神武天皇単語

ジンムテンノウ

神武天皇(じんむてんのう 紀元前711年? - 紀元前585年?)とは、古事記日本書紀に記されている日本の初代天皇である。

在位:紀元前6602月18日~紀元前585年4月9日(建記念日の2月11日は神武天皇即位の日)。この紀元前660年が皇紀元年として定められている。

名称

神武天皇と言う諡号は、諡号を持たない元正天皇までの44代(弘文天皇と文武天皇を除く)に対して、奈良時代の文人「淡三船」が諡号を一括撰進して以降呼ばれるようになった。つまり死後に贈られた名称であるので、本人が存命中に神武天皇と呼ばれたことはないはずである。

古事記では伊波古命(かむやまといわれひこのみこと)。日本書紀では日本磐余尊(かむやまといわれひこのみこと)、始下之天皇(はつくにしらすすめらみこと)、若御毛沼命(わかみけぬのみこと)、野尊(さののみこと)、火火出見(ひこほほでみ)の名で呼ばれている。

生涯

瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が孫降臨した地である日向をおさめる一族の出。

波瀲武鸕鶿葺不合命(ひこなぎさけうがやふきあえずのみこと)と、:玉依姫命(たまよひめのみこと)の間に生まれる。

四男だったが、リーダー資格十分なところから15歳皇太子となり、(あひらつひめ)との間に手研命(たぎしみみのみこと)を設けた。

※手研命は、神武天皇崩御後に後の綏靖天皇を含む異達を弑逆しようと画策した為に殺された。

45歳の時に

日向土の端すぎて下の統治するのには不向きだから、ここよりもさらに豊かな東方下を治めるにふさわしい美しい土地があるだろう。(要約)

と宣言して東征を開始した。豊後やにて基盤を築くのに1年かけ、瀬戸内から吉備を経て河内に至る頃には、東征開始から15年の年が過ぎていた。そして明石峡を越えて的の地である奈良地まですぐそこというところで長髄(那賀須泥毘古)と戦いとなり、この時の矢傷が元での五瀬命(いつせのみこと)が亡くなった。

東征が進まぬ事を危惧した天照大御神により霊布都御魂(ふつのみたま)」を授かった神武天皇は、八咫烏に導かれながら険しい山々を越えて吉野の地へと辿り着き、長髄との決戦勝利して橿原の地を都と定めた。

大物(おおものぬし)の:媛蹈鞴五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめ)を正妃とした神武天皇は、52歳の紀元前660年に即位し、70年以上にわたる治世の後、古事記では137歳、日本書紀では127歳でお隠れになられたと記されている。

※詳しくは古事記日本書紀を読もう。 

天照大神の来孫

神武天皇は天照大神(あまてらすおおみかみ)の来孫(ひひひ孫)にあたる。系譜をたどってみよう。

神武天皇の波瀲武鸕鶿葺不合命である。さらにそのは山幸である。

山幸孫降臨の当事者、瓊瓊杵尊である。さらに瓊瓊杵尊の命(あめのおしほみみ)である。

命は天照大神の子である。これでつながった。

天忍穂耳命

ただし命というは生まれ方が一変わっており、「天照大神が身に着けていた御統(みすまる。一種のアクセサリー)を須佐之男命が噛み砕いて吹き出したら生まれた」とされている。

これだけだと「えっ、じゃあ命を産んだのは須佐之男命じゃないの?」と言う感じだが、これには事情がある。

なんで「アクセサリーを噛み砕く」なんて妙な事をしたのかと言うと、須佐之男命が暴れようとしているのではないかと天照大神が疑った際に、その疑いをらす的で行った儀式なのである。

この時、天照大神須佐之男命を噛み砕いて、女神が生まれている。が丈夫な姉弟だ。さすが

この結果を見て、須佐之男命は「上の持ち物から生まれたは男ですが、私の持ち物から生まれたはたおやかな女です。だから私が暴れようという猛々しい心を持っているわけではないことは判明しましたな!」とかなんとか言って自分の心の清廉潔さを強調した。

そのため「天照大神の持ち物から生まれた天照大神の子、須佐之男命の持ち物から生まれた須佐之男命の子である」という空気になった。だから命は天照大神息子とされているのである。

関連動画

関連商品 


関連チャンネル

関連項目

126 初代 2代
今上天皇(きんじょうてんのう)
  2019~
神武天皇(じんむてんのう)
 紀元前660~紀元前585
綏靖天皇(すいぜいてんのう)
 紀元前581~紀元前549

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A5%9E%E6%AD%A6%E5%A4%A9%E7%9A%87

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

神武天皇

34 削除しました
削除しました ID: I8MfOsUAGd
削除しました
35 ななしのよっしん
2018/06/01(金) 00:48:35 ID: AwZBtHIi/a
実在しなかったんじゃないかって説とか、実在したとしても享年127歳は盛ってるんじゃないかって説もあるけどどうなんだろ
36 ななしのよっしん
2018/06/01(金) 00:49:52 ID: AwZBtHIi/a
半年を1年として数えてた説もあるんだっけか
37 ななしのよっしん
2018/08/13(月) 00:03:51 ID: fQZwWd5LRd
古事記の性質上、この辺の天皇に何の脚色もいわきゃない
というかそんなもん天照大神と系譜がつながってる時点で察せ

議論の余地があるのは事実+脚色かフィクションかという選択の部分で、まるっと信じるは頭が悪すぎる
38 ななしのよっしん
2018/08/19(日) 17:09:12 ID: SV4tyb4BAL
こんなデタラメ言ったところで中国ではとっくに文明ができ終わってて戦国時代を迎えて諸侯が切磋磨してたんだもんなぁ
中東ではアッシリアヨーロッパじゃ古代ギリシャがもういるんだものねえ
39 ななしのよっしん
2018/09/11(火) 01:31:55 ID: aFbym0F+KJ
>>35
> 実在しなかったんじゃないかって説とか、実在したとしても享年127歳は盛ってるんじゃないかって説もあるけどどうなんだろ

基本的には「実在しなかった」ってのが一般的。
せいぜい「モデルになった人物がいたかもしれない」ってしてる人がいるくらい。
まあ、実在人物モデル説ってのも「祖先神話を3人に分割して創られたのが神武天皇崇神天皇・応天皇で、だから間の天皇物語がない」ってぐらいの説だけど。
40 ななしのよっしん
2018/09/28(金) 05:45:24 ID: b4dbnsDqBg
まあ、「の武」なんて諡されるほどがちがちの英雄譚でもないし、逆説的に少なくとも元になった伝承(および伝承にある人物。一人とは限らないが)は諡した奈良時代には伝わってたんだろう。
欠史八代とちがって、全な創作ではないと思う……寿命はさておき。
41 ななしのよっしん
2018/11/25(日) 03:49:23 ID: jN9G2GCQXV
>>36
そもそも紀元前何世紀とかの時代に近現代のを適用してる時点でこのストーリー書いてるやつやる気ないか才ないかどっちかだなって思うよな普通
42 ななしのよっしん
2018/11/25(日) 13:34:13 ID: nWXpxjLpKc
>>41
継体天皇あたりまではや人名や用も古い時代のものを使って書かれてたんだけどね
それより古い5世紀ぐらいの話あたりからは8世紀や人名や用になっちゃってるけど

天皇神話って既に創られてた天皇神話に、さらに古い天皇神話過去に向かって継ぎ足して延長されてきたものだから、古い天皇ほど後から考えられた最新の天皇ってこと
整合性とるのも途中で尽きたんだろうな
43 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 10:21:01 ID: G5vbbauAdB
自分の支配を正当化する為にそこらの族がでっち上げたんだろう
信じてるはいるのかね

急上昇ワード