社会科学単語

シャカイカガク
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

社会科学(しゃかいかがく)とは、社会研究とする科学である。
社会学」とはす範囲が異なるので注意(社会科学の分野の1つが社会学である)。
もちろん、小中学校で学ぶ「社会科」とも異なる。社会科で取り扱われる分野には「地理」「歴史」「公民」があり、自然科学研究のもの(地形など)や、人文科学研究のもの(歴史など)が含まれている。公民分野の内容は政治経済など、社会科学が研究とするものと重なっている部分が多いが、宗教など人文学が対とするものも含まれている。

概要

学問分野の一領域であり、自然科学や人文科学(あるいは人文学)と対される。

文学べて、実験による実がある程度可である一方、自然科学のような一般法則の定立が困難である為、経験科学の側面もある。

ただし人文学とのはやや曖昧であり、双方の界にまたがっていると見なされる分野もある。

分野

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

社会科学

225 ななしのよっしん
2024/02/27(火) 01:23:07 ID: Wbg1N19Uiw
>>221-222
Memetic ideas~neuroscience.」に続くずっと下の「結論」(Conclusions)に、こんな内容があった↓
「この論文の貢献は二つある。第一に、ミーム学的理論社会科学で発展してきたが、神経科学との関連は欠けていた。ミーム神経力学アトラクターと結びつけることは、ミーム学的理論に確かな基礎を与えるのに役立つだろう。
第二に、奇妙な信念の形成に関する分析は非常に重要であるが、今までのところそのような信念の形成を説明できるプロセスモデルは存在しない。ここで紹介されたシミュレーションは、神経回路網によく見られるタイプ歪みの分析の必要性に注意を喚起するだろう。
もちろん、神経画像や行動実験の結果と較できるような予測を可にするためには、より複雑な神経モデルが必要になるだろうが、競合学習ネットワークに基づくこのような粗いモデルでも、さまざまな陰謀論の形成に関与すると考えられるプロセスを説明するものとして役立つだろう。」(The contributions~theories. )
👍
高評価
1
👎
低評価
0
226 ななしのよっしん
2024/02/27(火) 07:51:18 ID: 3U7AN6Ri04
神経科学とのつながりが欠けていた等、逆のことが書かれていることはさすがに納得してくれた?
それと結論を得るための方法として、仮定をもとにモデルを作りシミュレーションをしただけであるから、実際のの振る舞いを調したわけではなく、物理的にミーム特定しているわけでもない
つまりいまだに「Memes are hard to objectively characterize or measure」ってわけよ
👍
高評価
0
👎
低評価
2
227 ななしのよっしん
2024/02/27(火) 22:03:44 ID: 22ZBpeOPoU
>>217
端的に言えば、どの観点を取るか次第で多かれ少なかれ論が変わると思う。

学者として学術論文や高品質な学術書を出版する等でなければ、いつどの観点を支持するかは思想・信条の自由かと。自分はある観点からのある情報を覚えたら、その観点がその情報を述べたこと自体は全部受け入れている。
例えば、中田考の人文学イスラム学)的な観点では「異教徒は創造を信じない時点で最悪の罪人、哀れみにより生かされているだけの存在」。
http://web.archive.org/web/20140822140148/https://twitter.com/HASSANKONAKATA/status/502503263178989568exit
こういう観点を支持するかどうかはともかく、学術的・学芸的な世界にはこういう観点もある、ということは自分は受け入れている(と自分では考えてる)。中田的な観点なら、非ムスリム科学者でも学芸員でも「最悪の罪人」だろう。

他には例えば、心と科学についての>>1562019年土谷たちの神経科学論文いわく、「意識」という主観概念を《科学では扱ったり観測したりできない》と論じる哲学者・心理学者・認知科学者は今でも多い。一部の哲学者たちいわく、そもそも「意識」という概念定義不能
一方で土谷たちいわく、実践的研究は以前から主観的意識を扱っている。2017年神経科学者オープウッドの論文いわく、「クオリアは高確率で局所的皮質ネットワーク内における情報処理の結果である」。
これについて個人的な観点を言うなら、意識やクオリアについて哲学心理学・認知科学側と神経科学側はだいたい食い違っている(が部分的には合致している)と思える。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
228 ななしのよっしん
2024/02/27(火) 22:06:30 ID: 22ZBpeOPoU
>>218>>226
ID: 3U7AN6Ri04の観点ではそれでいいと思う。自分の観点では、論文「陰謀論についてのミーム学および神経モデル」についてID: 3U7AN6Ri04が言った「この論文は物理的にミーム特定する路線を取っていない」や、「神経科学とのつながりが欠けていた等、逆のことが書かれている」等が多少疑問。特に、神経科学的観点ではどうなのか?

この論文は、神経科学エリック・ドリスコルの運営するオンライン科学誌『神経科学ニュース』で掲載されてもいる。
https://neurosciencenews.com/meme-conspiracy-neurobiology-19402/exit
>要約:陰謀論を信じる傾向〈性癖 propensity〉は、遺伝的決定や認知や情動防御反応の結果であり得る。研究者らは、ミームの現れが内の神経網吸引子〈ニューラルネットワークアトラクター〉状態として作用し、自らを陰謀論形成に結びつけていることを発見した。

自体ではなく神経モデルを解析したことは、本当にミームの現れが「内」で作用していることを「発見した」ことになるのか? と個人的観点では多少疑問だが、ともかく『神経科学ニュース』の観点ではそう書かれている。


一応、この論文の「結論」部分の観点を抜
>生物学的観点から、信念は「外界における対および出来事についての知覚の神経的産物」として、または「情動的意味を具体的な対および出来事に属させる原理的な過程〈プロセス〉および個人的意味を反映する肯定的で内的な情動的状態の神経心理学的産物」として定義されてきている。しかしこれらの原理的な過程とは何なのか、そして人が陰謀論を信じるのはなぜか?
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
229 ななしのよっしん
2024/02/27(火) 22:09:30 ID: 22ZBpeOPoU
3U7AN6Ri04は、この論文の生物学的観点から見た信念とミーム陰謀論>>228)をどう考えているんだろうか? 例えば信念は生物学的定義で「神経的産物」とされてるが。
自分の観点では、こういった定義哲学心理学や認知科学がどの程度受け入れているか疑問(>>156もあって)。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
230 ななしのよっしん
2024/02/27(火) 22:28:08 ID: 3U7AN6Ri04
論文を全部読んだのかを明言してくれ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
231 ななしのよっしん
2024/02/28(水) 22:47:44 ID: 22ZBpeOPoU
自分は3U7AN6Ri04や他の人と同じく名無しなので、神経情報科学者・AI研究者や科学誌(『神経科学ニュース』)等のようなレベルで「陰謀論についてのミーム学および神経モデル」を全部熟読したとは言えない。
ただ、名無しレベルでは全部読んだと明言できると思う。3U7AN6Ri04がこの論文を全部読んだなら、多分それも名無しレベルで全部読んだということだろう。

とはいえこれはあくまで自分の観点なので、3U7AN6Ri04の観点とどこまで合ってるかはまだはっきりしない。
例えば3U7AN6Ri04の観点は、この論文の「要約」〈Summary〉や「全体図」〈The bigger picture〉や「結論」〈Conclusions〉よりも、「序論」〈Introduction〉に注して「ミーム客観的な特徴描写や測定が難しい」という一文を選び出している(>>226)。

そういうわけで>>227-229
👍
高評価
0
👎
低評価
0
232 ななしのよっしん
2024/02/28(水) 23:11:37 ID: 3U7AN6Ri04
ふむ?するとミームfMRIで測定困難な理由が書かれた箇所等も把握した上で論文を提示したということ?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
233 ななしのよっしん
2024/02/29(木) 17:44:44 ID: 3U7AN6Ri04
もし知ってたんなら、論文を提示した段階で教えて欲しかったんだが?

そんでここでかなり参考になる論文を発見したから共有しておくぜ!

Why Did Memetics Fail? Comparative Case Study
https://doi.org/10.1162/posc_a_00350exit
PDF
https://www.researchgate.net/publication/344311760_Why_did_memetics_fail_Comparative_case_studyexit

この論文は、ミーム学がなぜ文化進化を説明する理論流から外れたのかを、前に述べた二重相続理論(今はgene-culture coevolution theoryと言うらしい)の成功との較を通じて、その要因を検討したものだ
提示された論文の関連文献を漁ってたら辿り着いた
文献も網羅的だから利用価値が高かろうと思われ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
234 ななしのよっしん
2024/03/01(金) 17:53:00 ID: 3U7AN6Ri04
この論文や、参考文献内のミーム学に関する否定的な見解を述べた関連文献をづる式にたどったら、さすがに自分たちの確証バイアスの酷さに気づけるはずと信じたいが・・・
👍
高評価
0
👎
低評価
0