石田三成単語

イシダミツナリ

石田三成とは、豊臣秀吉に仕えた戦国時代の武将である。

概要

元は近江で寺小姓をしていたが、羽柴秀吉にその才を見出されて配下となる。のちに豊臣政権が発足すると五奉行の一人に抜される。秀吉九州征伐では二十万とされる兵士の輜重を大過なく運営するなど内政面の手腕に非常に長けていた。しかし根っからの官吏というわけではなく、賤ヶ岳や小牧・長久手の戦いなど働きもこなしている。秀吉在命中は豊臣政権の中央集権化と官僚制をして苦心したが、秀次の切腹五大老制により失敗する。

秀吉没後、五大老筆頭の徳川家康と対立。雌雄を決するべく「関ヶ原の戦い」に臨むも、小早川秀秋など味方の裏切りによって敗れてしまい、京都六条河原で処刑された。しかし一の取り・関八州250万石の大大名・家康を相手に、たかが佐和山19万4000石の小大名が(裏切られたとはいえ)五分の戦で包囲戦を仕掛けたことを考えると、武略面もそれなりにあったようだ。 ※忍城攻略の失敗については、「秀吉ごり押し」説がある

小説漫画では官僚的で狭量な、頭でっかちの融通が利かない頑固な人物と描かれる事が多い。しかし最近は佞臣というよりは秀吉豊臣に(頑ななまでに)忠義を尽くす清廉潔な人柄とされることが増えた。そもそも三成の悪評は晩年迷走した豊臣政権の汚れ仕事を一身に引き受けていたことが原因の一つであり、可哀想な面もある。近年は歴史が資料などを集め、人物像の見直しなどが研究され非常に面い。詳しくは新しい歴史系の本やWikipedia等を参照することをおすすめする。

エピソード

  • 秀吉狩りを終えてある寺に立ち寄った時、小坊主は最初温いお茶を一杯、次に少し熱いお茶を半分ほど、最後に熱々のお茶を少々出した。秀吉はこの気配りに感心してこの小坊主を配下に加えた。これが後の石田三成である。(ただしこの話は後の創作であるとされている)
  • 名将、大谷吉継会に参加した際、他の参加者はライ病(ハンセン病)患者であった大谷が口を付けた碗のを飲むのを嫌がり飲む振りをしたが、三成は気にせずを飲んだ。大谷はこれに感し関ヶ原では三成の為に身を粉にして働いた。
  • 処刑される寸前、を渡された三成は「に悪い」と言って受け取らなかった。今から処刑される者が、と周りは嘲笑したが三成は大望を抱く者は最期までその身を大事にするものだと毅然と述べた。

ニコニコ動画における石田三成

戦国無双、他無双シリーズプレイキャラクターとして人気が高いため、それらの作品に関する動画MAD手書きMADなどが多い。また同ゲームシリーズキャラクター真田幸村直江兼続とまとめて「義トリオ」と呼ばれており、彼らの出演する動画も多く作られている。

戦国大戦

「やっぱり、の助けが要るようだな!」

Ver2.0にて豊臣で参戦。親友の大谷吉継と同じコスト・武・統率・特技である。ただしこちらは足軽
計略の「三杯の」は日輪計略。日輪消費では味方の兵を気持ち回復する程度だが、1消費で並の回復量になり、2消費で更に敵から受けた計略効果を消し、3消費大爛で更に兵が上限突破して回復できるようになる。

とは言え、豊臣は武押しが出来るほど素武が高くない(武9以上がもいない)、妨対策としてもそもそも最警大谷、1.5の柵持ち足軽だとしても他にいい選択肢がある等の理由により採用率はかなり低い。

EXカードとしても1枚登場しこちらは7/9、2コスト隊で相手の計略カウンター専用の逆計持ち。
入手性も相俟って全で見ることは少ない。

 

「大一大万大吉、掲げた覚悟は揺るぎはしない!」

時代は1600年、関ヶ原の戦いに移ったVer3.0にてついにSR昇格。CV:緑川光
スペックの部類だが、それは文治だから(武断スペック高い代わりにデメリットあり)。
計略「大一大万大吉」は、 味方の武が上がる采配で、自分を含めた文治コストが高い程追加で統率が上がり効果時間が伸び、武断コストが高い程追加で武が上がる。

戦国無双

シリーズ2作戦国無双2」から登場している。CV竹本英史
秀吉子飼いの将で沈着冷静な天才。才に恵まれ判断も的確だが、言動に謙虚さが欠ける上に他者への接し方にも問題があり周囲から嫌われやすい。本人に悪気はない一方、自身のその傾向への自覚も持っており、その欠点に悩まされている。根は実直で忠義溢れる人物であり、三成をよく知る人物達とのは厚い。

武器は扇で、サブウェポンとして地雷のような爆発するを扱う。武器の性質上、扇を振り回す通常攻撃の範囲は広くないので、ビームを発射したり扇を周囲に飛ばすチャージ攻撃などで補うこととなる。
爆発するはいまいち使い勝手が悪かったが、2猛将伝で追加されたチャージ5攻撃で自動的に設置されるようになったり、3では敵が踏めば自動的に爆発するなどの善を経て地雷のようなという表現がピッタリの技となった。4以降は時間経過でも爆発するようになっている。
一番の強化は3からの追加された特殊技のバリアであり、攻撃ボタンを押さなくてもある程度敵を蹴散らして横を防いだり、コンボを維持したりと三成の弱点をほぼカバーしたものとなっている。さすがに強すぎたのか、4以降は一定の耐久を持ち、耐久以上のダメージを受けると消えてしまう通常バリアに変更された。
騎乗攻撃は攻撃範囲が見たより大きめに設定されているらしく、どのナンバリング作品でもなかなか使いやすい。4以降追加された神速アクションは、扇を投げるため範囲は広い一方、二撃以降の移動距離が短かいうえ攻撃速度も遅く、他の武将のものと較すると扱いづらさが立つ。一部では鈍足アクションとも、あんまりだ

初登場の2では関ヶ原の戦い物語メインであることから、徳川家康と並んで役級の扱いを受けている。そのため他のキャラクターよりもシナリオが1面多い。「義」をキーワード直江兼続真田幸村と友情を結び、家康と戦うこととなる(通称・義トリオ)。また右腕たる島左近とのも強い。

3でも引き続き登場。加藤清正福島正則との関係を中心に描かれた(通称・子飼いトリオ三馬鹿)。
4では前作で割と淡泊だった義トリオとの絡みが再び強まり、子飼いトリオの関係も引き続き描かれている。君・豊臣秀吉心・島左近はもちろん、新たに今作でついに参戦となった大谷吉継との友情も描かれ、彼周りは大分充実している。

ちなみに3 Empires発売の際に公式サイトで催された人気投票では幸村ガラシャを抜いて第一位をとっている。続く4での人気投票でも第一位を獲得し、二冠。
ついでにいうと、三國無双シリーズとのクロスオーバー作品である無双OROCHI2人気投票でも第一位。筋入りの人気を誇る無双武将である。

なお、初代戦国無双では羽軍のモブでの登場のため特に立たないが、仕合モードの関ヶ原を模したステージで総大将扱いになっていたりする。

戦国BASARA

初登場の3以来、徳川家康と共にメインクラスの役割を担う武将として登場。
詳しくは”石田三成(戦国BASARA)”の項を参照。

武将と言えば三成

\忠義心No.1宣言!/  \さっすがぁ~!/         ※故人の感想です。

2016年に入り、滋賀県観光課が製作した上記動画YouTube投稿された。

これはその年の大河ドラマである「真田丸」に三成が登場する事を受け、滋賀県が彼の魅ゆかりの地について情報発信するために大量のからの交付を投じて製作されたもの。これに対し滋賀県知事の三日月大造は「とにかくネット世界の人にささるものを作ってほしい。自治体動画であることを忘れていい」とアドバイスをしたという。そんな助言をして採用された結果がこれだよ

妙に昭和じみたテイストCM、最後に史実通り”ぬるい・あつい・あつい”と宣伝される三献のアナログ時代をほうふつとさせる砂嵐インパクトも大きく、SNSを通じて速話題となった。一部では新たなMAD素材として注を浴びているようだが…

3月27日、すなわち"三成の日"に投稿された第2弾はまさかの6本立てによる総集編であった。滋賀県はじまりすぎ。いずれも嗜好を凝らしたアピールがなされているので、これを機に三成に対するイメージめるチャンスがつかめる…かもしれない。まぁ、とりあえず吹いたら西軍ってことで。

\やっぱり三成!/

関連動画



補足

信長の野望シリーズにおける石田三成の力一覧。

軍事 内政
戦国群雄伝(S2) 戦闘 46 政治 89 67 野望 83
武将風雲録(S1) 戦闘 43 政治 93 68 野望 71 教養 75
覇王 采配 60 戦闘 39 智謀 25 政治 92 野望 71
天翔記 戦才 80(C) 智才 58(C) 政才 186(A) 60 野望 80
将星 戦闘 36 智謀 29 政治 93
烈風 采配 40 戦闘 25 智謀 17 政治 94
世記 采配 45 智謀 81 政治 89 野望 70
蒼天 統率 40 知略 81 政治 88
下創世 統率 40 知略 78 政治 80 教養 73
革新 統率 52 武勇 20 知略 85 政治 99
統率 52 武勇 13 知略 85 政治 99
創造 統率 70 武勇 58 知略 77 政治 95

ちなみに、義理は非常に高い(ほぼ全ての作品で100)。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9F%B3%E7%94%B0%E4%B8%89%E6%88%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

石田三成

459 ななしのよっしん
2019/04/06(土) 14:13:34 ID: s30H7lLMcQ
一度で良いから石田三成役の大河が視たいな
460 ななしのよっしん
2019/04/06(土) 15:02:28 ID: FmRvP7f4Yd
関が原からの豊臣解体までの流れは戦国が終わって次の時代が始まるための
軍縮の過程でもあった、まだ切れ味を保つ武断大名たちを折る、または
静かにに戻す作業でもあった

本来、時でこそ活躍する官僚タイプの三成がこの過程でっ先に死んだのは
歴史の皮としか言いようが
461 ななしのよっしん
2019/04/13(土) 10:21:26 ID: ufgcx9NXtO
狩り大好きのスポーツマン
・手に入れたを自慢しまくるマニア
・性格は明るく社交的
・仲良くなった相手の為の折りは厭わない人情
・本人は歴戦の武将
兄貴チートレベル
・自領の経営は優秀な親父殿丸投げ
もう別人かというくらい近年の研究でイメージが覆されてきたな
462 ななしのよっしん
2019/04/14(日) 20:05:43 ID: 8ezr2TT+aA
>・狩り大好きのスポーツマン
>・手に入れたを自慢しまくるマニア
三成をえる謀将本多正信プロであるように、当時のたしなみであり、スポーツマンという特別のイメージ付けは値しない

>・性格は明るく社交的
>・仲良くなった相手の為の折りは厭わない人情
政権の中枢でコミュ障なわけがないしそんな事は昔からも疑っていない

>・本人は歴戦の武将
秀吉小谷得た後はずっと現地で戦ってるし当たり前。そんな事は昔から(ry

>・兄貴チートレベル
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
463 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 20:32:08 ID: J35QRUPz0o
戦国から江戸時代初期の大名で、現代における地元で名君扱いされないバカ殿が果たして何人いるのだろうか
よほどの遊蕩乱行や骨肉の争い領民ヘイト買いまくりでもなければ、だいたい名君扱いな気が

というか領経営も満足にできないアホの子を高級官僚に据えるほど、秀吉碌しとらんやろ
ただでさえ土台ふにふにゃの豊臣なんだし
464 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 13:29:43 ID: J+USmTvCMx
襲撃うけるほど悪い事したのかねこの人
465 ななしのよっしん
2019/04/29(月) 21:17:45 ID: Vbex24SoPT
>>464
そら尾の連中に嫌がらせ紛いのこと何度もしてたからね
殺意抱かれる程度には恨まれてたよ
466 ななしのよっしん
2019/04/30(火) 14:51:13 ID: 8ezr2TT+aA
>>464
秀吉の一番の側近だったので、秀吉の暴政=三成が勧めたかYESと言った、という図式が成り立つため、秀吉によって被害被った人間すべてから恨まれた。
当時は全員豊臣臣なのでまさか秀吉様が間違ってるとは言えず。

それに加えて三成本人も側近の地位を固めるため浅野長政など同格の相手と権闘争し、実質格下の福島加藤細川池田黒田などをアゴで使う強権っぷりをやっていたのは事実
これで恨まれない方がおかしい。


467 ななしのよっしん
2019/05/01(水) 19:03:31 ID: J35QRUPz0o
朝鮮出兵における渡前線組が多量の出血を強いられたことが、
自分たちの苦が伝わっているのかという、秀吉に言上する立場の三成へ疑念や不信につながったとされる話や
三成と小西行長の明との交渉の結果、人質出して臣従&領地切り取りの話が日本国王に封ずに捻じ曲がっており
激怒した秀吉が講和を蹴り、現場は更なる戦闘を強いられあげくまもなく秀吉は病死
犠牲は大きく得るものはなかった加藤福島黒田小早川などなど
多くの大名の憤懣の矛先が、太殿下をたぶらかし豊臣宰たらんとする(と見なされた)三成と、
コニたんや奉行たちに向き閥対立が決定的になった、が通説的恨みつらみやな
468 ななしのよっしん
2019/05/01(水) 19:18:50 ID: FmRvP7f4Yd
その辺は秀吉本人を恨めないって現実的な事情が大きいと思うがな

急上昇ワード