編集  

破神エンデ・ニル単語

ハジンエンデニル
ネタバレ注意 この項は、「星のカービィ スターアライズ」のネタバレを含んでいます。
プレイの方はご注意ください。

破神エンデ・ニルとは、「星のカービィ スターアライズ」の登場キャラクターである。

概要

本作の黒幕である魔神官ハイネスが復活をたくらんでいた破壊神とも言うべき存在。本作冒頭でハイネスは封印されていたエンデ・ニルを復活させるための儀式を行っていたが失敗し、ジャマハート宇宙に散らばってしまった。再度儀式をやり直している合間に三魔官を突破してきたずんぐりピンクカービィフレンズが現れ戦闘になる。
ハイネスとの戦闘後、ハイネス三魔官はその身を生贄としてジャマハートげ、エンデ・ニルを復活させてしまう。カービィとそのフレンズたちはフレンズスターが強化された「ティンクルスターアライズ」でニルに立ち向かう。

言わずもがなスターアライズラスボスであり、倒せばエンディングである。

第一形態

さぁ 立ち上がれよ 破壊せし
砕き を滅せよ

さぁ 地を哀で包め 己が望むまま
々を巡り 崩を奏
彼方楽園に 終焉を…永遠に

生贄によって復活したエンデ・ニル。その姿はカービィ世界では規格外の巨人ともいうべき姿だった…。

第一形態と戦うフィールドカービィ本編史上初の3Dフィールド。ニルは衝撃波を飛ばしたり巨大ななどの武器を用いて攻撃してくるが、ダメージを与えるにはティンクルスターアライズの撃ち出す弾丸でニルの弱点を撃ちぬく必要がある。弱点の位置はダメージを与えるたびに変わるのでその都度狙いを定めよう。一定のダメージを与えると戦いの舞台はニルの体内に移動する。

第二形態

おどろきの ニル本体が あらわれたっ!
何の感情も 持たない、闇のエネルギーで 作られた
物質のような そんざいから 今、 何かがざめつつある。
その ねむりの中でニルは はじめて、 心から思った。

の前のてきを、めっせねば とっ!

カービィフレンズが取り込まれたニルの体内にいる球体との戦い。いつものスクロール面である。
本体からの攻撃のほか、天井からダメージを受ける滴が落ちてくる。
背景には生贄として取り込まれたハイネス三魔官が見えるが、ニルに攻撃を与える度に取り込まれた状態から解放され、第二形態のダメージを0にしたところでカービィたちもろともニルの外へ排出される。

第三形態

さぁ 飛び立つのだ 破壊せし
喰らい を滅せよ

さぁ ける哀よ から降る闇よ 終焉を
星の子ら祈り 叫びの音をを奏
夢の楽園に 終焉を…永遠に

両腕にが生えた姿となったニルとの戦い。再び3Dフィールドでのバトルとなる。

第一形態と同じく身体の各所の弱点を撃ちぬくことでダメージを与えられるが、ニルの攻撃はさらにしさを増していく。特に強ビームを複数放つ際には星のカービィWiiに登場したキーアイテムマスタークラウン」に似た形のオブジェを出現させて攻撃してくる。一定のダメージを与えるとニルは地上に墜落し、再び体内に移行する。

第四形態

はるかぜとともに あらわれた、一人の
びする わかものは、たくさんの 友だちと
出会い、わかれ、ついに ここまで たどりつく!
く あいつを やっつけて、さぁ みんなで…

ハンを食べて、おタイムだっ!

第二形態で剥がした外殻の中身、のニルの本体との最終決戦である。再び横スクロール面でのバトルとなる。

その姿には表情のようなものが作られており、時折どこかで見た事があるような顔になったりする。球体の形すら保ってはおらず、攻撃によって様々な形状に変化する。

攻撃面ではフレンズが触れると逆にカービィを攻撃するようになる波動を放つ「トモダチノワ」(ちなみにこの洗脳状態はフレンズハートをぶつければ元に戻る)、周囲に弾幕を撒き散らす「タノシイユメ」、自分を中心にトゲり巡らせる「マンメンノエガオ」、ボールのようにフィールドを跳ねまわる「カケッコ」などの技を繰り出す。そして体が残り少なくなるとカービィとも因縁深いあの暗黒物質によく似た姿を形作る…。

第四形態+α

ここまできたら まけるきがしない!
ティンクルスターを はっしゃして
星のカービィ さいごのてきを やっつけよう!

第四形態の体を0にするとニルの体内から外に移行。脱出したニル本体とカービィは共に線を放ちぶつけあう…!

前作「ロボボプラネット」のラスボス戦にも通じるトドメのパート。画面に表示される操作(スティックグリグリやボタン連打など)を思いっきり操作してやろう。
線が全にあたればカービィの勝利、感動のエンディングである。

ネタバレ注意 この項は、下記に本作のネタバレを含んでいます。
プレイの方はご注意ください。(要スクロール

魂沌ソウル・オブ・ニル

お伽話か、夢物語かも 分からない… その伝説の書には
まだ、続きがあった。集うエネルギーしだいで、
ニルは様ざまな そんざいに なりうる かもしれない、と。
友もなく、闇の物質に 生まれた彼もまた、銀河をさまよい
いつしか、新たな生を うける日が おとずれるのだろうか。
はるか々をめぐって。その時は、友として……!

ストーリーモードクリア後に解放されるモード「Theアルティメットチョイス」の最高難度「魂が飛び出る辛さ」をプレイすると、ラストエンデ・ニルの第四形態にあたるパートで登場する存在。過去作で言う「○○ソウル」系の裏ボスというべき存在である。

その姿はほとんどニル本体と変わらないが、なんとも形容しがたい身体の色はを中心としたセピア調となっている。

その出自について

ネタバレ注意 この項は、下記に本作のネタバレを含んでいます。
プレイの方はご注意ください。(要スクロール


ハイネスはなぜエンデ・ニルを復活させようとしたのか…。作中ではハイネスの口からとてつもなく口でられていたため訳の分からないまま戦っていたプレイヤーも多いと思われるが、じっくり文章を見るとその理由がられている。

もともとハイネスの一族は魔術に秀でた一族であり、同時に闇の物質を崇拝する危険な一面も併せ持っていた。ハイネスの一族と交流があった「科学に秀でた一族」はその思想を恐れて彼らとの交流を断絶、一族を封印して銀河の辺へ追いやったという。ハイネスはその一族への復讐をするため、偽りと思われていた伝説の書に記されたエンデ・ニルを復活させようと儀式を行っていた。

そしてのその伝説の書によると、闇を生み出し続けていたニルの始祖とされる存在が、4人の英雄と4本の心のヤリで封印された、とも記されていた。しかし書物にはそれしか記されておらず、ニルの封印を全に解く方法を会得できていなかった。(本作のオープニングはその儀式失敗したところから始まる)

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A0%B4%E7%A5%9E%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%AB
ページ番号: 5523181 リビジョン番号: 2631343
読み:ハジンエンデニル
初版作成日: 18/04/01 01:48 ◆ 最終更新日: 18/10/07 21:08
編集内容についての説明/コメント: 何故か第二形態のところに第四形態のお絵カキコがあったので修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


New Immortal Love

NIL

おまけ

S.O.N.

生誕の希望

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

破神エンデ・ニルについて語るスレ

304 : ななしのよっしん :2018/12/12(水) 16:22:08 ID: JkcDIbIQml
どっかの動画コメントか、あるいはスターアライズ関連の記事内で見たんだけど、
エンデ・ニルの第一形態と第三形態のスペシャルページって一貫して歌詞だけで、
その形態の詳細はいっさい書いてないんだよね

第一形態だったら例えば「ハイネスの集めたジャマハートは巨大な体を膨れ上がらせ、々すべてを砕くべく動き始めた!(以下省略)」的な説明があってもおかしくなかったような
305 : ななしのよっしん :2018/12/13(木) 22:26:56 ID: tOJG+UwB3Z
ある実況者さんの動画で、エクストラ第三形態の王冠ビーム初見)を「知らないいぃ」とか言いながらほぼ全部的確に避けてるのを見たときはたまげたw
べつにゲーム上手いタイプではなかったはずなんだがな。

こういう絶妙な「鬼畜なんだけど解法が間違いなくある」レベル設計ってすごいよなーとも。
306 : ななしのよっしん :2018/12/14(金) 13:36:14 ID: uimVbT0c/n
とか誕とか肩書きがいちいちカッコいい
307 : ななしのよっしん :2018/12/14(金) 23:22:58 ID: +WHM8sCBIL
ニルがいのってもしや白色わいイメージしてるのかなと思ったがピンクカービィに当てはまるものいし違うか
ダークマターから宇宙繋がりで邪推しちゃったよ
308 : ななしのよっしん :2018/12/15(土) 21:19:12 ID: Qcv57Qck3A
ロボボの時も思ったがラスボスサブタイトル回収するのほんと好き
309 : ななしのよっしん :2018/12/15(土) 21:34:03 ID: jU3ySOvJUC
創造というよりバラモン教でいうブラフマンに近い概念的存在な気がする
310 : ななしのよっしん :2018/12/16(日) 16:08:03 ID: A+VzkTy7jg
ニルがカービィ(のような存在)orダークマターに生まれ変わる可性が示唆されたが、逆にこいつらがニルに戻るパターンはあるんだろうか?
311 : ななしのよっしん :2018/12/16(日) 16:16:59 ID: jU3ySOvJUC
>>310
ニルに還る事こそがカービィ世界で言う『死』なのでは

ハイネスは恐らく

というか当初はハルカンドラ科学の頂点であるギャラクティックノヴァと対極に位置するハルカンドラ魔法の頂点である存在とか抜かしてたけど、現在情報から鑑みれば明らかノヴァなんかよりもやばい存在だよな…
312 : ななしのよっしん :2018/12/16(日) 16:20:04 ID: jU3ySOvJUC
>>310
ニルに還る事こそがカービィ世界で言う『死』なのでは

日本にも似たような思想があるけど、何かに染まる以前のニル(輪廻転生する以前の魂)は一種のであって、ハイネスは恐らくそれを呼び出したんだと思う

というか当初はハルカンドラ科学の頂点であるギャラクティックノヴァと対極に位置するハルカンドラ魔法の頂点である存在とか抜かしてたけど、現在情報から鑑みれば明らかノヴァなんかよりもやばい存在だよな…
313 : ななしのよっしん :2018/12/16(日) 16:24:46 ID: jU3ySOvJUC
まあニルは輪廻よりももっと世界の根幹に関わってる概念にも近しい存在だろうけど

というかこの世界そのものがニルである可性もある
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス