秦良玉単語

シンリョウギョク

「秦良玉」(しん・りょうぎょく 1574 ~ 1648)とは、中国正史に列伝を持つ一の女流将軍であり、

  • 人となり胆略智謀あり、
  • 騎射をよくし、
  • 文をよくしてと文を好み、
  • 軍を御すにあたっては厳峻であり、
  • を発するごとに隊は粛然

たる女傑にして、トネリコのを装備した杆兵を率いて斜陽の明を支えた戦乙女。字(あざな)は貞素。

三國志11 統率 政治 特技 戟兵 騎兵 兵器
秦良玉 82 78 76 70 90 強行 B A A S C B

概要

は忠州の少数民族の出身で、幼少時よりより武芸を習い、成長すると石砡宣撫の千乗の妻となる事を選んだ。

応龍が反乱を起こした際は、千乗が率いる3000の兵のうち、500の兵を揮して秦良玉も従軍し、敵軍の夜襲を見抜いて撃退して七つの塞を抜く等活躍して戦功一等とされたが、秦良玉は夫をたてる為なのか自ら功を誇ることはしなかった。

その後、夫の千乗が民事訴訟に巻き込まれて玉にあげられ、実の罪で死すると言う悲劇に見舞われると、秦良玉は、夫の兵を自ら統括した。

が明への侵入を試みた際には、邦屏と民屏に兵数千を与えて先発させて東の地を守りきることに成功し、功績を認められて秦良玉は三品官の官を給わり、邦屏は都僉書に、民屏は守備に任じぜられた。その後、邦屏は渾河を渡河中に戦死したが、兵三千を率いて戦った功績が認められた秦良玉は二品官の官を給わり、子のは都揮使に任命された。

戦死した邦屏と遺族に対する保障を願い出た秦良玉の、

わたくしは潘州の戦い以来従軍し、いささかの功を立て、嫉妬心を起こすことなく、騒々しい讒言にも忠を持って潔明してまいりました

との訴えを聞き届けた朝廷は、秦良玉の功績を讃えて邦屏を都督僉事に追贈し、遺族の世襲を許した。

で奢崇明が反乱を起こすと、盟友の樊が秦良玉に品を贈って味方に引き込もうとしたが、秦良玉は使者をって勧誘に対して断固たる態度を示し、民屏や甥の明と拱明を率いて鎮圧に出し、伏兵を用いて賊軍の船を焼き払い、を飛ばして賊軍を破った功績により、民屏は参将に、明と拱明は守備に任ぜられた。

奢崇明が成都を包囲して、秦良玉と同じ少数民族の者達に賄賂を贈って動きを止めたものの、秦良玉は劣勢にめげずに成都そして重慶を落とし、その功績により、都督僉事そして総兵官を授かり、子・は宣慰使に、民屏は総兵に、明と拱明は参将と任命されると、感した秦良玉は益々奮戦して賊徒をらげ、の地を開放した。

その後、永の四つのを奪われた秦良玉に対して、崇から呼び出しが入った。

責任を追及されるものと思い込んだ秦良玉は、を離れる前にすべての軍費を兵達に分け与えてから師(北京)に入すると、彼女の予想を良い方向に裏切られた。

呼び出しは、四陥落の責任追及ではなく、これまでの功績を皇帝自らが賞賛する為に謁見させたもので、秦良玉は、幣や羊の肉などを賜った他、崇自らが秦良玉を賞賛する為に作ったが贈られた。

その後も賊軍との戦いを続けた秦良玉は、羅才や東山虎を破り、賊軍の勢を大きく衰退させた。

都帥のが四巡撫・に兵二万を与えて重慶に駐留させ、秦良玉も従ったが、の軍はあまりにも統制がとれておらず、秦良玉は錦州知事の陸遜之に、

は兵事を知りません。わたくしは一婦人とはいえ国家の恩典を受け、死すとも覚悟は出来ておりますが、彼と一緒に死ぬことを恨むのみです。

と言い、を用いる不便を説いてを大に移させた。

そして・・・秦良玉の最大の敵となる献忠が決起した。

秦良玉は兵を率いて献忠の軍勢に対抗し、先鋒を挫くことには成功したものの、その後連敗して三万人の部下を失った為、大にお互いの兵を半分ずつ出し合って対抗しようともちかけるが、一緒に死ねいとまで言われたはこれを用いなかった為、秦良玉はため息つくしかなかった。

献忠がの地を支配するに及ぶと、秦良玉は、十三路に守兵を置いて対抗すべきだと巡撫の陳士奇に献策したが、士奇はこれを用いず、秦良玉は寡兵で自らの策を実行に移したが、献忠の勢いをとめることはできず、秦良玉は衆寡敵せず敗北した。

少数民族の士官の多くが献忠の下へ走る中、秦良玉は、

私の兄弟二人はみな王事に死し、私は一夫人といえど国家の厚恩を被ること二十年、今不幸にして処にいたり、しかし敢えて逆賊に余年を生かされることを望まない。

といって包囲網を再度形成し、守備にした。

その間に、自成の乱によって崇死亡して明が滅亡したが、秦良玉は亡命政権の南明・に仕えて忠州に立てこもり続け、清が乗り込んできて献忠が敗死した後、老衰により大往生を遂げた。享年74歳。

その他「秦良玉」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照の事。exit 

崇禎帝平臺賜詩

が、秦良玉の功績を表した際に贈った四首の。 

  1. 西川袖里握兵符。由巾幗甘心受,何必軍是丈夫。

    学ぶにすなわち四図、袖のに兵符を握る。
    古来、巾幗、心に甘んじて受く、何ぞ必ずしも将軍これ丈夫たらん。

  2. 錦征袍自裁成,上請長纓。世間多少奇男子肯沙場里行。

    錦の征袍自ら剪りて成し、上、長纓を請う。
    世間、多少の奇男子か沙上里を行くを肯せん。

  3. 露宿餐誓不辭,飲鮮血代胭脂。凱歌上清曲,不是昭君出塞時。

    胡虜を飢えて餐うも誓いて辞せず、飲むは将に鮮血、胭脂に代える。
    凱歌上にす清吟の曲、是れ昭君出塞の時にあらず。

  4. 帚作蝥弧。一動地呼。試看他年閣上,丹美人

    凭るは将に帚、虜胡を掃(はら)い、一の歓、地を動して呼ぶ。
    試に看る他年の閣上、丹先ず画く美人の図。

そんなオカルトありえません

秦良玉が千乗の妻になった際、兵法書や農業書を数十冊も買いこみ、一年間こもりきりで読み込んだ後に、財をつぎこみ借をしてまで山や土地を買いあさり燥に強いを植えた。

果たしてその年は大干ばつとなり、買いあさった土地に植えたが売れに売れてあっと言う間に借を返したほか、充分な暮らしが出来るだけの蓄財が出来た。

その翌年は、に強い作物を栽培すると、果たしてその年は長が続いた為、またもや作物が売れに売れた。

そのことを夫の千乗が秦良玉に「どうしてが予測できたのか?文でも学んだのか?それとも何かのオカルトか?」と尋ねると、秦良玉は、

木に巣をつくればとわかり、に巣をつくればとわかる、と前漢書にあります。
私はに教えてもらっただけです。
およそ干ばつのときはそのが必ず深いものですし、の多いときは必ず高いところに行きます。
それによって気を知ったのです。

と、オカルト的なものに頼ったのではなく、勉学の結果得た知識を活用したものだと笑顔で答えたと中華野史大博覧に記されている。

勘に頼ったりしたのではなく情報を元にした論理的な計算の結果と言うことですね。 

関連動画

三國志11プレイ動画「古くないけどいにしえ武将・級」では秦良玉が君を務めている。

関連商品

関連項目

関連コミュニティ


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A7%A6%E8%89%AF%E7%8E%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

秦良玉

56 ななしのよっしん
2018/12/08(土) 23:35:57 ID: i/NmoOKwD9
三國志11で知った
こんな人がリアルにいたんだなあ……

57 ななしのよっしん
2018/12/10(月) 21:45:58 ID: Fu/LF/O8NX
人間歴史はとても長くて幅広い
アニメゲーム漫画の中にしかいない、と思ってるような人間が時々リアルにいたりするもんさ
彼女に匹敵するのは沈英である…こっちはちょっとマイナーだが
58 ななしのよっしん
2018/12/16(日) 16:31:13 ID: P5k4bDO+8S
FGO秦良玉(Fate)
59 ななしのよっしん
2018/12/19(水) 08:52:27 ID: jjxTt/LC3l
まあそもそも関連動画ゲーム動画が上がるくらいなんだからFGO話題ぐらい出てもくじら立てなくてもいいじゃんとは思うが
全てのゲーム話題で「史実だけれ!!!!」って言ってるならともかく実際はそうでないんだし
60 ななしのよっしん
2018/12/19(水) 09:02:43 ID: lL45kpUOTE
なんで無双に出ないんだろうか…
無双に既に出てる三女性キャラどがさんってだけで
腕っぷしとかの逸話は少ないのに
61 ななしのよっしん
2018/12/20(木) 00:18:07 ID: jjxTt/LC3l
>>60
ぶっちゃけ時代が近代一歩手前っていうのも…
62 ななしのよっしん
2018/12/20(木) 18:35:26 ID: z6L1L7fOTz
明末だから近代ではなかんべ
63 ななしのよっしん
2019/01/24(木) 14:27:14 ID: J7IJKaWNDu
 日本だと正2年の生まれで結城秀康と同年であり、長島一向一が鎮圧されたころから江戸時代初期の正保までの人物。
 没年と同年に松尾芭蕉が生まれている。
64 ななしのよっしん
2019/01/24(木) 14:28:35 ID: J7IJKaWNDu
ごめん、松尾芭蕉じゃなくて徳綱吉でした。
65 ななしのよっしん
2019/07/19(金) 01:18:35 ID: i/NmoOKwD9
この人もいいが沈英も良いぞ

というか、調べるとちょくちょく「戦いの実績がある女性」っているね
日本にも有名どころで甲斐姫、あとは坂額御前なんかがいるし