神聖アドゥリン都市同盟単語

シンセイアドゥリントシドウメイ

神聖アドゥリン都市同盟とは、「ファイナルファンタジーXI」に登場する架国家である。

概要

な冒険の舞台となる「中の」から見て西側に位置するアドゥリンな領土。

2013年に発売されたの拡データディスクアドゥリンの魔境」の舞台
それ以前から存在していた一部のNPCアイテム、文化などにもこのから伝来してきたという設定がある。

政治

「十二名」と呼ばれる各機関トップ12名の協議によって政策が決定される。

『名』とあるのは、旧王時代の王騎士ルーツとなっているため。ただし世襲ではなく、より優秀な人材がいればそちらを登用するシステムとなっている。
一、総務大臣を務める「アドゥリン」のみは旧王ルーツとしているため、現在に至るまで世襲が続いている。

開拓

現在の神聖アドゥリン都市同盟がを上げている政策。のさらに西方、未開の地「ウルブカ大陸」を開拓しようとしている。
そのために「中の」から冒険者(プレイヤー)らを受け入れ、開拓者として募っている。

既に策として実施されているものの、十二名の中でも推進と反対で分かれているのが現状である。ただし、反対及びその者がトップを務める機関でも、既に策として決定しているため表向きにはその方針に従っている。

宗教

「中の」と同じく、女神アルタナ信仰が盛ん。
な宗は「古式アルメイト」。

また、「エクソシスト」と呼ばれる除霊術に長けた職者が存在する。

外交

「中の」とは、特に同じく女神アルタナ信仰が盛んなサンドリア王国と深い関係にある。ただし、サンドリアな宗は「サンドリア教会」だという違いがある。

歴史

およそ1000年前に初代王オーグストが当時この地を支配していた獣人たちをウルブカ大陸に追いやり、「アドゥリン」として建。さらにウルブカ大陸の開拓を試みようとするが、調により『魔』と呼ばれる大陸が危険な場所であることがわかり、それを断念。

400年ごろ、時の王によって開拓宣言がなされ、ウルブカ大陸の開拓が再開される。
当初は順調で、後に「大遠征時代」と呼ばれるほどまで規模が拡大したが、やがて地震などの不可解な出来事が続くようになり、684年ごろに開拓禁止が出されるに至った。

長い間開拓にを費やした結果、国家は疲弊して王として維持することが困難となってしまった。
と十一名は協議により王制止、都市国家として再編することが決定された。これが「神聖アドゥリン都市同盟」と「十二名」の誕生である。

そして現在、再びウルブカ大陸の開拓をすべく、「中の」から冒険者達が迎え入れられた。

その他

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A5%9E%E8%81%96%E3%82%A2%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%83%BD%E5%B8%82%E5%90%8C%E7%9B%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

神聖アドゥリン都市同盟

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 神聖アドゥリン都市同盟についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/09/19(木)09時更新