石見銀山遺跡とその文化的景観単語

イワミギンザンイセキトソノブンカテキケイカン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

石見銀山遺跡とその文化的景観とは、日本世界遺産(文化遺産)である。2007年6月登録。

石見(島根県)に存在した日本最大の山である石見銀山(大森山)を中心とした建造物や遺構によって構成される。

概要

かつて世界有数の山として日本に留まらず世界的に名前が知られていた。
最盛期の最盛期であった戦国時代から江戸時代にかけては、世界で産出するの約3分の1を占めたといわれている。

その規模に反して、の採掘や精錬に至るまでの作業は小規模で行われた。
これにより、かつての遺跡が良好に残っているほか、環境への配慮によって自然人間が共生する文化的観を形成している。
また、ここで生産された大量のは、アジアのみならずヨーロッパとの経済的・文化的交流をもたらした。

このことが世界に評価され、2007年世界遺産として登録された。

世界遺産に登録された鉱山遺跡としてはアジア初である。また、産業革命以前の産業遺産としても稀有な存在である。

元々自然との共存が図られていた上に明治期以降あまり開発が進まなかったため、江戸時代の採掘、精錬から流通に至る跡をいたる所で間近に見ることができる。
ただし深い山に囲まれた坑とその周辺なので、整備は進んでいるものの観光地としての々しさとは程遠い。
そんな異界じみた佇まいも含めての世界遺産なのである。

歴史

石見銀山は鎌倉時代には既に発見されていた記録があるものの、当時は発掘、精錬技術が未発達だったため一旦れてしまったという。
1526年に博多の商人・屋寿によって再度発見され、当時この地を支配していた大内氏により本格的に開発されて以来、約400年にわたってが採掘されてきた。ここで産出したの品質は非常に高く、最大で年間10000貫も算出されたは石高にして100万石に匹敵したという。

その大な利益を狙って戦国時代には周辺を支配していた尼子、大内毛利の各氏により熾な争奪戦が繰り広げられた。
最終的に中国地方を制した毛利氏が所有し、豊臣政権下で徳上杉に次ぐ大勢となる原動になった。
豊臣政権下では朝廷に「御料所」として献上することで秀吉に取られる事を防いでいたという。
しかし関ヶ原の戦いで形ばかりの西軍総大将となった毛利輝元が敗れ長州に大幅厳封されたため、徳幕府の直轄領となった。

時代頃から産出量が減りその後も細々と採掘を続けたものの、明治初期の大地震などで壊滅的な被害を受け、再開発の挑戦もむなしく大正時代に閉山し現在に至っている。

海外の鉱山では大規模な露掘りがよく見られ、大量の鉱石を産出する一方で植生が失われるなどの環境問題が摘されている。これに対し、石見銀山では坑掘りが採用されたほか、森林は伐採した分だけ植していたという。

登録直前の際記念物遺跡会議(ICOMOS)の審では「登録延期」勧告を受けていた石見銀山であったが、前述の通り「21世紀が必要としている環境への配慮」が既に行われていたことが反を呼び、後の世界遺産委員会では満場一致での逆転登録に繋がった。

登録基準

世界遺産の登録基準2、4、5に該当している。このうち、

5.ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。

に該当する日本世界遺産は、本件と「白川郷・五箇山の合掌造り集落」のみである。

構成遺産の一覧・関連動画

登録対は「山周辺の遺跡」、「を積み出した港」とそれらを結ぶ「街道」など。すべて大田市に存在する。

銀鉱山跡と鉱山町

名称 画像 概要
山柵内
(ぎんざんさくのうち)

sm9215017exit_nicovideo
採掘から精錬までを一貫して行った、鉱山遺跡の本体。生産のほか、操業に携わった人々の生活の様子も残っている。江戸時代初期に柵で厳重に囲まれたことから「柵内」と呼ばれる。
代官所跡
(だいかんしょあと)
画像募集中 江戸時代に設置された、幕府代官所跡。石見銀山の支配に関する施設で、当時の正門と門長屋が残っている。

(やたきじょうあと)
画像募集中 標高638mの矢山山頂に築かれた山跡。石見銀山防衛のための要衝として機していた。

(やはずじょうあと)
画像募集中 と対峙する位置に築かれた山跡。2つの山の間の温泉が通る。
石見
(いわみじょうあと)
画像募集中 標高153mの山山頂に築かれた山跡。日本海に近い石見は、仁摩方面を守備するための拠点として機した。
大森山伝統的重要建造物群保存地区
(おおもりぎんざん―)

sm18227888exit_nicovideo
鉱山とともに発展した幕府直轄地の御料の中心。武・商の旧宅や社寺などが良好に残っている。1987年定の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている。
宮ノ前地区
(みやのまえちく)
画像募集中 代官所跡の北東約100mの位置にある精錬所跡。小規模な建物ながら精錬用の炉を多数設置し、精錬の効率化と品質向上を図っていたものと考えられる。
熊谷住宅
(くまがいけじゅうたく)
画像募集中 石見銀山で栄えた商の住宅で、鉱山業・造業・年貢の検などを行っていた有な商の1つ。住宅は一般開されており、有商人の生活の変遷を垣間見ることができる。
寺五
(らかんじごひゃくらかん)

公式HPexit

画像募集中 寺の向かい側に掘られた石窟に、501体の羅像が並ぶ。羅寺は山で亡くなった人々を供養するために建立された寺院である。
佐毘売山神社
(さひめやまじんじゃ)
画像募集中 永享6年(1434年)の創建と伝わる、石見銀山の中に鎮座する神社。鉱山の守りで、精錬の金山命」がられている。

石見銀山街道

名称 画像 概要
鞆ヶ
(ともがうらどう)
画像募集中 大森から鞆ヶへ至る総延長7.5kmので、港までの最短ルート。精錬技術が導入される前は、鉱石のまま港まで運搬していた。
温泉
(ゆのつおきどまりどう)
画像募集中 大森から温泉泊へ至るで、総延長13.8km。毛利元就が整備したと伝わるで、操業当時は難所であったという。現在は整備が進んでおり歩きやすい。

港と港町

名称 画像 概要
鞆ヶ
(ともがうら)
画像募集中 石見銀山から直線距離で6.5kmの位置にある港。山に最も近い港で、16世紀前半にはここから鉱石が積み出された。

(おきどまり)
画像募集中 16世紀後半にの積み出しで栄えた港。深が深い天然の良港で、船を係留するために削られた岩が多く見られる。
温泉重要伝統的建造物群保存地区
(ゆのつ―)

温泉津町観光協会exit


sm17539959exit_nicovideo
の輸出港・物資供給基地として栄えたほか、温泉としても知られる。2004年定の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定された。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9F%B3%E8%A6%8B%E9%8A%80%E5%B1%B1%E9%81%BA%E8%B7%A1%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%96%87%E5%8C%96%E7%9A%84%E6%99%AF%E8%A6%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

石見銀山遺跡とその文化的景観

1 ななしのよっしん
2016/06/04(土) 19:33:42 ID: MZoJNKVOj/
札幌時計台高知はりまやと並び日本三大がっかり名所の一つ。
2 ななしのよっしん
2017/02/09(木) 16:10:21 ID: ObC8EaJOaH
歴史とか色々と予備知識があれば面いところだけど、パット見で判るインパクトはないから何も知らないと楽しめないかもしれない

一言で言うと秘

急上昇ワード改

おすすめトレンド