稲見一良単語

イナミイツラ

稲見一良(いなみ いつら)とは、日本ハードボイルド作家

概要

1931年生まれ、大阪府大阪市出身。映像企画制作会社のプロデューサーを務める傍ら、1968年に第3回双葉推理賞佳作に入選するものの、本業が多忙のため執筆活動に専念できなかった。

1985年肝臓が発覚し手術を受ける。これを受けて、生きたとして一冊の本を残そうと執筆活動に着手。1989年、『ダブルオーバック』が大陸書房から刊行され作家デビューを果たす。

1991年、『ダックコール』が第4回山本周五郎賞、第10回日本冒険小説協会大賞最優秀短編賞を受賞、「このミス」でも3位にランクインと高く評価される。1993年、『セント・メリーリボン』で再び日本冒険小説協会大賞の最優秀短編賞を受賞。

1994年2月24日小説第5作『男は旗』の刊行を見届けるように、のため死去。63歳没。没後、『猟探偵』『花見川のハック』の2冊の短編集が刊行され、エッセイが2冊の本にまとめられた。

5年間の作家活動で7冊の小説と2冊のエッセイを残したのみだが、趣味狩猟経験を活かした描写、銃器をはじめとした武器に対する情、そしてハードボイルドファンタジーメルヘンが同居する強くも繊細な作品世界が、没後20年以上が経った現在でもされ続けている作家2011年から2012年にかけては、猟探偵シリーズの短編「セント・メリーリボン」と「サイドキック」が谷口ジロー作画漫画化されている。

現在新品で入手できるのは『ダックコール』『セント・メリーリボン』『猟探偵』の3冊のみだが、いずれも逸品。ハードボイルドが苦手な人にもとっつきやすい作なので、是非一度読んでみてほしい。

著作リスト

  1. ダブルオーバック1989年大陸書房→1992年、新潮文庫)
  2. ソー・ザップ!1989年大陸書房→1993年角川文庫
  3. ダックコール1991年早川書房1994年ハヤカワ文庫JA
  4. セント・メリーリボン1993年新潮社1996年、新潮文庫→2006年光文社文庫→2018年光文社文庫[新装版])
  5. 男は旗1994年新潮社1996年、新潮文庫→2007年光文社文庫)
  6. 探偵1994年新潮社1997年、新潮文庫→2006年光文社文庫)
  7. 花見川のハック1994年角川書店2002年角川文庫
  8. ガン・ロッカーのある書斎1994年角川書店) ※エッセ
  9. の紐 稲見一良エッセイ集1996年、中央論新社) ※エッセ

関連動画

関連商品

コミカライズ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A8%B2%E8%A6%8B%E4%B8%80%E8%89%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

稲見一良

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 稲見一良についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/06/24(月)22時更新