禁止カード単語

キンシカード
9.6千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

禁止カードとは、TCGにおいて使用が制限されるカードのことである。

概要

TCGでは新しいシリーズが出るたびに様々なカードが登場する。
しかし、何らかの理由で開発者が特定カードの使用を禁止する旨を宣言する場合がある。これが禁止カードである。

禁止となる理由は、多くの場合、そのカードあるいはそのカードメインにした特定デッキ余りにも強すぎてカードゲームゲームとして最早機しないという場合であるが、勝負が長引きすぎて大会運営物理的に支障があるとか、後のゲームルールの変更によってカードに書かれている処理が出来なくなったなどの場合もある。

公式非公式問わず大会などで禁止カードをデッキに入れることができない場合が多い。
カードゲームバランスを保つための手段の一つではあるが、顧客が既に持っているカード財産としての価値を毀損する行為であり、ゲームバランスに不備があったという商品の欠陥を認める行為でもあるため、一般にはあまり良くないとされている。
ただし一部大会では禁止カードを使用可レギレーションもある。自分も相手も禁止カード祭り世紀末になりやすいが…

友人同士では特に決まりはないので好きに使ってもよいが、
禁止カード入りデッキ対禁止カードなしデッキでは戦に差がありすぎて試合どころではない場合もある。
友人同士で使用可話し合い、仲良くカードバトルしよう。

MTGの禁止カード

まず初めに、どこまでの範囲のカードを使用できるかを大まかに定めたいくつかフォーマット(形式)があり、それぞれの中で異なる禁止カードが設定されている。
その中でも、最初期に作られた賭け用のカードカード物理的に投げて当てるカード、元々変則ルール用に作られた策略カードが全ての場合で禁止カードとなっている。全37枚。
このほか、公式ジョークカードなど、発売時点から公式戦で使用できない前提のカードもある。
 
これまで発売されたすべてのカードを使用できるエターナルという形式の中で、ヴィンテージという形式が最も禁止定が緩く上記のもの以外ならば「制限カード」扱いで1枚は使用できる。ただしヴィンテージにも上記カード以外で禁止カードに定されたカードが少数ながら存在する。
レガシーヴィンテージで制限カードになっているようなもの(違う部分もある)を禁止カードとしている。
初期のカード以外が使用できるモダンは設立時点から「禁止カードを設定することで環境を健全に保つ」ことが明示されており、積極的に禁止カードを設定し、逆に大丈夫と判断されると解禁されたりする。

ここ数年で発売されたカードで行うスタンダードは、「禁止級のカードが出来てしまう=カードセットバランス調整失敗」ということであるためできるだけ禁止カードが出ないように調整されている。暴走しそうなカードデッキタイプが予測される場合、同じセット内に予め対策カードばせておくということも行われる。しかしオーコやオムナスやら、最近のMTGスタンダードでも禁止カードを頻発するようになってしまい、遊戯王笑えない立場となっている。

各種変則ルールについても、そのルールで大問題となるようなカードを禁止カードとして設定している。

2020年4月21日現在の禁止カードの枚数はこんな感じである。

フォーマット 枚数
スタンダード 4
ブロール 4
パイオニア 14
モダン 40
レガシー 89(アンティ9+策略25+その他55)
ヴィンテージ 37(アンティ9+策略25+その他3)
Pauper 17
統率者戦 78(ヴィンテージ禁止37+固有禁止41)

バトルスピリッツの禁止カード

かつては伝説・究極カードという名称だった。(それぞれ禁止・制限に該当する。)

2018年9月現在での禁止カードは18枚。

デュエル・マスターズの禁止カード

プレミアム殿堂というのがこれに該当する。俗に「温泉行き」と呼ばれており、由来は再録された「無双竜機ボルバルザーク」のカードイラスト温泉に浸かっているものであったことから。

2021年7月現在での該当カードは34枚。

デュエマで言う制限・禁止は強さを称え殿堂入りという体裁になっており、購買年齢層を考慮して名誉なこととされている。よって基本的に制限緩和はい。ごくごく例外でプレミアム殿堂から殿堂入りに「降格」したカードが存在するのみである。しかし、「メガデッキデュエル7」のように条件付きで使用可ルールで行われる大会もあるため、全くの価値になってしまうわけではない。
なおプレミアム殿堂とは別にいかなる場合でも使用できない使用禁止カードが定められている。

ヴァイスシュヴァルツの禁止カード

MTGに形式が似ておりスタンダード(全カード使用可)・ネオスタンダード(タイトル定してその作品カードのみ使用可)・サイド限定(のいずれかしか使えない)、タイトル限定(定されたタイトルしか使えない)の4通りのフォーマットによって禁止カードが異なる。またブシロード製特有の○種選抜(このグループに含まれるカードのどれか1種類しか使えない)等ややこしい。

現在のWSの公式大会は基本ネオスタンダードかタイトル限定で開催されるため、ネオスタンダードでの禁止カードは事実上禁止カードである。下記のカードは全構築禁止の全禁止カードだが、それも含めると2019年9月現在7枚存在する。

フューチャーカードバディファイトの禁止カード

2018年5月より、「限界突破」という名称で新設された。MTG同様、フラッグ(勢)ごとに使用可カードが異なる。2021年5月サービス終了時点で全フラッグで使えないのは8枚存在した。

カードファイト!!ヴァンガードの禁止カード

2019年8月より、プレミアムスタンダード-クランファイト-で新設された。2020年3月現在該当するカードは3枚。

ポケモンカードの禁止カード

レギレーションで使用可カードプールが異なる。MTGと同じ形式。

最も多くのカードプールを有する「殿レギレーション」ではカードの強さごとに殿ポイントが決められており、4ポイントえる構築はできないことになっている。
またポイント制以外でも禁止カードは別途定められている。
古参カードゲームだが、その割に禁止カード数は抑えの部類。

  1. マグマ団秘密基地を出す。これの効果でたねポケモンベンチに出すとダメージカウンターが2個乗るようになる。
  2. クレッフィベンチに出す。クレッフィはたねポケモンなので2個ダメージカウンターが乗る。
  3. ランクルスダメージスワップでダメージカウンターHPの高いポケモンに乗せ換える。
  4. クレッフィ特性ワンダロック適当ポケモン具として付ける。
  5. マニューラのひっぺがしで具扱いのクレッフィを手札に戻して回収。
  6. 以下2からループ、66個のカウンターが乗ったら相手は死ぬ。終わり

ループ勝利のため特性メタられるとどうしようもない、必要カードが多いという欠点こそあるが、はまったら最後相手はただ死ぬのを待つしかないという状況になる。
結果このカードは登場してから半年経たずにエクストラ禁止カード行きとなった。
ちなみに特殊勝利アンノーンシリーズは他にもあり、(HAND)もエクストラでは禁止行きである。

なので、9月1日定でエクストラ環境ムサシコジロウリセットスタンプは禁止されたのだが、それと入れ替わりで収録されていたのがこのしまめぐりのあかしである。
単体では悪さを考えつかないが、ここにジラーチEXを組み合わせることでわざと相手にサイドボードを取らせ、更にジラーチ自体がサーチ効果持ちなため、安定性も上がってしまった。
どのカードゲームでもカードプールの増加により思いもよらないコンボができるものである。

  1. フーパEXジラーチEXを2枚、シェイミEXをサーチし、ジラーチを2枚出して効果でマチス作戦とNをサーチ。
  2. シェイミEXなどで適宜サーチや手札補充を行い、ムウマージを出す。
  3. ぼうけんのカバンの効果でどうぐであるしまめぐりのあかしを2枚サーチ。
  4. ジラーチEX2体にしまめぐりのあかしをそれぞれつける。HPが90しかないジラーチは即きぜつする。
    まめぐりのあかしでサイドボード枚数軽減できるのは相手のわざでやられたときだけなので、相手はサイドボードを4枚とる。
  5. ムウマージ特性によりわざときぜつさせ自分は手札補充、相手に更にサイドボードをとらせこれで相手のサイドボードは1枚になる。
  6. 手札にマチス作戦とNとマーズったらマチス作戦を発動し、Nとマーズを使用して相手の手札をすべて捨てさせる。
  7. 最後にザクザクピッケルで相手の山札を3枚まで見て、一番のなさそうなカードデッキトップにして完成

結局先攻1ターン相手全ハンデスというクソゲー完成してしまった。
ジラーチEXが禁止行きにならなかった理由は、しまめぐりのあかしを禁止にしない場合はシェイミEXマグマ団秘密基地シェイミEXをきぜつさせることで結局コンボ成立するため、こちらを禁止するしかなくなったということである。
ちなみに同日定でマチス作戦ムウマージザクザクピッケルも禁止行きで、運営底ぶりが伺える。

2019年エクストラ環境での定は越ガブギラ環境を席巻したことによりハンデスを始めとした手札に干渉するカードが軒並み規制を受けており、追加で全ルールで先攻の1ターンサポート使用不可とルール正も行われ、先攻絶対有利が長らく続いたポケカ環境に一石を投じる結果となった。

WIXOSSの禁止カード

2017年4月現在は7枚存在する。
なお同時に入れる事が出来ないカードもある。

当作では禁止・制限に入ることは部屋入りと呼ばれ、アニメで散々藉を働いた彼女にちなんだものになっている。

アクエリアンエイジの禁止カード

エクストリームスタイルで運用されていた。サービス終了時点で該当したカードは21枚。

Z/Xの禁止カード

2016年4月より、「封定」という名称で本格的に運用開始された。名称の由来は2016年1月28日に登場した「統べて識る者ギルガメシュ」が2016年3月13日までこの名称で使用禁止定がされていたことから。2020年12月現在該当するカードは10枚存在する。

プレシャスメモリーズの禁止カード

メモリーカードというのがこれに該当する。ヴァイスシュヴァルツ同様、ミックスレギレーション(全カード使用可)・MIX-Two limited(2タイトル定してその作品カードのみ使用可)・シングルレギレーション(1タイトルしか使えない)の3通りのフォーマットによって禁止カードが異なる。全レギレーションで使用できないカード2022年5月現在2枚存在する。

遊戯王の禁止カード

詳細は禁止カード(遊戯王OCG)を参照。

なお禁止カードになると一部を除いてアニメでも使用されなくなる。

何故禁止カードは生まれるのか

開発側が想定していない使われ方をした、開発側が使い方自体は想定していたが強さを見誤った(MTGMoMa)、初期段階でゲームバランスがまとまっていなかった、大体は開発側の調整ミスによるものである。

ただし、開発側が意図的にこのようなことを行う場合もある。

息の長いカードゲームの場合過去に囚われつづけるわけにもいかず、現在カードプールで使う分には良いバランスカードならば過去カードと組み合わせた場合の危険性があっても作る場合もある。
この場合、過去カードが使える環境ではトンデモないコンボが生まれ、そのまま禁止となりやすい。

あるいは、バランスが整いすぎて環境が硬直気味になると、長期的に見た場合勝負がマンネリ化して面くなくなるというものがあり、今メタ外のデッキタイプ用に若干すぎるカードを意図的に入れ、環境ちゃぶ台返しするという行為が行われる場合もある。
意図的にバランスを崩す大変危険な行為であり、さじ加減を僅かでも誤ると禁カードとなる。

特殊な事例として、現在カードプールで禁止カードになるのを半ば覚悟の上で、過去カードを再録するというある種のサービスを行った事例もある。この場合、ショップシングルカードとして売ったり、過去カードを使う環境の人とのトレードのタネになる。
 
このような場合はいいのだが、販売元がわざと強カードを作ってパックを売りさばき、ある程度売ってから禁止・制限に定する事もある(遊戯王OCG)。カード売り上げを上げるための戦術であり、商売的には有効だがユーザー的に言うと焼商業甚だしく、利益義と批判される事も多々ある。

禁止カードになるとそのカード公式戦で使用できなくなるため、コレクターアイテムとしての価値しかなくなる傾向にある。コレクターにとっては価値が下がり手に入りやすくなるため朗報とも言えるが…。
酷い時には登場から半年持たずに禁止カードになったりする。(魔導書の神判等)

だがプレイヤーからしてみれば「これは禁止になるな」と思っても、それらは強カードであるため使いたくなる、あるいは勝つために使わざるを得ないのである。例え数ヵ後にそれらがくずになるとしても。

ただエラッタされたり、環境の変化で復帰したりする可性があるので、禁止カードになったら二度と戻ってこられないとは一概に言えないのも実情である。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A6%81%E6%AD%A2%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

禁止カード

84 ななしのよっしん
2022/03/21(月) 01:52:17 ID: 4ZU8LPrjvg
やっぱイチイチカードなんかを集めてデッキを組むより土台さえあれば楽に遊べるボードゲームは最高だわ。
85 ななしのよっしん
2022/04/23(土) 14:09:20 ID: jo1ELv5W2c
るしあうっ頭が
86 ななしのよっしん
2022/05/01(日) 12:47:56 ID: mreCppxsH0
最近煽りキョロ充の御用達スラングみたいに使われてるけど、禁止カードってのはなにかと噛み合わせないと威を発揮しないから単独で勝てるのってほとんどないんだよな。
87 ななしのよっしん
2022/05/09(月) 18:25:41 ID: lWiad0B2iI
どのメーカーもずっとやっててノウハウあるはずなのに定期的禁止カード出すとかどうなってんのこの界
88 ななしのよっしん
2022/05/09(月) 18:48:07 ID: PA4qZqU9Cy
そりゃ強いカード出さないとパック買ってくれないでしょ
89 ななしのよっしん
2022/05/11(水) 08:27:17 ID: gZOqE2dEp3
>>72
厚みが変わるのでマークドになってしまうから、理だな!
90 ななしのよっしん
2022/05/14(土) 04:31:49 ID: 3jd/IypG4l
明らか規制くらうなって分かってるのに環境クソ高いシングルカード買う人ってやっぱ大会勢なの?
91 ななしのよっしん
2022/05/17(火) 11:55:28 ID: izMN1d2fkW
極端な話新弾の新カードのうち99%マジモンのゴミでも残りの1%が壊れなら剥くやつは一定数以上は出るからなあ
そらみんな新弾には強カードを仕込みますわ
とはいえ信用とトレードオフの商法ではあるが

新弾で新規に出たカードテーマ単品が禁止級のぶっ壊れというのはわかりやすいけど
昔出たカードが新弾のカードとすこぶる相性いいと判明しての禁止送りについては事前抑止はどうしようもない気はする
歴史それなり以上にあると運営側の事前シミュレートにも限界あるだろうしなリリースまでの時間は有限だし
92 ななしのよっしん
2022/06/27(月) 09:24:18 ID: 1C8qLlmVZh
カエル規制を見てると、遊戯王でも昔デュエマであったような、組み合わせ規制試せないんかなと思う。それまで規制を逃れてきたカードが新テーマや新カードの登場で一気に爆発した場合、それらの併用さえ防げれば、今までそのカードの存在によって戦えていたデッキが価値を失うことなく環境抑制できると思うんだけど。
まあデュエマの方も制度自体が立ち消えたのかはともかく、コンビの両方が個別に規制された結果組み合わせ定する意味がなくなって消えたので、時間の問題かもしれんが。
93 ななしのよっしん
2022/07/01(金) 19:13:13 ID: BQbzEWtHAx
ポケモンカード禁止カードとかあんのかよ(笑)と思ったけど、アンノーンのそれは納得が行かない気がする
ダメージスワップ?とかいうそれは味方のダメージを調整するためにまず使用されるだから、それを起点に動的にダメージを増やすカード、それを再利用するカードアンノーン特殊勝利デッキを作るためなら必ず採用補として考える
そしてそれらを入れて作ったデッキ動的に特殊勝利できるから禁止って、このカードを作ったやつとそれにOK出した責任者が馬鹿じゃね?って本気で思うわ

全く予想外な使われ方、全く予想外な組み合わせによって必殺コンボが埋まれてしまったとかならまだわかるけど、今のポケモンカード知らない自分でもアンノーン特殊勝利デッキをつくるために考えるだろうなという効果のカードで発売前の動きが雑としか言いようがないわ