稲富祐直単語

イナドメスケナオ

「稲富祐直」(いなどめ・すけなお 1552 ~ 1611)とは、
火縄銃)で針に刺したシラミを狙撃したり、
を聞いただけでののど元を射抜いて仕留めたり、
手ぬぐいで目隠しをした状態でも百発百中だったという稲富流砲術の開祖

であり、

実戦となると命中率が極端に低下して使い物ならなくなる程に本番に弱いところを見せ付けるヘタレ定評のあるTV野比のび太戦国時代バージョン

別名は「稲富直」「稲留直」「稲富賀」など。

概要

丹後一色臣の稲富直秀の子。

砲術の免状を持つ祖稲富祐秀の手ほどきを受けてによる狙撃を鍛え、様々な逸話を持つスナイパーに成長。しかし一色が滅亡した為、細川忠興(※一色を滅ぼした本人)に仕えた。

関ヶ原の戦いの際には、細川忠興の妻ガラシャとの警護にあたっていたが、結果的にガラシャは人質になる事を拒んで臣の手にかかり死亡した。
めおめと生き残った(詳細は後述)稲富祐直は、を狂おしい程に愛していた細川忠興の恨みを買って呪われてしまい細川解雇されて追い出されてしまう。
しかし、祖からの手ほどきをうけた砲術を昇させた「稲富流砲術」の開祖としての腕を惜しんだ徳川家康のとりなしで、松平忠吉や徳義直に仕え、幕府方として鍛冶の組織化に尽し、出した後は、井伊直政浅野幸長らを子としたと言われている。

逸話からゴルゴ13次元大介の様なの使い手を想像するが、史実に残るエピソードには「実戦ではダメ」「プレッシャーに弱い」「実戦では実が発揮されない」と言うヘタレなものも多く、日出シモ・ヘイヘと呼ぶわけにはいかないところである。
あまりにヘタレな為、武士ではなく鍛冶だったとする説もある。

ヘタレ伝説その1

細川の武将として朝鮮出兵に参加した際に、虎狩りが催された。

追い立てられた虎に、稲富祐直と、立花宗茂臣・十時三弥がを構えてたちはだかったものの、二人同時に発射した弾は、稲富祐直の方は全に外れて、十時三弥は見事命中して仕留めた

しかも、この時十時三弥の方が遠くから発しており、特にの名手の肩書きを持たない相手に敗れた事で、稲富祐直は大いに恥をかいてしまった。

また、同じく虎退治を行ってでしとめた(の話が有名だが実際にはを使用)加藤清正からは「何コイツ」と思われたのか、後に掲げた稲富流砲術の看も「人気とり」と酷評された。 

 ヘタレ伝説その2

関ヶ原の戦いの際、君・細川忠興より「どうせ実戦じゃ使えないだから」 留守をまかされて忠の正室・ガラシャの警護役となった稲富祐直。
しかし石田軍によって包囲された際に、一戦も交えることなく

いなどめすけなお は にげだした!

と遁走し、 結果的にガラシャは命を絶つ事となった。

関ヶ原の戦いが終結した後、妻が死んで怒り狂っている細川忠興の元に厚顔恥にも帰参を願おうと舞い戻るも、細川忠興により屋敷が間かと思える程に照明をつけてはぐれメタル稲富祐直の帰還を周囲にアピールし、恥の上塗りをした。
また、殺してしまうと苦しみが終わってしまう為かどうかは解らないが中から追放の上、任意引退扱いにするという「奉構」細川忠興がとった為、再就職もかなわなくなってしまった。
これは、仮に他の大名に再就職できても、話を聞きつけた忠から「そいつはこれこれこういう理由でクビにしただけどお前何勝手に召し抱えてんの?お?」と文句をつけられる。最悪の場合は名門・細川とその味方を敵に回す事になる為、そうなる前に解雇されるという仕組みである。ちなみに似たような扱いを受けて浪人になった武将に、「の又兵衛」こと後藤基次がいる。

徳川家康のとりなしで徳に仕える事になったものの、それも「実戦で役に立てたことのい」稲富流砲術の「信長の野望」での一級アイテム「稲富流砲術書」を所有していたからと言うのがまたアレである。要するに本人の人徳で採用された訳ではなかったのだ。

松本清張小説「火の縄」ではその辺りの末が描かれており、非常に虚無的な読後感が楽しめる。
おすすめです。 

ヘタレ伝説その3

稲富祐直は膂に優れており、戦においてはは具足(甲冑)を二領分重ね着していた為に「二領具足」の異名をとった。
……のだが、もが驚く程の軽装で戦場を駆け回り活躍した「戦国最強」の呼び高い本多忠勝が一切傷で、備えでガッガチに固めたひこにゃん井伊直政が傷だらけだった事等を考慮すると、二領具足は自重を重くして機動を低下させているだけとも言える。
このため「具足一領だけでは安心できなかった」ヘタレだったのではないかとの説も考えられているとかなんとか
ちなみに長宗我部氏の一領具足とは関係がない。

以上のような逸話があり、何かと散々な扱いを受けている稲富祐直の詳細については、Wikipedia該当記事exitを参照すると良い。かもしれない。

関連動画

▼「信長の野望革新PK」地方別武将ランキング近畿編に適正優秀者で登場(「S」

※「革新」の「S」には、織田信長島津義弘島津家久伊達政宗明智光秀下間頼廉ら強な武将も持っており、鈴木一族(鈴木重意・鈴木重秀鈴木重朝)程戦闘力も高くなく、種子島一族(種子島恵時種子島時尭種子島久時)程も政治いので、扱いに困るのび太だったりする。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける稲富祐直の力一覧。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S2) 戦闘 69 政治 33 55 野望 42 教養 45
覇王 采配 56 戦闘 70 智謀 55 政治 33 野望 42
天翔記 戦才 150(A) 智才 104(C) 政才 68(C) 56 野望 43
将星 戦闘 78 智謀 70 政治 31
烈風 采配 50 戦闘 68 智謀 56 政治 18
世記 采配 57 智謀 41 政治 12 野望 27
蒼天 統率 55 知略 41 政治 11
下創世 統率 56 知略 41 政治 11 教養 50
革新 統率 63 武勇 70 知略 46 政治 13

関連コミュニティ

関連商品

世にもしい稲富祐直が役の小説
ちなみにこの作品における細川ガラシャは、世間一般の「悲劇の女」ではなく、冷で偏執的な性格をしており、せっかく役になった稲富をいぢめる役どころである。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A8%B2%E5%AF%8C%E7%A5%90%E7%9B%B4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

稲富祐直

8 ななしのよっしん
2013/11/17(日) 20:15:40 ID: 8qTxYgKgAr
ガラシャの時に関しては、子たちに理矢理連れ出されたという話を読んだことがある
9 ななしのよっしん
2014/05/29(木) 12:06:42 ID: +hlZHqyhkI
よく忠は殺さなかったなwwwwwwwwww
10 sage
2014/06/08(日) 11:45:26 ID: h7DBW6/JyQ
この人は本当に人だったのかもしれない
ただ立花レベル高かっただけさ
11 ななしのよっしん
2014/10/24(金) 23:43:19 ID: jGf7RcN8uR
さすがに実戦で全く役に立たなかったと言うのは誇だろう 虎退治の失敗もも木から落ちる的な逸話だと思う
ガラシャ捨てたのは・・・まぁ・・・
12 ななしのよっしん
2014/10/24(金) 23:58:42 ID: BL5foYzpZW
実戦って野戦だとほぼ乱戦で個人狙撃難易度高いし、攻戦じゃ狙撃はそもそも効果薄いし

合戦では名人が強いんじゃなくて隊が強いんであって、その強い理由もほど訓練いらず技術いらず威それなり精度それなりってとこだし
全く役立たずかは微妙だけど、持ち前の技術に見合った活躍はかっただろうさ
13 ななしのよっしん
2014/10/30(木) 10:50:30 ID: jGf7RcN8uR
>>12
剣豪とかもそうだよね
いくら個人が強かろうと戦では全く役に立たない

稲富一夢が家康に気に入られたのは個人的武勇ではなく砲術にあったんじゃなかろうか

後、稲富が逃げたのは子たちにそのを惜しまれて逃げるように促されたという説もあるようだ。
14 ななしのよっしん
2016/08/11(木) 12:53:00 ID: w3UkUMFI8F
めっちゃ気が弱くて弄りやすくてされてたんだな
15 ななしのよっしん
2017/03/14(火) 15:50:52 ID: B0vAFh45Qk
こいつの親父(祖じゃなく)の情報がまったくないのは何故なんだぜ?
16 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 09:52:26 ID: Z5AHCsLeCr
>>13
柳生宗矩戦場の警護役として活躍してるよ
>>15
その辺の経歴もひっくるめた詐欺師か何かだったのかも?
17 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 10:03:58 ID: EIi2qYUB7e
戦場以外での逸話は自分で宣伝して回った誇大広告だったんじゃないの?
実際の戦場では他人のもあるし記録も残るから身の丈にあった現実だけが残ったとか。