神羅カンパニー単語

シンラカンパニー
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

神羅カンパニー

神羅カンパニーとは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)のゲームファイナルファンタジーⅦ』に登場する架株式会社である。正式名称は『電気』だが、作中では『神羅カンパニー』の名で呼ばれることが多い。

沿革

元々新羅カンパニーは、『製作所』という小規模な兵器開発企業だった。

しかし、あるとき魔炉を用いての中からエネルギーを抽出する手段を発見し、電事業を展開したことにより、一気に大企業へと成長した。

羅の歴史は実はFF7オープニング宇宙空間みたいな々)に表示され、敵がどれほど強か、
というのを表示していたが、容量の都合上なのかカットされ、ただただ何もない々の中を漂った後に
エアリスが登場し、物語は始まるようになった。歴史が表示されたムービーインターナショナル版のディスク4のムービーで拝むことが出来る。

事業

現在は、本社所在地ミッドガルを中心に、様々な事業を行っている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A5%9E%E7%BE%85%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

神羅カンパニー

24 ななしのよっしん
2018/06/27(水) 19:55:37 ID: Hbg2JCKegn
ジェノバ逃げた後のビルに出てきたブレインポッド、ヴァギドポリス、ゼネネの3体は
混乱に乗じて脱走した生体兵器かな?
25 ななしのよっしん
2018/10/28(日) 17:42:29 ID: MoQbOvsmZ/
>>22
敵に値する組織によって、幸せにした人も相当数いそうってところがまぁ皮ではあるかな。

まぁ最終的に不幸になった人の方が圧倒的に多そうではあるけど…
26 ななしのよっしん
2019/10/20(日) 16:14:20 ID: vfmZMAODXR
幹部のほとんどがやべーやつというサイバーパンク的には模範的暗黒メガコーポ

真人間っぽく見える都市開発部門の人も途中からアレしてアレになるし
27 ななしのよっしん
2020/02/07(金) 23:45:33 ID: xd4KhF8PdN
意外にも御曹司がまともという
28 ななしのよっしん
2020/04/13(月) 11:02:07 ID: NTKCWhUwoQ
Sa-37式は最初の内は最新デザイン良いじゃんと思ってたけど、曲面美や嬌が失われててやっぱ初代最高ってなった(最新版は正確にはSA-37式だけど)。

やっぱあの微妙にダサいというかチープというか、というかブリキっぽさと曲面が同居した、嬌を感じる変なデザインが妙にたまらないんだよね。
明らかデザインとして優秀じゃないのに何でだろう?
あれのミニカー欲しいぐらいに好きなんだよ。不思議。
29 ななしのよっしん
2020/05/12(火) 17:47:40 ID: JTJfktrv4b
リメイクやってると、上層部が暗黒メガコーポと言うか悪の組織っぽい感じだけど一般社員や兵士は色んな意味で「普通サラリーマン」なんだなって思った
彼らにもミッドガルでの生活があって、親しい家族友人もいて…
30 ななしのよっしん
2020/12/19(土) 16:42:05 ID: vAbWwW61U7
炉が露原発メタファーであり、その建造を手練手管を尽くして誘致していく姿、そして環境被害
原発推進vs反原発そのものなんだが、そこ突っ込んで話すとリアル政治介入がありそうだからも口にせんよね
31 ななしのよっしん
2020/12/23(水) 15:17:16 ID: bbjpvU5Hxe
普通ブラック企業というのはそうでもしないと生き残れない勝ち残れないとかそういう理由あるんだがFF7世界では羅以外に対抗できそうな組織が最初から存在せず、最初からっ当にやっても勝ち組になれたんじゃないか?と思う。
32 ななしのよっしん
2021/02/26(金) 19:56:06 ID: NTKCWhUwoQ
旧作羅製品はリメイクに凄く嫌われてる(何で?)けどは大好き。

高度経済成長期のオート三輪を思わせる、洗練されていないが故の嬌を持つSa-37式。
ディーゼルパンクを体現しつつ、億万長者になれば実際に作れそうなハーディ=デイトナ塊感あるデザイン
トヨタ・キカイを思わせ、しかしそれ以上に錆感のある羅のモンスターカー達も、キカイ以外に似た車両いし、それは本当に面コンセプトデザインだ。
トラクターが武装して襲ってくる」スイーパーも、見たを良くしようという意識が欠落しているが故の魅があった。
ニキシー管オシロスコープられ、配管金属が剥き出しになった情報量の多い建築物や内装も格好いいし、それを覆い隠す流線、曲面の金属外装はシンプルな造形でありながら強い存在感を放つ。
一部サイバーパンクSFと内装が存在しておりこの点も嫌われているのだが、過去未来の様式が混ぜられた「ファンタジーな工業文明」の何が良くないのだろう。自分はあの町並みも好きだ。
それどころかゴールドソーサーのアミューズメント感は、現代では失われつつある様式でさえあり、今の線でも面い。

恐らくこれらはリメイクで失われるだろう。今後はリメイクのみが売られ、原作が顧みられる事もくなるだろう。
全てはPS1と当時のCG技術の制約が生んだ産物だが、だからこそディテールに頼らない良さがあった。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
33 ななしのよっしん
2021/04/11(日) 19:21:57 ID: vfmZMAODXR
リメイクのチャプター2、広場での連戦にて、モブ羅兵達がヘリからラペリングで登場するシーンがある。MW2シャドカンパニーみたいでカッケェ! とテンション上がったが、ヘリボーンという高等技を備えているのにHPガードハウンドの半分という強いんだか弱いんだかわからん連中

破壊工作に怯えながらもサラリーマンやってる課長達とか、労災で意識不明のジェシーパパとか、前線ではクラウドに切り刻まれ後方ではハイデッカーパワハラされの羅兵とか、なんというか強く生きてと思わずにはいられない