神々の山嶺単語

カミガミノイタダキ
3.2千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

神々の山嶺(かみがみのいただき)とは、夢枕獏による山岳小説である。

1994年から1997年にかけて集英社の「小説すばる」で連載され、1997年集英社から単行本化。翌年に第11回柴田錬三郎賞を受賞した。2000年集英社文庫で上下巻で文庫化。2014年には上下巻の角川文庫版、さらに2015年には題して分厚い1冊本にした角川文庫版が出ている。

谷口ジロー画による漫画版は、2000年から2003年にかけて「ビジネスジャンプ」で連載された。単行本は全5巻。文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞している。

2016年には映画化、こちらでは『エヴェレスト 神々の山嶺』に題された。羽生役は阿部寛深町役は岡田准一。これに伴い文庫版のタイトルには『神々の山嶺』表記と『エヴェレスト 神々の山嶺』表記の2種類があるのだが、両方のバージョン現在も現役で流通しており、ややこしいことになっているので後述。

2021年フランスにてアニメーション映画Le Sommet des Dieux」が開された。谷口ジロー氏の漫画版とは異なるものであるが、製作には氏も協し、実に7年をかけて製作された本気度の高い作品である。日本では吹き替え版が2022年7月開予定。

スピンオフ作品として短編『呼ぶ山』がある。主人公深町ではなく劇中登場人物の長谷。こちらも猿渡哲也画の漫画版が存在する。また雑誌に掲載されていた作者エッセイをまとめた『神々の山嶺 創作ノート』が単行本として発売されている。

単行本版とそれに準じた漫画版および文庫版を較すると、ラスト付近のある描写が書き換えられていることがわかる。理由は後述。

概要

世界最高峰である山、エベレストとその登頂に至るまでを扱い「山に登るとはどういうことなのか」「なぜ山に登るのか」といった問いにどう答えていくのかを主人公深町視点から描いている。

物語の内容はフィクションだが、話の軸として実在登山家ジョージマロリー」のについての探を据えており史実と創作が入り混じった内容。谷川グランド・ジョラスなど著名な山の名前も多数登場する。作者登山に造詣が深いことや綿密な取材の結果もあり、登山関連の描写は大変細かい。岩棚を登攀する際の動作、酸素の薄い場所で過ごす際の様相、遭難時の幻覚の描写などが次々と登場する。

過酷なエベレスト登頂とそこに至るまでの過酷なのり、クライマーである羽生丈二の狂気ともいえる登攀、山を諦めた深町など登山の話が大半ではあるが、芯の部分には「自分の人生をどう生きるか」についての逡巡があり、モノローグや劇中に登場する手記などから読み手を考えさせるような記述が多々出てくる。

登山をたしなむ人にもそうでない人にも読み応えのある長編小説となっている。
でも羽生さんの登り方はマネしてたら命がいくつあっても足りないので非推奨

登場人物

余談・終盤の描写の変更

文庫版が出版される際、最終章のある部分が元の原稿から変更されている。 これは1999年(作品出版後だが、文庫版が出たのはこれより後)、エベレストにてジョージマロリーの遺体が捜索隊により発見されたためである。

ネタバレ注意

※※警告※※
もし、原作未読がスクロールしたら、ネタバレが頭を直撃するぞ──

おれが山だったら、そういうミスを犯す人間の頭には遠慮なく石を落とす……

ここでは、どんなに小さな幸運も期待するな

作者は明言していないが変更内容は深町フィルムを見つけるシーンである。 実際のマロリーの遺体付近からはカメラフィルムも発見されなかったため、この内容に変更したと述べられている。 具体的な理由は不明。

最初に刊行された単行本版及び漫画版では深町フィルムを持ち帰り独自に現像するところまで描かれているが、 文庫版と映画では深町は生還の為、フィルムの捜索を諦めている。 なおフィルムのことについて作者文庫版あとがきの締めくくりに 「おそらく、この永遠に残ることになるだろう。そのほうが、ヒマラ登山史は豊饒であろう。」 と書いている。

文庫版のタイトルについて

先述した通り、本作の文庫版は2020年現在、以下の3種類が存在し、全て現役で流通している。

角川文庫から上下巻のものと1冊本のものがタイトル違いで一緒に出ているため、よく知らないと『エヴェレスト』の方が上下巻の『神々の山嶺』の続編か何かに見えてしまうが、同じ本である。

さらにややこしいことに、角川文庫の上下巻の方の『神々の山嶺』は、背表の表記は単に『神々の山嶺』だが、表には2冊並べるとデカデカと『エヴェレスト』の文字が入っている。一方、1冊本の方は背表も『エヴェレスト 神々の山嶺』表記で、しかも「エヴェレスト」の文字の方が大きいので、『神々の山嶺』というタイトルで探すとかえって見つけにくい。

まとめると、

  • も背表もただの『神々の山嶺』表記 → 集英社文庫
  • に『エヴェレスト』と書いてあるけど背表は『神々の山嶺』表記 → 角川文庫上下巻版
  • も背表も『エヴェレスト 神々の山嶺』表記 → 角川文庫1冊本版

ということになる。繰り返すが、この3つは全部同じ本なので、ダブって購入してしまわないよう注意。

関連商品

集英社文庫版

角川文庫版

漫画版

映画

関連項目・リンク

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A5%9E%E3%80%85%E3%81%AE%E5%B1%B1%E5%B6%BA
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

神々の山嶺

1 ななしのよっしん
2020/05/06(水) 07:40:40 ID: gsM3zYnehs
なんと…、とりあえず作った版が1時間ちょっとで丁寧に
追記して頂けるとは。
市場商品も抜けてたのに、置いてくれてありがとうございます


小説最後のノエル・オデルの言葉もいい言葉だと思うんだけど、
掲載されたっていう雑誌が見つけられないんだよな…、
「岳望」という雑誌がググっても出てこないし、英語圏でのオデルのインタビューは沢山あるので
当該の文章が含まれたものを発見できずにいる。すまねえ、英語はさっぱりなんだ
でもあの文が英語でどう書かれてるか気になるんだ

あれも夢枕さんの創作の一部なのか?いや、でも実在の人物のインタビュー
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
2 ななしのよっしん
2020/07/30(木) 22:20:16 ID: h+c7JNbLCo
未だに読み返したくなる名作
3 ななしのよっしん
2020/09/15(火) 19:43:05 ID: uAxr0CrWkz
を感じる項でいいね
自分にを入れるために定期的読み返す傑作
4 ななしのよっしん
2020/12/21(月) 23:36:45 ID: WkQBu/WJg2
足が動かなければ手であるけ

てがうごかなければゆびでゆけ

ゆびが動かなければ ゆきをかみながらあるけ

はもだめならであるけ

でゆけ でゆくんだ めでにらみつけながらあるけ

めでもだめだったら

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
5 ななしのよっしん
2020/12/22(火) 09:21:12 ID: GwcEAWqVLZ
羽生が遭難から生還する場面は何度読んでもおっかないし面
6 ななしのよっしん
2021/02/02(火) 20:58:39 ID: JT3HHWVpGL
えぇベスト ~中々の温もり~
7 ななしのよっしん
2021/09/12(日) 15:14:32 ID: 51YjG/Hfla
"Le Sommet des Dieux", un film d'animation réalisé en partie dans la Drôme
https://www.francebleu.fr/amp/emissions/le-grand-invite/drome-ardeche/le-grand-invite-80exit
8 ななしのよっしん
2022/06/02(木) 16:01:46 ID: D9VAAUyWtE
夢枕獏、「谷口ジローにこれを観せたかった」 アニメ映画神々の山嶺』7・8
https://news.nicovideo.jp/watch/nw10997950?news_ref=search_accessRankexit_niconews