神舟7号単語

シンシュウナナゴウ
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。
フィクション この項は高濃度のフィクション成分を含んでいます。
この項編集者妄想の塊です。ネタなので本気にしないでください。

神舟7号とは、中国2008年9月25日に打ち上げた有人宇宙船である。

概要

初の船外活動の報告が映像付きで報じられた。この映像に対する疑義とそれに対する批判を紹介する。

神舟7号の映像に対する疑義

短い映像ではあるが、これまでの宇宙に対する考えが大きく変わるような場面が撮られており、宇宙で撮影されたものか疑わしい。映像の詳細な解析が待たれる。

泡のような物

泡のような物が宇宙から飛び出すシーンが撮影されている。ここから宇宙真空ではなく、なにかエーテルのような物で満たされていると考えるのが妥当である。つまり、宇宙真空であるというのは、他宇宙進出を阻むための米国の策略であったと考えられる。

また、この泡のような物は高速で画面上方へ移動する。宇宙飛行士が遊泳しようとしている宇宙空間重力※1)であるため、物体はそのまま宇宙飛行士の周囲を漂うはずである(※2)。

つまり、この泡のような物は自らので高速に移動する生物であることがわかる。また、宇宙飛行士が全く気にかけていない様子から宇宙ではありふれた生物のようだ。

これまで宇宙で活動するこのような生物が報告されたことはない。それほどしい生物ではない様子であるため、これまで発見されなかったのはおかしい。

よって、これまでのアメリカロシアソ連)の宇宙飛行、そして国際宇宙ステーションなども実際の宇宙で行われたものではない茶番であったことが推測される。

疑義に対する批判

動画に付いたコメント

技術が低い

という書き込みをいくつか見受けたが、そんなことはない。これ作るためにはたくさんの技術的な難点がある。

1. ブルーバック撮影のキーイング処理の問題

まず、背景にするわけだからブルーバックめられる。そして、その切り抜き(キーイング)の作業が必要となる。

映画などで見慣れていると思うが、キーイングの作業は意外と大変である。アイドルマスター765comm@ndように、コンピュータが生成した画像ではないため、場面によってはどうしても手作業での切り抜きが必要となる。

ここだけは一般人でも可であり、そう難しいことはない。しかし、処理しなければいけないことはまだたくさんある。

2. 反射面に対するキーイング処理の問題

ヘルメットの写り込みも修正しないといけない。写り込んだブルーバックの処理は非常に大変である。しかも、色の付いた反射面であるため、その作業は更に大変になる。不自然なく見せるには1コマ1コマ修正しないといけないレベルであろう。

3. 照明の設備の問題

3-1

照明も大規模なものが必要となる。太陽地球からの反射、その両方を設置しないといけない。が、全て水中に配置しないと、面の揺らぎが映り込んでしまう(プールの底にできるアレ)。つまり、水中筋か何かで照明セットする設備を作らないといけない。

しかも、宇宙であることが不自然に思えないような照明の仕方をしないといけない。普通照明は点である。しかし、太陽であり、地球からの反射である(少々複雑だが)。

照明再現するのは大変である。なにせ、広範囲にまっすぐさすを置かないといけないからだ。

々がよく見る照明器具は全て点か線である。点ハロゲンランプとか水銀灯とか電球など。線である。といっても線も分類は点と一緒になる。点まっすぐ並べれば線になるからだ。

はあらゆる方向へを発している。だが、はある一定方向のみである。これを照明再現するのは至難の業である。ただ、レーザーだが、広い面積を照らすような物ではない。

と書いたが、実際は点である。しかし、限遠にある点になる。太陽限遠ではないが、非常に遠いためとして扱われる。

3-2

上方からの地球の反射、面も大変である。なにせ機体に宇宙飛行士たちの影が確認できないほどの、広大な面である。それを再現するには、ほぼ全方位からの照明をしないとこのようにはならない。体育館などの大きなホールに行くと、自分の影がたくさん重なって出ているのが分かるだろう。点照明をたくさん並べて照らすとそうなるのだ。しかし、この映像に映り込んだ影はそうはなっていない。

つまり、あの程度の照明の数では足りないのである。更に高密度に、膨大な数が必要になる。カバーのような、多少分散させるような物を使ったとしても、照明の数の肥大化は避けられない。

4. カメラ、セット、照明の問題

筋か何かで水中セット照明を組む必要があると書いたが、それに対する対応、処理が必要になる。

アングルを気をつければ何とでもなるが、でかい反射面のあるヘルメットが問題になる。それに全てが映り込まないように取るのはまず理である。映り込んだら手作業で消さないといけない。そうなるとかなりの手間がかかると思われる。特に照明の映り込みを消す作業といったら……。

ちなみに、宇宙飛行士の腕についている照明設備のようなものが写ったらしいが、あれはもともと神舟7号についているものらしい。

5. 地球の問題

でっかく映っている地球も問題になる。どこかから引っってきたら、それこそすぐばれてしまう。撮影するかCG制作するかのどちらかである。

どちらにしても技術がいる。CGならばさらにである。しかも、またヘルメットの問題がある。これはもっと大変になる。

三次元間で位置を把握し、ヘルメット地球を映り込ませないといけない。現在ではバーチャルスタジオはかなり一般的であるため、座標を把握することはさほど難しいことではない。映画でも度々見かけるものである。

バーチャルスタジオとは、カメラや出演者の位置情報を取得するためのシステムCGが画面内に合成されているが、カメラアングルが変わるとそれも現実にあるもののように変化する。ニュース番組などでよく見かける。水泳競技のレーンに1着2着などの表示や、世界記録のラインを表示するのも同じ部類である。


生半可な技術で出来るものではない。ILMだかそのレベルの技術が必要になると分かるだろう。

さて、ここまで読んだなら1つの疑問にぶつかるだろう。

そこまでして何故、気泡を消さなかったのか。

これが特撮だとしたらかなりのものである。重力であるかのようにみせ、細かなところも気を遣ったのに、あんなに立つものを消さないのはおかしい(水中でなく逆さりだとしても同じである)。

見えてしまってる不自然なところを消す作業は「バレ消し」と呼び、ワイヤーアクションを扱うときは必ずこれがされる。ワイヤーが映っているところを1フレームずつ消していくのである。

先ほど記述したことを修正するより、こんな数フレームの小さなものの消去くらい、どうと言うことはない。AfterEffectsなどのソフトを買えば誰だって可である。なくても、その気になればフリーソフトで修正は可である。

しかし、先述したものはそれがあってもまず一般人にはである。本場のプロが必要になる。

もしこれが全なるねつ造だとしたら、映像制作に関する技術は相当なものといえる。

関連動画

ここからマジメなスペース

ここまではフィクション混じりですが、この先は皆様の質問の返答や、今回のことに関連する書籍などを紹介する、マジメなスペースとなる。

Q&Aスペース

よく見かける疑問について返答する。

  • が見えないのはなぜ?
  • 地球が動いていない?
  • 旗の動きがおかしくありませんか?
  • 音がいてませんか?
  • なんで影がにならないの?
    • 地球からの反射があるからです。画面下方からは太陽が、画面上方からは地球からの反射があるためっ暗になることはありません。
  • あの泡みたいなのは何?
    • 今のところ謎です。しかし、デブリであることは間違いないでしょう。何かしらのゴミがくっついていて、ちょっとした衝撃で飛んでいったという可性は大いにあります。

参考

前項は下記のページを参考に編集しました。

読んでおいたほうがいい本

神舟7号についての本は、まだタイムリーな話題であるため出ていません。しかしながら、今回のケースと似たようなもので、「アポロに行かなかった」というをする、いわゆる「ムーンホークス(Moon Hoax)論」というものがあります。それを勉強することは、今回のケースにおいても重要だと思われます。

  1. ムーンホークス論関係の書物
  2. 陰謀論関係の書物
  3. その他

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A5%9E%E8%88%9F7%E5%8F%B7

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

神舟7号

148 ななしのよっしん
2011/07/24(日) 20:57:40 ID: DjENV4SbZs
侮って追い抜かれたり差が拡がったりするよりは、
本物という前提で捉えてJAXAに予算付けて自分達の計画を
進める方がいい。用心するに越したことはないからな。

だからと言ってこれを保したり擁護したりする必要は全くいが。
149 ななしのよっしん
2011/09/30(金) 06:15:21 ID: I7q3jQD2Pb
有人宇宙飛行が難しいとは言っても所詮は半世紀前の技術。
大な開発費と人死を出す覚悟があればできないことはない。

日本フランスだって必要な技術は一通り持ち合わせている。
カネもないし、事故死させたときの政治責任を負いたくないってのもあって100%近い確信がい限りやらない。

現代は半世紀前とべて人命の値段が格段に上がってるからね。
その点で中国は人命損失のリスククリアできたってわけ。

人命や威発揚に対する価値観が半世紀前と同準のだからこそ。
150 ななしのよっしん
2011/10/15(土) 11:40:11 ID: EpxEnVvxEg
>>149
スペースシャトル計画に便乗して
有人飛行技術取得のためにシャトルに乗る予定(少なくとも当時のNASDAはこう説明した)でしたが、
コロンビア事故で思うように飛ばず、挙げ句の果ては打ち切りでロクに習得できませんでした(テヘッ)

#…有人飛行のプランについてJAXAから何かロードマップとか出てたっけ…
#スペースシャトルで習得したものは何だったのかわからないんだよなぁ。
#シャトルで手にしたものが「宇宙の思い出」だけじゃ「宇宙旅行者」と変わらないじゃない。
151 ななしのよっしん
2011/11/03(木) 05:26:57 ID: u6Ng4+pgZH
8号ドッキング実験成功記念カキコ
がどんどん進んでるのに、日本ニコ坊がいまだに(笑)とかしている悲しい事実
152 ななしのよっしん
2012/03/21(水) 20:55:35 ID: X6wfM7Xgen
>>151
もともとその程度の未来永劫宇宙開発に関わらないからよくね?
153 ななしのよっしん
2013/03/04(月) 10:29:43 ID: w68O1NaB6w
いやいや、彼らも宇宙開発には絶対に欠かすことはできない納税者(フォン・ブラウン 談)
宇宙宇宙開発について正しい知識と興味と判断を持ってもらうことはとても大事なことだよ

少なくとも微々たるとはいえNASAも実際にやってるような陰謀論や疑惑説といった間違いを正すための広報費用や労を別のところに回せるしw
154 ななしのよっしん
2014/01/09(木) 22:26:59 ID: 8/nIsO1gzh
中国人1992年から有人宇宙飛行計画を始動させ赫々たる成果を上げた。

一方日本人は「が映っていないから偽物だ」とアポロ陰謀論と同じ事を言っていた。

次は「影の向きがおかしい」かな? それとも「旗が揺らめいているのはおかしい」?
「飛行士の影の部分がくなっていないから他にがあるはずだ!」とかも古典的で良いな。
155 ななしのよっしん
2014/05/28(水) 12:22:41 ID: LNQIDspu0t
捏造を唱えてる連中を見るに教育の面において日本中国に大きく立ち遅れていると絶望せざるを得ない。
参考に挙げられてるブログコメント欄の誹謗中傷を恥とも思わず書き込む姿勢からは自制心や情緒の欠片も見受けられない。

取り敢えずこいつ等全員殺して埋めたほうがいいんじゃないか。
156 ななしのよっしん
2014/08/05(火) 20:12:51 ID: +BP3YYFRmW
まず要因を1行で済ませていきなり捏造説の話に入るって…
とりあえず乗員数とかミッション期間みたいなのも軽く書いてから捏造議論に入ろうぜ
157 ななしのよっしん
2015/09/01(火) 00:52:11 ID: z6ZocIBSlc
こんなに堂々と殺教唆する人はじめてみた…
UNEI通報させてもらうね

急上昇ワード