神山郡廉単語

コウヤマクニキヨ

神山郡廉とは幕末武士明治時代の政治家である。

概要

文政12年(1829年)、高知中島町にて生まれる。通称左多衛。

吉田東洋の少塾で学び、吉田の推挙によって奉行、付などを歴任。

慶応2年(1866年)には大付に就任。第二次長州征伐にて幕府に出兵をめられた際にはこれを拒否した。

慶応3年(1867年)、後藤象二郎福岡、寺村左らと大政奉還建の副書に署名した。

維新後は参与、元老院議官、貴族院議員などを歴任した。

明治42年(1909年)8月20日死去。享年81。

神山の書いた『神山郡廉日記』は坂本龍馬存命時の動静が記されており、幕末史研究の重要史料とされる。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A5%9E%E5%B1%B1%E9%83%A1%E5%BB%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

神山郡廉

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 神山郡廉についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!