秋葉原単語

アキハバラ
  • 12
  • 0pt
掲示板へ

exit_nicocommons

秋葉原とは、東京秋葉原駅周辺をす地域名である。

概要

として東京都千代田区神田神田佐久間町・神田花岡町・神田相生町・神田松永町・神田練塀町・神田和泉町・神田河町および台東区秋葉原が該当する。特に「電気街」「サブカルチャー」の文脈でられる秋葉原はほぼ外神田に合致する。

古くから「電気街」として有名なであり、産業や電子工作には欠かせない電子部品を買える店が集まっている。家電量販店が全的に広がる前は「電の」としての顔もあった。その一方で上野新宿・築地と並んでホームレス密集地域の1つに挙がっていた時期もある。まだヨドバシAkibaが建つ前の昭和通りと電気街の間を横断する山手・京浜東北線の高架下は文字通り人を寄せ付けない程の悪臭・腐乱臭のせいでほとんど通行人が通らないためホームレスオタクリーマン狩りの巣窟となっており、当時のガイブックにも「時間に関わらず、たとえ集団であったとしても人の高架下には行くな」と書かれるほど。

そんな秋葉原も、電子機器の進化などによって自体が変化していった。「マイコン」が登場し、パソコンゲーム機などへと電子機器が進化するにつれ、コンピュータゲームとなっていき、さらにはどこからともなく同人誌の店まで進出し、アニメフィギュアなど「萌えキャラ」や「メイド」など、キャラクター的なものを中心としたさまざまな顔を持つへと進化していった。

中央通りに数多くのオタク店舗が出店。そこから現在では「オタク街」として有名になっている。「メイド」が生息し、そのメイドに群がる「オタク」が経済を支えている。また「麻生」という人物がこの地区では権を握っているらしく、たまにやって来ては演説を行い、「オタク」の支持を集めている。

アキバ」という略称現在では世界的にも広く認知されている。オタク文化を広くアキバ系」と称することもある。

歴史

→「秋葉原の歴史 」を参照。

主な通り

南北方向の通り

■中央通り
総武線車窓から望むことのできる秋葉原の顔。歩行者天国が行われる通りはここ。
昭和通り
秋葉原駅の東縁に位置する国道4号の通り。交通量の多いで秋葉原らしい店は少ない。
通り
秋葉原の西から湯島へ向かう通り。この通りが秋葉原の西端となる。
DOS/V通り (通称)
神田三丁を縦貫する、中央通りを一本西に入った裏通り。マニアックな店が多く連なる。その品えの内容からジャンク通りやDOS/V通りなどと呼ばれている。北側から南進すると丁度AKIBAカルチャーズZONEを望む色となる。
アキバ田代通り (UDX通り?)
どこぞのかを連想させるが、由来は旧地名である「神田田代町」から。中央通りの一本裏にあるおかげか、秋葉原UDXというガチオフィスビルのでありながら、その向かいにはじゃんぱら等コアな店が対峙している。アニメイト秋葉原店はこの通りにも入り口を設けている(別館扱いだが建物内はつながっている・・・はず) 。休日等中央通りが混雑しているときはこちらからの方が入りやすいかもしれない。
UDX通りという通称があるが、この通りをさしているのか後掲の神田明神通りをさしているのか不明。
特別区千第678号 (通称不明)
AKIBAカルチャーズZONEの東側に接していて、外神田一丁目の東部を丁度縦貫するように通っている通り。から若干離れているにも関わらず、やや人通りが多い通りとなっている。客引きのメイドも多い。

東西方向の通り

神田明神通り
秋葉原地区の東端である昭和通りから東西に貫く形で西縁の通りまで続く。通り沿いにはヨドバシカメラUDXビックカメラAKIBA(旧ヤマギ本店跡地→ソフマップ本館)、ベルサール秋葉原(イベントホール、旧日本通運本社跡地)、旧ザ・コン館(現AKIBAカルチャーズZONE) といった、時代の変化を感じさせる大の建造物が連なっている。
■練塀通り
「オレ達の太郎」の看ガラスりビルの間の、中央通りと昭和通りを結ぶ道路。ホビーショップは点在する程度でサブカル色は薄い。この通りの昭和通り側から中央通りを望むと少し冷めた気持ちになる。
WORKING!!』でおなじみ (?) のロイヤルホストがある。店のキャパはそこまで小さくないが、秋葉原には数少ない普通レストランな為、人入りはそれなりで混雑していることが多い。

主な建物・お店

ヨドバシカメラマルチメディアAkiba
秋葉原駅昭和通り口と直結する形で建つ現在の秋葉原を代表する建物の1つ。昭和通り側の再開発に大きく貢献した。
秋葉原UDXビル
ラブライブ!』のUTX学院モデルとして有名な場所。2階のホールフィギュアの展示会やTCGの大会をはじめ、多くのサブカルチャーイベントの会場に使用されている。上層階はオフィスロア
ソフマップ/ビックカメラAKIBAビックマップ
秋葉原の各所に店舗を構えるパソコンショップ。中央通り最大の交差点の一ソフマップ秋葉原本館があり、季節ごとに様々なアニメゲーム広告が掲示されていたが、2017年6月に親会社のビックカメラの店舗に転換。他にも電気街口から中央通りに出てすぐのアミューズメント館や旧ヤマギソフト跡にできたサブカルモバイル館(旧アキバソフマップ1号店)などがある。美少女ゲームとのタイアップグラビアアイドルイベントなどを精的に行っている。
ガンダムカフェ/AKBカフェ
電気街口を出てUDXビル側の大広場にある。前者は特に外国人客が立つ。
アニメイト
ゲーマーズ3号店のビルと、そののビル2本を丸ごと使用している全でも最大規模のアニメショップ。他にも万世近くに女性向け商品専門のガールステーションがある。
ゲーマーズ
秋葉原と言ったら、なアニメショップ現在電気街口出てすぐの所という好立地のため、しょっちゅう混んでいる。イベント開催時には店頭に行列ができることも。末広町にあった旧本店はビルの上にマスコットキャラデ・ジ・キャラットが描かれていたため「でじこビル」と呼ばれていたことが(現店舗も割と最近まででじこの看があった)。
コミックとらのあな
アニメイトの隣にある同人ショップ。B1Fは成人向けコーナーなので18歳未満は入っちゃだめだよ!
クラブアミューズメントセガ
い外装とSEGAロゴでおなじみのゲームセンター前、中央線高架沿い、中央通り沿いの3箇所があり、それぞれ「セガ」「(旧)セガ」「新セガ」と呼ばれる。「新セガ」は同社の人気ゲームワンダーランドウォーズ」のメッカとしても知られ、多くのランカーや有名プレイヤーが大会に出たりイラストを寄稿していったりする。
Hey
中央通り沿いにあるタイトー系列のゲームセンター。3Fのレトロゲーム、4Fの女児向けゲームが稼働しているエリアは一部層から聖地と化している。
タイトーステーション
とらのあなの隣にあるゲームセンター。かつては入り口に太鼓の達人が置かれていたため痛い子の達人聖地となっていたが、もちろんおまわりさんに怒られて2Fに追いやられた。
カラオケ
ヨドバシAkibaの隣、昭和通り沿いに建つ秋葉原最初のカラオケ店。現在は万世通り沿いに新設された店舗を秋葉原本店としている。
大人コンビニ
秋葉原駅電気街口を左に出てまっすぐいくとすぐ見える。大人コンビニ・・・一体何ルトショップなんだ・・・!?
ラジオ会館
「ラジ館」の名前でも知られる有名なビル。PCゲームシュタインズゲート』での飛来物が突した場所としても知られ、アニメ放映中、そして新館建設中に1回ずつ、それぞれ飛来物を模したジオラマゲーム中と同じ場所に取り付けられるコラボレーションが行われた。
■アトレ秋葉原
秋葉原駅ビル。かつては「アキバラデパート」という名前で、1階には軽食が取れるフードコートやマーフィー岡田をはじめとする達人による実演販売コーナーがあった。オタク受けを狙って迷走した時期もあったが、建て替え後の現在は他のアトレと同様ファッションビル化。なのにアニメとかとしょっちゅうコラボしているのは秋葉原ゆえか。昭和通り口にも飲食店メインの別館がある。
ドン・キホーテ
中央通いに立っているいビル。T-ZONEナミから初代アソビットシティを経て現在の姿に。ドンキとしては最大級の店舗。1Fと地下はパチンコ屋、7Fはメイドカフェ@ほぉ~むカフェが入居し、8FにはAKB48劇場を併設している。
■住友不動産秋葉原ビル(ベルサール秋葉原)
日本通運本社ビル跡地に建設されたオフィスビル。1F部分はイベントスペースとして企業に貸し出しており、普通企業展示会からサブカルイベントパチンコパチスロプロモーションイベントなのにオクトーバーフェストやってたりといつも何かしらのイベントを開催。上のオフィスロアにはカスペルスキー日本法人が入居している。
AKIBAカルチャーズZONE
LAOXザ・コンピュータ館をリニューアルしたビル。アイドル育成用のカフェアイドル用の劇場があるほか、アニメイトカフェなどが出店している。
コトブキヤ
AKIBAカルチャーズZONE、新セガHeyの裏手にある。フィギュアプラモデルの販売のほかに、キャラクターコラボショップをよく開催している。
■雁
知る人ぞ知るアキバの名店(中華料理店)。「がんせん」と読む。少しわかり辛いところにあるものの、常に多くの利用客で賑わっている。何気に2014年にはコミケデビューも果たした。
牛丼専門サンボ
中央卸売市場があった頃から営業している牛丼専門店。大手チェーン店にない独特の雰囲気からファンになっている人多数。
■かんだ食堂
アキバ田代通り沿いにある昔ながらの大衆食堂の生き残り。注文してからご飯が出てくるまでのスピードが速く、値段に対して量が多いのが特徴。
ごはん処あだち
の近くにある、こちらも昔から営業している大衆食堂。ごはんもおかずもものすごく盛られている事から最近ではデカ盛り聖地と化しつつある。
九州じゃんがららあめん
そのあだちの隣に建っている、秋葉原を代表するラーメン店。現在の秋葉原はラーメン店の戦区と化しているが、その中でも開店から四半世紀以上経ってもなお行列ができる屈の店。「九州」を冠しているとおり、スープ豚骨系。
■ラホール/ベンガル
ラーメンだけでなくカレーも秋葉原は戦区と化しているが、中でも古くから知られているのがこの2店。前者はインド後者は欧カレーが食べられる。
■キュアメイドカフェ
秋葉原の老舗メイドカフェ。秋葉原はメイドカフェが多いイメージだが、このキュアメイドカフェ店員メイドに置き換えただけのごく普通カフェである。キャラクターとのコラボカフェも開催されている。何気にチャンピオンカレーが食べられる店でもあったりする。
カフェメイリッシュ
もう一つの老舗メイドカフェ。こっちはキュアメイド現在イメージされやすいメイドカフェの中間ぐらいの感じで営業し、日や時間によってクラシックメイド服からコスプレまで衣装が色々替わる。もちろんこちらでもコラボカフェを開催。シュタゲをやった人ならメイクイーンニャンニャンモデルになった店と言えば分かるかと。
カラオケセラ
中央通り沿い、旧アソビットシティの場所と昭和通り側、万世近くの3店舗を出店。万世の店舗はキングレコードなど各種コンテンツとのコラボカフェアリスプロジェクト仮面女子)の本拠となっている劇場が入居している。
まんだらけコンプレックス
DOS/V通り(通称)沿いにある地上8階建てのいビル。まんだらけ史上最強店舗と謳っており、外階段を客がせわしなく上り下りする様子が良く見られる。
3331 Arts Chiyoda
末広町から北にちょっと行ったところにある、旧練成中学校校舎を装して作られた文化施設。様々な企画展を開催しており、中には秋葉原らしいサブカル的なものも。かつてははんだづけカフェもここに所在していた。

かつてあった有名なお店

エウリアン
綺麗なお姉さんティッシュを配り、受け取った人間を店内に連れ込んで理矢理贋作絵画を売りつける悪徳詐欺集団。名前の由来は「絵を売る」+「エイリアン」。万世署からも幾度となく警告や導が入ったもののあの手この手で電気街口前に居座り続けていたが、ラジオ会館新設を契機に万世署からついに立ち退き命が下り撤退(跡地はチーズタルト専門店の「PABLO mini」)。その後もDOS/V通りなどに居を構えていたが当然相手にもされず、2015年末に秋葉原を撤退した事が確認された。秋葉原を舞台にしたゲームAkiba's trip』では実際に「エウリアン」という名前の敵キャラが登場し、勧誘を断り続けていると襲いかかってくる。論いきなり殴りかかる事も可
毎日閉店してるお店
毎日閉店セールと称して金属1000円3000円で売りさばいていた。上述のエウリアンと違い商売文句を叫び続けているだけでである事や、何ヶ月経っても閉店セールを続けている事から2ちゃんネタにされたりとそれなりにされていた。気がついたら本当に閉店していた
サトームセン
方の近所の秋葉原、サトームセン♪」のCMソングでおなじみ。跡地にはヤマダ電機が入った。
メガネスーパー
現在の「セガ」が入っているビルにあった。閉店までずっと店員が店の前でラップしている事で有名なお店。実際、「メガネ屋 秋葉原」まで入れると予測でラップが出てくる。どんなラップか知りたい人はググってみよう!

関連動画

秋葉原の関連商品

秋葉原の関連コミュニティ

関連項目

東京都23区内のな地名
銀座浅草永田町六本木上野|丸の内|八重
秋葉原巣鴨池袋高田馬場新宿渋谷品川大崎

【スポンサーリンク】

  • 12
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A7%8B%E8%91%89%E5%8E%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

秋葉原

322 ななしのよっしん
2018/06/08(金) 16:04:05 ID: y1ATkO/10D
秋葉原は終わった』って言い出す人は昔から定期的にいるよなー。
でも単に、(当然)変化していく秋葉原にその人がついていけなくなっただけなので秋葉原が終わる事はい。
野菜電気オタク
今はB級グルメの側面を追加していっている状態かな……
323 ななしのよっしん
2018/06/20(水) 10:00:32 ID: yDJlobZeiv
ここ10年で変わってないのはネトウヨだってことくらいか
324 ななしのよっしん
2018/07/09(月) 21:30:28 ID: TQqR3S6ToX
ここ数年はオタクですらなく、外国人観光客が集まる観光地になってきてる気がする
歩いてるとすれ違う人のうち半分は外国人イメージ
325 ななしのよっしん
2018/09/30(日) 14:18:37 ID: mh3P7GwawV
秋葉原は常に変化するであるという点は肯定するが
秋葉原は変わった」と言う人は大抵電気街側しか見ていないから見失っているところがあると思う
変化した最大の原因は中央札側につくばエクスプレスが開業したことで、
内外に名実ともにターミナル駅として認知されるようになったから、
オフィスとして集積するようになって、「結果的に」飲食店が集まるようになったというのが有ると思う
何せ同線沿線の変化の大きさから見て秋葉原がそのままでいられると思えないくらいだもの

ちなみに同線は北千住から山手線に伸びて東京駅そうとしていたが、
建設費削減と千代田区の出資から秋葉原終点になった

あとオタク文化が一般化したのはオタク文化を隠れ蓑にしていた
オウム真理教が解散したおかげで安全になったのもあるけど
この2点を積極的に論じる人はあまりいないのが悲しい
326 AAA
2018/11/15(木) 09:36:32 ID: AfejtLdsX3
https://www.youtube.com/watch?v=O1tAV6bVSe8exit
秋葉原公式Vtuber

秋葉原ならもっとく出てきたと思ったのに
これはちょっと手遅れ気がするね...
327 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 23:16:44 ID: q8Mp2f9OBp
とあるコラボカフェのために初めて行って来たけれど、客引きの女性語尾にニャアやござるってつけたり、同人関係のお店が所々にあったりしてなかなかカオスだったな。
楽しかったけど、エッチな物が結構多くて恥ずかしかったよ。
328 ななしのよっしん
2019/07/13(土) 17:32:57 ID: ocrOyuoZLd
そもそもアキバのすぐ以北の台東区鶯谷ラブホ吉原ソープを抱える歴史的な性風俗だし
アキバに上品さをめても駄ってもんだ
秋葉原玩具ゲームになっていったのも台東区玩具産業・ゲーム産業の土地な影もあるし
ホビー・ゲームエロ、この3大産業は台東からアキバに南下してきたからといってもいい

そして台東区上野浅草コリアタウン外国人観光客で栄えるであるように
今後もアキバ外国人観光客で栄え続けるし、ネトウヨがいくら栄えようとも
オタク産業と外国人向け観光産業、この二つがアキバ経済の柱になり続けるのは変化なしだと思う
この辺周囲一帯が歴史的にずっとそういうカオスな土地柄だから、
大衆のエネルギーが築いた下町(闇)ってのはイデオロギーや山手の上品さでは統御できないと思う
329 ななしのよっしん
2019/10/29(火) 20:00:19 ID: iiwgEi6pK6
今だにエロがいっぱいあるんだし16と言わず18禁にすればいい

https://twitter.com/tawarayasotatsu/status/1189034930740707328?s=20exit
330 ななしのよっしん
2019/11/12(火) 02:16:43 ID: o8R4J/HOL7
大通りにでかでかとエロゲー広告打ったのが即撤収して話題になったけど、カオスな時期でもあれよりは布面積と分別はあったと思うなぁ・・・
あとニコニュースだと電気街の町より風俗エロゲーの町扱いしたがるオタクが多かったのが個人的には衝撃だったな
331 ななしのよっしん
2019/11/17(日) 12:58:24 ID: XA7NzOqyAW
エロゲ広告の撤去に表現の自由がーって喚いてるがいる事に衝撃だよ

急上昇ワード