穆皇后単語

ボクコウゴウ

穆皇后とは、三時代、の初代皇帝となった劉備皇后である。
諡が穆で、姓は、名は不詳。呉懿にあたる。

概要

州陳留(河南開封)の出身。幼い頃にを亡くし、家族付き合いがあった劉焉の入時に呉懿従兄弟班らと共に同行した。
ある人相見が彼女を見て大変高な身分に昇るだろうと言ったのを聞いた劉焉は、彼女を三男の瑁の妻に迎えた。しかし瑁は死にしたため未亡人となる。

214年(建安19年)、劉備に侵攻し劉焉の跡を継いでいた劉璋を降伏させる。
当時、劉備孫権を妻にしていたが、彼女に継子の劉禅を連れて帰郷し、趙雲劉禅を奪還するという事件が起きていた。そのため、群臣らが氏を妻に娶るよう劉備に薦めた。劉備は同姓娶らずという儒教の掟に反すると渋ったが、法正が説得したため、劉備氏を妻に迎えた(後述)。

劉備中王に即位すると王后、皇帝に即位すると皇后となり、その死後は皇太后となった。245年(延熙8年)に崩御し、劉備の墓(恵陵)に合葬された。

子供がいたかは不明。三国志演義では劉備との間に劉永劉理が産まれている。

エピソード

  • 法正劉備氏を妻に娶るよう説得した時引き合いに出したのは、の文(重)の前例がありますという話だった。文の君に即位する前にに亡命していた時、かつての人質だった懐(文の甥)の妻だった女を娶った。正史三国志の注に、習の「文の時はやむを得ない事情があったが、劉備の時とは状況が異なっており不適切だ」という批判が載っている。
  • 234年(建12年)正月の重臣だった琰の妻(胡氏)が来した際、穆皇后は胡氏を1ヶほど宮中に留めて帰さなかった。琰は劉禅と胡氏との仲を疑い、帰ってきた胡氏を打ち履で顔を叩き離縁した。胡氏がこのことを上訴したため劉禅激怒して琰を逮捕し処刑した。これ以降、では臣下の妻や正月挨拶することはくなったという。

関連動画

三国志大戦では人気キャラの一人ではあるが、女性学問所を開いたというのはどこから来た話なんだろうか。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A9%86%E7%9A%87%E5%90%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

穆皇后

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 穆皇后についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード