福徳岡ノ場単語

フクトクオカノバ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

福徳岡ノ場(ふくとくおかのば)とは、硫黄島の南にある南硫黄島の近くにある海底火山である。

概要

2010年ごろの最高地点の標高は-25mだった。2021年8月プリニー式噴火を起こし、15000m以上の噴煙柱をつくった。なお、西之島の噴煙が最高8300m(2020年7月)、桜島の噴煙が高い時で4000~9000m程度である。

周囲に人はなく、人的被害も確認されていないが、周辺を航行するには噴石などへの注意が呼びかけられた。

その後、直径1kmほどの新しいができていることが確認された。最初はのひづめのような形だったが、後に丸括弧に変化した。すごく簡単に説明すると以下のような図。

U → ( )

ただし、福徳岡ノ場にができるのはこれが初めてというわけではなく、明治時代以降に少なくとも7回は噴火しており、3回は新しいができている。噴火まで行かなくても、周辺のが変色することは較的多い。

かつて新しくできたは「硫黄島」と呼ばれていたが、軽石がな成分であったためか波に侵食されてしまい、は消えてしまった。2021年にできたも恐らく今後は侵食が進むと見られている。

なお、「福徳岡ノ場」の名前の由来は文献が見つからずはっきりしないが、「福徳丸」のような名前に由来すると考えられている。同じ小笠原諸島の「福山(福ノ場)」は「福丸」から名づけられている。漁業関係者たちが一部の漁場を「○○ノ場」と名付けており、そのうちいくつかの周りより浅いところにある漁場を「○○ノ場」と呼んでいたようで、他にも「南日吉山(日吉ノ場)」などがある。

その後多くの漁に知られ共通性の好漁礁となった.したがって この礁を発見した福丸の功績を称え名を冠した"福ノ場"と固有名詞を付して呼称しわがの多くの漁による漁場として開拓し 現在に至った.

佐藤孫七「"福神岡ノ場"の海底噴火情況」, 地質ニュース , 1976/03, p.31-35.exit

関連動画

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A6%8F%E5%BE%B3%E5%B2%A1%E3%83%8E%E5%A0%B4
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

福徳岡ノ場

1 ななしのよっしん
2021/12/15(水) 19:18:44 ID: IqUmFIzVXb
この福徳岡ノ場の本体と言える北福徳カルデラカルデラ式噴火を起こした時期ってわかりますか?

気になって調べたけど全然資料が見つからないので・・・