に敗れた後、彼もまた自分のやれることに思い悩むが、リンクジョーカー編において世話になった蒼龍レオンのもとで特訓することになり、迷いを振り切ることに成功する。
その勢いのまま、同じくカトルナイツの一人である「ラウルセラ」との、彼らの本拠地「の宮」におけるファイトで、遂にカトルナイツを破る希望の一手となる活躍を見せた。が、セラはそれも想定内のようで・・・。
このレギオンメイト編において、理不尽にメイトが退場させられていく中、一櫂以外に退場せず生き残ったメイトである。

最終話前に位置する劇場版ネオンメサイア」にも登場。序盤のカードキャピタルファイトを行っていた一人であり、作中の大会「メサイアスクランブル」には観客として招待されている。

続編(第5期~)「カードファイト!! ヴァンガードG」

第6期「ギアースクライシス編」にて復活参戦。本作では大学に進学しており、カードキャピタル1号店の常連を続けている。時間経過のためか、前作よりやや落ち着いた感がある。
ドラゴンエンパイア支部のGクエストに、ファイターたちの障となる「チェイサー」として協。同クエスト内で似た者同士である新導クロノファイトを申し込まれ、それを受ける。
節々の台詞から、Gクエストの中に存在する裏事情を彼も知っている節がある。

特徴的なセリフ

カードファイトでは

トライアルデッキ帝国抹消者』を基にしたなるかみデッキを使用。
基本的には抹消者(イレイザー)」の名を冠するカードでまとめたデッキ構築となっている。
しゅしゅしゅなので覚束ないところもままあったが、場数を踏み、ファイターとして様になってきている。

ヒキの強さは中々のものがあり、イメージも高い期待の病人期待の新人。まあみ込みがいという事だろう。
あの伝説級の孤高のファイター櫂トシキ
に、「アイチが導いただけはある。可性を秘めたヴァンガードファイターだ」と言わしめるほどである(とはいえ直後に「お前デッキ──それはまだ《なるかみ》ではない」とデッキdisられることになるのだが…)ファイト後、「また、ファイトしてくれるか?」と申し込んだところ、「いつでも来い」と返された。櫂もナオキのことを気に入ったんだろうか。

アイチのライド時口上「立ち上がれ、の分身!」をかっこよく思い、ブチかませ、オレの分身!」という口上をライドする度に言う。コーリングレード1からもう分身?」…と思っていたら第110話を最後に言わなくなってしまった。長くてくどいからだろうか。しかしやたらと演出過剰で大げさなスキル宣言で、熱血は相変わらずである。

余談だが、第106話で「ブレイクライド抹消ボーイングソード・ドラゴンリミットブレイク(ディスチャージング・ドラゴンクリティカルトリガー」によって、アニメ初のパワー40000を叩き出した。しかし、その後はパワー40000以上がポンポン出ている。
また、作中で最初に“Я” ユニットを使用したファイターでもある。

主に使用するカード・切り札(第3期)

第4期「レギオンメイト編」

第4期でも引き続き≪なるかみ≫を使用している。
トライアルデッキ友情の喧屋』を基にした、「喧屋(ブロウラー)」の名を冠するカードで統一されたデッキ構築。
「喧屋」の中でも、彼の使用する「ビッグバンナックル」名称は「複数のユニットと同時にバトルをして退却させる」戦術をメインに据えたカード群であり、最終的には「相手の全ユニットバトルをする」などと言い出すわかりやすい脳筋デッキである。それ故に強い。

ヴァンガードのことを忘れていた今期では櫂にルールを教えてもらった。安定と信頼の期待の病人期待の新人である。
ファイト中は相も変わらず熱血で、下手をすると主人公よりも主人公らしい。また、第168話で男気に覚めて以来、ライド時に「男気ライド!」と言うようになった。カムイくんの「オレ様ライド!」に触発されたのだろうか…。
……と思いきや、またしても第170話を最後に言わなくなってしまった。男気ブームはもう去ってしまったのだろうか?

主に使用するカード・切り札(第4期)

続編(第5期~)「カードファイト!! ヴァンガードG」

ドラゴンエンパイア支部のGクエストにおいては、第3期で使用していた「抹消者」を再び使用。
直近に発売されたパックに収録された「ガントレッドバスターサポートを使用し、リアガード専用グレード3抹消アンガーチャージ・ドラゴンを採用したタイプデッキである。
強化により、々に大ダメージの攻撃を与えることができるようになっており、越できるようになる前に轢き殺しを狙った。

戦績

アニメ本編で勝敗がはっきり描かれている対戦成績のみを挙げる。
通算戦績は、26戦10勝16敗(第176話現在)。

対戦相手 勝敗数 話数
先導アイチ 0勝2敗 第105話
第126話
立凪コーリン 1勝1敗 第106話
第113話
小茂井シンゴ 5勝4敗 第107話
○○○第140話 ※1
第149話
第149話-第150話
  第176話 ※2
櫂トシキ 0勝1敗 第110話
飛田マイ 0勝1敗 第114話
立凪スイコ 1勝1敗 第117話
第122話
蒼龍レオン 0勝4敗 第148話
長代マキ 1勝0敗 第150話
レス・ペニーワース 1勝0敗 第166話
葛木カムイ 1勝0敗 第168話
フィリップ・ネーヴ 0勝1敗 第170話
オリビエ・ガイヤール 0勝1敗 第176話

※1 ファイト内容の詳細描写はないが、ナオキおよびシンゴが勝敗数を口にしている。
※2 第176話の対小茂井シンゴ戦は回想シーンでの対戦。

関連動画

公式配信

その他

関連静画

関連商品

※画像はイメージです。

関連チャンネル

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9F%B3%E7%94%B0%E3%83%8A%E3%82%AA%E3%82%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

石田ナオキ

87 ななしのよっしん
2014/07/30(水) 21:07:21 ID: kMPYXKF4rg
多分、「ためしに言ってみたらなんかできちゃった」みたいな感じだったんじゃないか?
88 ななしのよっしん
2014/07/31(木) 13:18:17 ID: Wdrz7/+g7e
描写不足だよ多分
ジャッジメントを食らわせることで、恐らく封印が解けるんだろう

というかまあ、例え敵だとしても迷いく相手を傷つけられるキャラじゃないだろこいつ
89 ななしのよっしん
2014/08/01(金) 00:42:48 ID: oIMnxKib+v
>>86>>87
そういうルールだとかそんな問題じゃなくて、やった後に特に戸惑いも後悔もなかったじゃん、それがあればここまで思わなかった
それどころか罰ゲームとか言って逆にノリノだったような(それほどでもないけど渋々やってるという感じよりかは)
不良に見えるけど熱血でっ直ぐなのが石田ナオキってキャラではなかった?
アイチだったら絶対にやるのをうし、櫂以外のキャラだってそんなのやるとは思えない、実際に三和くんとかは若干引いてたし
敵だろうがカードゲームではよくあることだろうが相手を傷つけていることには変わりないのに・・・それを脚本家監督は忘れているのでは?
大げさかもしれないが、あの一で今まで見ていた石田というキャラが一気に崩れた感じがした

>>88
ほんとになあ・・・それとも勝手なイメージを押し付けていただけだろうか
90 ななしのよっしんな
2014/08/03(日) 20:56:03 ID: Ctr6paypnY
実は隠れドSカトルナイツに散々ボコられていたので痛いに合わせたかったと言うわけのわからない説をあげてみる。
91 ななしのよっしん
2014/08/03(日) 21:04:43 ID: /0Dt5Qf+lc
>>89>>90
ドSかはわからないが、特にミサキさんやカムイ女子供)すらジャッジメントされてたのがそうとうに据えかねてたんじゃないかな?
ボロボロにされた二人をの当たりにしてるから、余計に
ネーヴ戦のあと、敵討ちしようとしてたミサキさん引き留めてるところ思い出して何となく思った
92 ななしのよっしん
2014/08/17(日) 20:21:46 ID: RgeJSx4wU9
セラの底意地の悪さを何となく見抜いていたに一票。
多分相手がラティだったらなくジャッジメントできなかっただろう。
93 ななしのよっしん
2014/09/14(日) 19:13:03 ID: Wdrz7/+g7e
今週、コーリンアイチに言いたかった事全部ナオキが言ってくれたわ
櫂とはまた違ったベクトルの、直球的な熱いキャラが勝つ展開はやっぱきもちいいな。ちょっとナオキプッシュされすぎな気はするがw
94 ななしのよっしん
2015/11/15(日) 18:59:14 ID: RgeJSx4wU9
ナオキ復活おめでとう
立ち位置が特撮クロスオーバーものの前作主人公って感じで、個人的には大満足
ファンを続けてきてよかったぜ
95 ななしのよっしん
2016/01/06(水) 21:54:18 ID: wd3oxPeqpJ
クロノと一緒だと兄弟みたいでほんわかする

石田マサキん?知らない人ですね………
96 ななしのよっしん
2016/10/16(日) 10:55:45 ID: Bk0MnDK6mw
pixiv石田×マイちゃんカップリング記事はあるのに、
石田×長代マキの記事はい・・・何故だ・・・
明らか書記ちゃんの方が好意持っているだろうになぁw